運命の桃花~宸汐縁~第21話 怨念の呪縛

第21話 怨念の呪縛運命の桃花

運命の桃花 第21話 あらすじ

青瑶せいよう紫雲台しうんだいの見張りを眠り薬で眠らせ、霊汐れいせきを連れ去った。元瞳げんどうは眠らされた見張りを殺した。元瞳は天君に青瑶が見張りを毒殺したと報告し、天君は霊汐と青瑶を指名手配した。仲昊ちゅうこうたちも景休けいきゅうたちも霊汐を捕獲しようと動き出した。霊汐は楽伯らくはくと逃げたが、追い詰められた。楽伯は霊汐に自分が本当の父親ではないことを打ち明けた。霊汐たちを追い詰めた元瞳は楽伯を殺した。怒りに我を失った霊汐は火の鳥のようなオーラに包まれ元瞳を攻撃した。

富士山のバナジウム入り天然水【フレシャス】



運命の桃花 第21話 登場人物

霊汐桃林出身の丹鳥族の娘。九宸を目覚めさせた。魔君の元神が霊汐の中にある。
九宸天族の戦神。神尊。
青瑶霊汐の姉弟子。薬王洞で働いている。
雲風九宸の弟弟子。上神。
楽伯霊汐の父。
元瞳名門一族だったが、兄が魔道に落ちたことで落ちぶれた。
仲昊九宸の配下だった烈夷の息子。魔君も配下になった。
景休山霊界の国師。霊汐と何かと縁がある。

運命の桃花 第21話 詳しいあらすじ【ネタバレ有】

青瑶せいようは薬を持って紫雲台しうんだいに向かった。

捕らわれている霊汐れいせきは、12名の天兵が厳重に見張っている。
青瑶は天兵全員に眠り薬を嗅がせ、眠らせた。

「けがはない?逃げるわよ」
青瑶は霊汐の腕を取った。

「いいえ、だめ。逃げたら青瑶さんや父さんはどうなるの。私に非がなければ、神尊が助けてくれる」

「ばかな子ね。法を犯してまで救うのは家族だけよ。早く来て」

「嫌よ」
青瑶は霊汐を眠らせ、連れていった。

元瞳げんどうは全て見ていたが止めなかった。

眠りから覚めた天兵を元瞳は暗い表情で見下ろし、手に仙力を込めた。

凌霄殿りょうしょうでんには神仙達が集まり、魔気浄化について話し合われている。

「準備は整いましたが、ある上神の協力が必要です」
天君に話を向けられた天雷てんらいは、雲風うんほうの協力を仰いだ。

九宸きゅうしんは師匠のもとにおり、他の上神も役目があって手が離せない。ゆえにそなたが…」
天君も雲風うんほうに頼んだ。

「私は重い傷を負っており、青瑶せいよう医官から千年は仙力を使わぬようにと。さもなくば…」
雲風が断るための口実を話していると、元瞳げんどう凌霄殿りょうしょうでんに入ってきた。

「先ほど青瑶せいようが罪仙の霊汐をさらいました。…紫雲台の天兵は全員亡くなりました。…私は青瑶による毒殺をこの目で見るも、5万年分の修為を失っており止められませんでした。お許しを」

元瞳は頭を下げた。

元瞳の報告を聞いて、凌霄殿に集まった神仙達は息を飲み驚き憤慨している。

「でたらめだ。ありえない」
雲風は言った。

紫光しこう方昇ほうしょう…天兵を率いて罪仙の青瑶と霊汐を捕らえよ。…尋問すれば全て分かる」
天君は言った。

「天君、私にも捕縛の役目をお与えください。失敗すれば私を死罪に」
名乗り出た元瞳に天君は許可を与えた。

「私にも命を」
雲風は天君に願い出た。

「雲風は傷を負っているのでは?ゆっくり養生せよ」
天君は雲風に言った。

めいを伝えよ。“雲風を天宮から出すな”と」
天君は百扇ひゃくせんに命じた。

楽伯らくはく承晏しょうあんは待ち合わせ場所で青瑶を待っていた。
青瑶は少し遅れてやってきた。
霊汐は巾着の中に入っている。

「見張りの天兵を眠らせ、時を稼ぎました」
青瑶は楽伯に報告した。

追手の天兵たちはすぐに現れた。

「青瑶は霊汐を連れて逃げろ」
楽伯は命じた。

元瞳げんどうは林の中を逃げる青瑶と霊汐の姿を見つけ、追って言った。

九宸きゅうしんは天尊山で考え続けている。

「万事万物に定めがあり無理に求めてはならない。心の惑いが解けないのは、そなたがすでに深みに陥っているからだ。愛にとらわれ視野が狭まれば、広大な天を見ることはできまい。愛こそがそなたの全てで、それ以外はもはや眼中にないと?」

「私は井戸の中にいても天の広さは分かります。愛は私の目を遮れるかもしれませんが、私は心によって天を見るので、至る所が天であり、内と外に分けられません。罪なき者を殺めれば、天道に傷がつきましょう。恐れながら、それでも天道と呼べるのでしょうか」

九宸が言うと、九宸を囲んでいた井戸の岩が無くなり空が開けた。

九宸は流れる滝の前にいた。

「我々は天宮の法を守らねばならん。法の秩序もまた道なのだ。万物は陰と陽を備える。陰陽は相反し一方しか選べない。どちらが重要かしかと考えよ。流れ落ちる水を守るために天地を犠牲にするなど愚かなことでは?」

滝の中に天尊の顔が2つ出現した。

天尊の姿は消え、九宸は砂嵐に飲まれた。

九宸は砂漠の真ん中にいた。

「そなたが決断を誤れば天地は滅びる。天地が滅びれば水も消えてしまう。違うか?」
砂漠の空に天尊の姿が2つ現れ話している。

「私は天地を滅ぼす気などなく、水も見捨てません」
「板挟みに陥ったな。何か悟ったか?」

「いいえ。しかし手だてはあるはず。陰と陽は相反すれどいずれ合わさり、調和します。私が選ぶのは、その調和です」

二人の問答は続いた。

黒蚩こくしは霊汐が天宮から逃げ出し追われていることを仲昊ちゅうこうに報告した。

「霊汐を天族のやつらに渡すな。あの者が死ねば、魔君は復活する機会を永遠に失う。どんな手を使ってでも霊汐を捕まえろ」
仲昊は黒蚩こくしに命じた。

雲風うんほうは天宮を急ぎ足で歩いていた。

『そなたは日頃慎重なのになぜ愚を犯した。そなたの仙力では天宮軍を阻めん』

雲風は考えながら南天門にやって来た。
門衛は雲風の行く手を阻んだ。

雲風は南天門から出かけることを諦め立ち去った。

雲風は体を天宮に置いておき、元神げんしんだけで出かけていった。

元瞳の率いる軍は、青瑶と霊汐を取り囲み戦いとなった。

「戦報を公にしげん一族をおとしめた時、この末路を考えた?」
元瞳は青瑶に言った。

修為しゅういを失ってもまだ私を追える。さすが元戦将ね。修為を奪われてつらい?」

「お前も今に味わう」
元瞳は斬りかかった。

方昇ほうしょうに追い詰められた霊汐は承晏しょうあんの姿になった。
承晏が化けていたのだ。

「霊汐はどこか言え。桃林ごときが魔を守れると?」
「霊汐を捕まえれば、げん家は再興し母親が生き返ると?」
青瑶は元瞳に言い返した。

「お前は天兵を殺し罪仙霊汐を逃がした。観念しなさい。青瑶を捕らえよ。私は霊汐を追う」
青瑶は行こうとする元瞳げんどうに斬りかかり戦闘が再開した。

多勢に無勢で承晏は倒れ、青瑶にも元瞳の刃が迫った。

その時雲風が到着し、元瞳を弾き飛ばした。

「青瑶、しっかり」
雲風は傷ついた青瑶に声をかけた。

青瑶は雲風を見ると気を失い、雲風の腕の中に倒れ込んだ。

「元瞳」
雲風は厳しい表情で言動を見た。

元瞳と方昇ほうしょうは雲風の前で揖礼ゆうれいした。

「捕縛は天君のめいです。抵抗する者は死あるのみ」
元瞳は言った。

「よくやった」
雲風は元瞳に言った。

「恐れ入ります。これから私は罪仙霊汐を追います」
元瞳は出かけていった。

「雲風上神、その罪仙は…」
方昇は青瑶を見て言った。

「私が預かる。手出しは無用だ」
「しかし…」

「私を信じられないのか」
「まさか」

雲風は気を失った青瑶を見つめた。

楽伯は巾着に入った霊汐を連れて逃げていた。

「青瑶さん私を出して。ねえ出してったら」
目覚めた霊汐は巾着の中で叫んだ。

声は楽伯に聞こえているが、楽伯は逃げ続けている。

霊汐は仙術を使い巾着の中から出た。

「死にたいのか」
楽伯は霊汐に言った。

「なぜ父さんなの」
霊汐は楽伯の姿を見て驚いている。

「命懸けでお前を救うものが私の他にいるか」

「青瑶さんは?」
「青瑶は…天宮の若造どもと鬼ごっこを。承晏はけんかは弱いが逃げる仙術は一流だ」

「青瑶さんが捕まれば…」
霊汐は青瑶の身を案じた。

「千年は投獄されるな」
楽伯が言うと、霊汐は天宮に戻ろうとした。

楽伯は霊汐を止めた。

「青瑶なら投獄で済む。だがお前が捕まれば死罪は免れん」

「でも逃げたら桃林はどうするの。父さんの宝でしょ」

「気にするな。行った先で桃の種をまけばいい」

「だけど天宮のお尋ね者に逃げ場なんてある?万一…」

「万一だと?縁起の悪い話をするな。お前はこの5万年、私の楽観的で前向きな精神をちっとも学び取っておらん」

楽伯はにっこり笑い、霊汐の手を取った。

「考えたんだが、九宸のようにお前をかくまうのがいい。とある美しい島に我ら父娘で身を隠す。まず10万年隠れて、天宮のやつらをいらだたせるんだ。島では立派で美しい桃林を育てよう。医術もみっちり仕込んでやる。これで10万年籠もっても退屈せんはずだ」
楽伯は楽し気に未来を語った。

「父さん。ごめんなさい」
霊汐は地面に膝をつき泣きながら謝っている。

「なぜお前が謝るんだ。娘の世話をするのは当然だろう。私は他に面倒を見る者がおらん」
楽伯は霊汐に駆け寄り膝をつき視線を合わせた。

霊汐は楽伯に抱き着き泣いた。

「よしよし、まだ先は遠い。行くぞ」
楽伯は霊汐の背を軽くたたき慰めた。

「今後はどんな所でも父さんについていく。一緒に立派で美しい桃林を育てて、医術もしっかり教わる。だけど父さん、10万年どころか50万年でも100万年でも父さんと一緒にいられるなら私は退屈しない」
霊汐は泣きながら言った。

「ではまず1万年籠もろう」
「だめよ10万年でしょ」

「分かった。10万年だ」
二人は手をつなぎ歩き出した。

「昔天宮で要職に就いてたのに、なぜ辞めたの?玉梨ぎょくり元君によれば追放されたとか」
2人は話しながら歩いた。

山霊さんれい界では、赤鷩せきべつ景休けいきゅうに報告していた。

「例の女子おなごが判明しました。霊汐といい、天族と魔族に追われております」
「霊汐?」
景休は呟いた。

「あの者を利用すれば仲昊ちゅうこうをけん制でき、国主との関係も改善できます。必ず捕まえましょう」
「行くぞ」
2人は霊汐捕獲に乗り出した。

天尊山では天尊と九宸が引き続き問答中。

「九宸、10万もの天兵を、そなたは心を鬼にして殺した。皆六界の衆生では?」
天尊に問われ、九宸は5万年前の幽都ゆうと山の戦いのことを思い出していた。

九宸は天族も魔族も全て一瞬で殺した。
そして傷だらけの九宸は赤子の霊汐に出会った。

「人間いわく、“木瓜ぼけを頂けば宝玉を贈る。永久とわよしみを結ばんと”。それならば、人間から崇拝される神の私はどうすべきでしょうか。私は霊汐に恩があります。5万年前霊汐れいせきのおかげで魔道に落ちずに済みました」
霊汐は天尊に質問した。

「そなたの修為なら、霊汐がいなくとも魔道には落ちておらん。霊汐の悲劇は天意だ。天意には逆らえない。衆生と己を傷つけるな」
天尊は言った。

「これが天意なら、私は従えません。己の良知に照らして新たな道を開きます」
九宸は力強く言った。

「九宸、早まるでないぞ」
「決めたことです」

「ならん」

「私のせいで霊汐は魔気を受けました。しかも天宮は衆生そのものではありません。師匠の境地は極めて高いものの、それはあくまで師匠の道です。ご教示は受けても、いかに歩むかは己で決めねばなりません」

九宸は天尊に叩頭すると立ち去った。

九宸はすぐに紫雲台しうんだいに向かったが、紫雲台しうんだいには誰もいなかった。

霊汐と楽伯は、紫光しこうの軍に囲まれた。

楽伯は紫光しこうに向かって行き、霊汐も天兵と戦った。

欽原きんげん黒蚩こくしは霊汐たちを見つけ、戦闘に乱入した。

欽原きんげんたちは天兵を倒しながら、霊汐を狙っている。

霊汐に刃を向けた黒蚩こくしを、木陰から見ていた景休けいきゅうが弾き飛ばした。

「やはりあの者か」
霊汐の姿を見て景休けいきゅうは呟いた。

楽伯は霊汐を連れ逃げ出した。

逃げる楽伯と霊汐の前に、仲昊ちゅうこうが現れた。

「霊汐逃げろ」
楽伯は霊汐の体を押しやり、仲昊ちゅうこうに向かって行った。

楽伯は仲昊に弾かれ地面に転がった。
霊汐は逃げずにとどまっている。

「私に構うな。行け」
楽伯は叫んだが、霊汐は仲昊に向かっていった。

そこに九宸が現れた。

「楽伯と逃げろ」
九宸は霊汐に言い、仲昊ちゅうこうと戦った。

霊汐は傷ついた楽伯を連れて逃げた。

「少し休みましょ。息を整えて」
霊汐は楽伯を木にもたれかけさせた。

「逃げろ」
楽伯は霊汐に命じた。

「嫌よ、そばにいる。父さん私が悪いの。私のせいで父さんはこんな目に遭った」

「違う。お前は何も悪くない。私はもうこれ以上走れん。いいかよく聞け。東に3千里ほどの所に島があって、我ら桃林とうりんと同じ花が一面に咲いている。島には福寿ふくじゅ真君という仙人がいてな。私の旧友だが臆病者ゆえお前を救わないだろう。しかし西王母とは犬猿の仲だ。“居場所をばらす”とあいつを脅してやれば、手を貸してくれる。島に入ったら二度と出てくるな。誰も信じず私の敵も討つでない。お前の仙力では私と同じで誰にも勝てん。私はけんかで負けっぱなし。こんなことなら医術でなく毒を学ぶべきだった」

楽伯は苦し気に咳をした。

「どうしてそんな話をするの。今は何も言わないで。父さんお願いよ」
霊汐は涙ながらに言った。

「霊汐、もう1つお前に伝えておく。私はお前の実の父ではない。本当の親は別にいる」

「何を言ってるの。冗談はやめて」

「こんな時に冗談など言わん。5万年前、かの戦が起きた幽都ゆうと山を通りかかると、九宸がすでに息絶えていた。その時お前を拾った。お前はこんなに小さくてな、かわいかった」

楽伯は目を細め懐かしむと、咳をした。

「話をしないで」

「私はずっとお前の親を捜していたが、見つからなかった。だが焦るな。きっと見つかる。たとえ私が死んでも、お前は決して独りぼっちではない」

「父さん、一緒に桃林へ帰りましょ」

「よく聞け。誰も信じず、敵討ちもするな。逃げろ。行け」
楽伯は叫んだ。

「早く」
楽伯は自分にしがみつく霊汐を払いのけ叫んで命じた。

元瞳は2人を見つけた。

「まだ逃げるつもり?」
元瞳は霊汐に言った。

「責めは私が負う。父を傷つけないで」
霊汐は元瞳に頼んだ。

「青瑶はお前を救うために紫雲台の天兵を殺した。責めを負える?」
元瞳が言うと、霊汐は一瞬言葉を失った。

「うそだわ」
霊汐は叫んだ。

「そのとおり。だから何?神尊にかばってもらった時、この末路を考えた?戦報を復元して母を自害に追いやった時、この末路を?」

元征げんせいが魔と化しあなたは神尊を陥れた。あの戦報が公になったのは、あなたが私を追い詰めたからよ。元瞳、あなたはひどすぎる」

霊汐は叫んだ。

「何か文句ある?覚悟しなさい」
元瞳は霊汐に向かって剣を振った。

霊汐が元瞳と戦っていると、楽伯が最後の力を振り絞って元瞳に向かって行った。

しかし楽伯は倒れ、「逃げろ」と霊汐に言った。

元瞳は楽伯の背中を刺した。

「元瞳!」
霊汐は楽伯を殺され我を失った。

霊汐の瞳に炎の色が灯った。

霊汐の体から火の鳥のようなオーラが出て元瞳に仙力を放った。
元瞳は吹き飛ばされ、霊汐はよろよろとその場に倒れ意識を失った。

景休けいきゅうは霊汐の様子を見ていた。

天雷は普化ふか百扇ひゃくせんと配下たちを連れ幽都ゆうと山に来ていた。

先日よりも幽都ゆうと山の魔気が濃くなっている。

「やはり霊汐は魔族の一味だ」
天雷は言った。

「魔君が復活すれば衆生は辛酸をなめます」
百扇ひゃくせんは衆生を案じた。

天雷一行は九宸が魔君を封印した場所を捜した。

霊汐は横たわる楽伯らくはくを見つめていた。

霊汐れいせき、ここに来い』という魔君の声が霊汐の頭に響いている。

楽伯の体は光の粒となって混沌に戻っていった。

『霊汐、こっちだ』
霊汐は魔君に呼ばれ立ち上がった。

『霊汐、来るのだ。さあおいで』
霊汐はゆっくりと歩き出した。

九宸と戦っていた仲昊は九宸の前に倒れた。

霊汐は幽都ゆうと山の魔君の前にいた。

霊汐はどんどん魔君に近づいていく。

「霊汐、ついに来たな。お前を5万年も待っていた。来い。もうじき我らはよみがえる。さあ、私のもとに来るのだ」

霊汐の体を魔気が包み、霊汐は魔君に吸い込まれるように運ばれている。

九宸が到着し、霊汐を正気に戻した。

「神尊、私は何か過ちを犯しましたか。なぜみんな私を殺そうと?天宮はずっと公正で、どの神も法を守るはずです。私は誰も殺したことがないのに、なぜ魔だと言われて父が死ぬはめに?」

霊汐は泣きながら九宸に訴えた。

「そなたの過ちではない」
「だったら誰の過ちですか」

「私だ。私の過ちだ。霊汐、私を信じるか」
九宸は言った。

「霊汐、九宸はお前をだましている」
魔君は霊汐に語り掛けている。

「絶対に信じるな。霊汐、行こう。私が守る。必ず守り切る」
九宸は霊汐と見つめ合った。

「霊汐よ、九宸と行けば無残に殺されるだけだ。骨も魂も消えてしまう。後悔するぞ」
魔君はなおも霊汐に語り掛けている。

「行こう、さあ」
九宸は霊汐の額に自分の額を合わせた…。

買い物をすると現金が戻ってくる♪【monoka】



感想

元瞳さんが、私のついて行けない人になってる。
青瑶さんが眠らせた紫雲台の天兵12人を元瞳さんは殺しました。

元瞳さんは、青瑶さんに「戦報を公にしげん一族をおとしめた」と言っていますし、霊汐にも「母を自害に追いやった」と言っていますが、げん家は青瑶さんや霊汐におとしめられたわけではなく、単にこれまでの報いを受けただけだと思うのですが…。

元瞳にとっては霊汐たちのせいで元家が威光を失い母が死んだのでしょうか?
絶対違うと思います。
これが逆恨みという奴ですか?
盗人猛々しいというかなんというか。元瞳さんの思考回路がやばい!

楽伯が死んでしまいました(´;ω;`)
昨日の20話の桃林での出来事は、あれは霊汐の夢だったのでしょうか?

木瓜ぼけを頂けば宝玉を贈る。永久とわよしみを結ばんと」というのは、木瓜を頂いたので、お返しに宝玉を贈りますが、これは単なるお返しではなく末永くお付き合いしたいと思っていますという意味だそうです。知らなかったので調べました。

本当に霊汐は何も悪いことをしていないのに可哀想すぎる。
ただ生まれたことが悪と言われているみたいで、辛い。
神尊、どうにかしてください!

運命の桃花~宸汐縁~ DVD-BOX2 [ チャン・チェン ]

価格:17,702円
(2021/3/15 17:35時点)
感想(0件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました