夢幻の桃花 三生三世枕上書 第55話 繋ぎとめた縁

第55話 繋ぎとめた縁夢幻の桃花

夢幻の桃花 第55話 あらすじ

葉青緹ようせいていの仙体を清めた後、鳳九ほうきゅう太晨宮たいしんきゅう東華とうかに会いに行った。鳳九は別れ話を切り出し、東華の差し出した指輪も受け取らなかった。緲落びょうらくは、燕池悟えんちごの口車に乗り、梵音谷ぼんおんこくに入っていった。東華は星光せいこう結界を閉じ、梵音谷を封じようとした。黙っていられなくなった重霖は、鳳九に全てを話した。鳳九は東華への疑惑を解き、涙を流した。

華やかな上質レザーでつくるバッグ&財布ブランド【AETHER(エーテル)】



夢幻の桃花 第55話 登場人物

鳳九青丘の姫。東華との子供、滾滾を人間界で出産した。
東華最も尊い神仙。
重霖東華の側近。
連宋天君の第三皇子。
司命人間の運命を司る神仙。
成玉元は人間だった神仙。鳳九の親友。
緲落数万年前、暴虐の限りを尽くし、東華に封印された魔尊。
燕池悟魔族の青(燕)魔君。姫蘅のことが好き。鳳九の親友。
謝孤栦幽冥司の冥主。葉青緹を生き返らせるために、鳳九が協力してもらっている。
葉青緹鳳九が人間界で東華の情劫の相手を務めた時、鳳九のために命を落とした承虞国の将軍。

夢幻の桃花 第55話 あらすじ【ネタバレ有】

鳳九ほうきゅう葉青緹ようせいていの仙体を清めるため、青緹と対面した。

「私たちは天界でも友よ。…今日からあなたを仙班せんはん(神仙の仲間)に加える。神仙の責を果たすのよ。あなたは正直な人間だったわ。神仙の掟を守り務めに励んでね」
鳳九は青緹に声をかけた。

天地の精を集め、100年に1滴得られるという瑤池ようちの聖水を使い、鳳九は青緹の仙体を清めた。
仙体が清め終わると、次は青雲殿せいうんでんで、東華とうかから神位を賜る拝謁の儀が待っている。

拝謁の儀に臨み、青緹は東華と対面した。
「そなただけ神位が決まっていない。修練を経ておらぬゆえ何の能力もなかろう。太晨宮たいしんきゅうに入り帝君を継ぐがいい」

東華の言葉に、集まった神仙たちはざわめいた。

「仙籍を管理するだけでよい。たやすい」
東華は重霖に命じ、青緹を太晨宮に案内させた。

太晨宮で東華を待つ鳳九は、「春眠で書物も味気なく 欄干にもてたれ苦い茶を飲む」と詩を詠みながら、どんな台詞を言って東華とうかと対面すればいいのか考えていた。

『きっとこんな感じね。“お久しぶり”“元気でしたか?”』
鳳九は思案した。

魔界では、緲落びょうらく燕池悟えんちご東華とうかの弱点を言うよう力ずくで迫っていた。

「思い出したら教えてやるよ」
追い詰められているにも関わらず、燕池悟は偉そうに言った。

「堕落した魔族に残った魔君はお前だけ。哀れだな」
「お前がいない間、俺たち魔君が3万年あまり魔族を支えた。礼なら無用だ」
「口が減らぬな」
緲落は鼻で笑った。

「負け犬めが。魔族が天族に屈したのはお前のせいだ。魔尊のくせに封印されるとはな。東華はすでに回復した。お前の悪行に始末をつけ再び封印するだろう。悔しけりゃ俺を殺せよ」

燕池悟が言うと、緲落は表情を変えた。

「そんなに早く回復せぬ」

「天族の神器があればかすり傷はすぐに癒える。東華はいち早く回復し、梵音谷ぼんおんこくを封じた。…以前俺は梵音谷に落ち仙力が急増した。その時梵音谷の持つ力を知った。だが今の梵音谷はお前の邪気が満ちる。漏れ出ぬよう東華とうかが封じたんだ」

燕池悟は語った。

東華とうかが迅速に回復したのは梵音谷で力を得たからか?」
緲落は考えを整理すると、燕池悟に近づき あごを掴んで目を合わさせた。

「お前も梵音谷にいた。入る方法を覚えているか?」
「もちろんだ」

緲落は燕池悟を連れ、梵音谷入口に向かった。

東華は太晨宮に鳳九がいるのを見つけ、ゆっくり近づいた。
鳳九も東華が帰ってきたことに気づき顔をあげた。

『薬のにおいがする。とても痩せたわ。顔色もあんなに白い。病なのかしら。“元気でしたか?”なんて、ふさわしくないわね』
東華を見ながら鳳九は思った。

東華は鳳九の隣に少し離れて座った。

鳳九はお茶を淹れると話し始めた。
「私を捜してたそうね。人間界へ行ってただけ。捜さなくてもそのうち会えたわ。瑤池ようちを封印する必要もなかった」

「そうしなければ、会えぬと思った。私はそなたに会いたかったのだ」
茶器を持つ東華の左手は震えている。
東華は震えを隠すように右手を添えた。

「人間界で聞いた言葉よ。“難あらば耐えるより忘れるほうがいい”。確かにそうだわ。長い時が過ぎた。今もあの方と?」
「誰だ?」
東華は鳳九を見た。

「相変わらずね。自分の本心をまだ分かってない。あの方と魔界に行くと決めたのはあなたよ」
東華は鳳九の言う“あの方”に見当がついた。

鳳九は話し続けている。
「私は何も言えない。一時は苦しんだけど、今はもう元気よ。あなたにもそう望む」
鳳九は茶を一口飲んだ。

「祝宴に行けなかったのは私が悪い。私は姫蘅きこうを魔界へ送り義理を果たしただけだ」
「離れていった私を、急に惜しく思い始めた?私は腹を立てて去ったわけじゃない」

「そなたが誰より大切だ」
東華は鳳九が話し終わらぬうちに言った。

鳳九は東華を見た。
東華も鳳九を見て、髪を撫でた。

「誰よりも大切だ」
東華は微笑んだ。

「あの時私は待った。祝宴に来ないあなたを。心配しながらずっと待ってたわ。でも父によるとあなたは…。もちろん信じなかった。あなたに直接話を聞くつもりだった。あなたが言えば何でも信じたもの。あの時駆けつけて、私が大切だと言ってくれたら疑わなかった。でも今は…。…青丘せいきゅうに戻って考えたわ。あなたが私に言ったことは、うそか真実かどちらなんだろうって。そして分かったの。相手を好きなら口から出るのは真実だけ。好きでなければ、偽りだって言える。…きっとあなたは一度は私を好きだった。やはり縁は望んでも得られはしない。私は東荒とうこうの女帝よ。会いにこだわっていられない。今の私たちにはそれぞれの幸せがある。帝君、終わりにしましょう」

「私は幸せではない」
東華は言った。

青丘せいきゅうが責めを負えと言ってあなたを困らせた?私の体面は気にしないで。女媧じょか様に話して離縁を」

「私は離縁しない。私が死ぬまでそなたは私の妻だ」

「なんだか今日は…」
「今日の私は恐ろしいか?恐れなくていい。碧海蒼霊へきかいそうれいでは、すでに東屋が完成し、果樹も植えた。仙山の霊鳥にも毎月の終わりに舞いを見せに来いと命じた。好きな時に行けばよい」

「私はもう…」
「冷たい水は飲むな。布団を蹴らずに眠れ」
東華は鳳九に言い、鳳九は涙をのんだ。

「急にどうしたの?」
東華は鳳九の手を握り、手の甲に口づけた。

「行くがいい」
鳳九の手には指輪が握らされていた。

「これは?」
鳳九は問いかけたが、東華は黙っている。

「終わりなのね?受け取らない」
鳳九は指輪を置いて席を立った。

「私は何も要らない。これで終わりよ。私があなたを思う、それだけの縁だった」
去ってゆく鳳九の後姿を見届けた東華は吐血した。
秋水しゅうすいの毒が手に回っている。

鳳九が置いていった指輪を手に取り、東華は涙を流した。

重霖ちょうりんは様子を見に来て、血を吐いた跡を見つけた。

「ひどく強情だ、拒んで去った。私が死んだのち、何としても鳳九に渡せ。去ったあとに、何かを残しておきたい」
重霖はひざまずいた。

「悲哀は無用だ。時が来れば死ぬのだから」
東華は指輪を握りしめた。

梵音谷入口に着いた緲落は、燕池悟に谷を開かせ、中に入った。
緲落が梵音谷に入ったのを見届けた燕池悟えんちごは、東華との作戦会議を振り返った。

「俺と小九しょうきゅうに力を与えたその体で、緲落とどう戦う」
燕池悟は弱っている東華に聞いた。

「緲落を制するのは私ではない。それは碧海蒼霊へきかいそうれいの役目だ」
「お前の仙気の源は碧海蒼霊へきかいそうれいにある。力を借りれば勝てるかも」

碧海蒼霊へきかいそうれいの持つ力により梵音谷を封じる。そして星光せいこう結界を張り、邪気を浄化し緲落を始末する。星光結界は堅固で、邪気があるかぎり決して開かない」
「緲落をどう追い込む?天地が開けて以来最も邪悪な魔尊だ。星光結界にやすやすと入ると思うか?」

梵音谷ぼんおんこくへ誘導すれば、碧海蒼霊へきかいそうれいの力で封じ星光結界へ追い込む。そなたにひと芝居を打ってもらう」
燕池悟はうまく芝居をし、梵音谷に緲落を誘い込むことに成功した。

幽冥司ゆうめいしに戻った鳳九は、東華が葉青緹ようせいていを帝君の後継者にしたことを聞いた。

「自分が死んだら、重霖ちょうりんを補佐につけ仙籍を管理させるつもりだ。…通常後継者は、死の直前に指名するものだ。ゆえに神仙が後継者を決めるのは、己の死期が近いという意味を含む。しかも後継者は縁ある者を選ぶものだが、帝君は葉青緹を選んだ。恐らくそなたが修為を与えた者だからだ」

謝孤栦が語ると、鳳九は信じられない思いで太晨宮に帰った。

太晨宮に東華はおらず、重霖ちょうりん連宋れんそうの住まう元極宮へ行っていた留守だった。
成玉せいぎょく司命しめいがやってきたので、鳳九は二人に事情を聞いたが、二人も多くは知らなかったため、重霖の帰りを三人で待つことになった。

その頃東華は、碧海蒼霊へきかいそうれいにいた。
首まで秋水しゅうすいの毒が回り、顔色はひどく悪い。
鳳九と過ごした日を思い出し、祝宴の控室に飾られた鳳九の青い礼装や装飾品を見ている。

東華は、桃色の花咲く大きな藤の木の下に座り「小白しょうはく、“私たちの家”という言葉、気に入っている」と呟いた。

東華はおもむろに立ち上がると、叫びをあげ力を放出した。
碧海蒼霊へきかいそうれいを使い、梵音谷を閉じるための仙術を使ったのだ。

梵音谷で邪気を吸収していた緲落は異変を感じ、術を放った。
梵音谷入口を守っていた燕池悟は弾き飛ばされ、吐血し意識を失った。
碧海蒼霊へきかいそうれいによる梵音谷封鎖は失敗し、緲落は梵音谷から出て、東華を呼んだ。

東華は姿を現し、緲落と対峙した。東華は星光せいこう結界を敷いた。

九天の空に青い隕石が流れた。
鳳九は連宋と共に帰ってきた重霖ちょうりんに事情を聞いたが、重霖ちょうりんははぐらかした。

鳳九は東華の死期が近いと聞いたことを話し、知っていることを教えてほしいと重霖ちょうりんに再度迫り、成玉せいぎょくも口添えした。

重霖ちょうりん、話すがいい」
連宋が言うと、重霖ちょうりんは話し始めた。

「3万年あまり前の魔族との戦いは、魔尊の緲落が帝君を追い落とそうと、戦いを挑んだのがきっかけです」

重霖の話を連宋が続けた。

「帝君が緲落を封じた時、緲落の流した血が、1つは血涙けつるいとなり魔界の禁足地へ落ちた。もう1つは赤い印となり戦の最中に生まれた赤子の体内に入った」

「戦の最中に生まれた赤子って、私のことでは?それと帝君の死にどんな関係が?」
鳳九は尋ねた。

答えたのは重霖だった。
「帝君は阿蘭若あらんじゃくの夢で、そのことを知ったのです。…帝君は緲落の封印を長年にわたり何度も強化してきました。だが緲落の回復は予想よりも早かった」

連宋が続きを話した。
「緲落は策を巡らせ、霊璧石れいへきせきを手に入れ、阿蘭若の夢で鳳九から赤い印を奪った。それと血涙けつるいがあれば封印を破れる。私と帝君は全く気づかなかった」

重霖が口を開いた。
「祝宴の直前、姫蘅きこうが父親の形見を利用して、あなたと別れるよう帝君に迫りました。帝君は姫蘅の秋水しゅうすいの毒を全て吸い取り、姫蘅きこうを魔界へ連れていったのですが、その時魔界で異変が」

「ならば帝君が魔界に残っていたのは、姫蘅きこうではなく緲落のせいだったのね」
鳳九は呟いた。

「帝君の心にはあなたしかいません。秋水しゅうすいの毒をいち早く解くには、解きたい者が体内へ吸い取るしかない。吸えば己が苦しみます。帝君はそんな方法を使ってまで、姫蘅をあなたから遠ざけたのです」

重霖は鳳九に語り掛けた。

司命が話を引き受けた。

「以前帝君が人間界へ行ったのは、封印の強化で失った修為を回復するためです。あなたも知るように、修為は完全には回復しなかった。だが帝君は妙義淵みょうぎえんの浄化を続けてこられた。数十万年分の邪気は、帝君の一生分の修為と半分の精気を使い、やっと抑えられます。だが阿蘭若の夢に入る時、帝君は9割の修為を除き、あなたのために夢でも傷を負った。さらには秋水の毒まで引き受けられた。秋水しゅうすいの毒は脅威ではない。だがその毒を吸った者が修為を回復するには、通常の5倍の時を要します。緲落は封印されたのち、絶えず修為しゅういを蓄え精気を吸ってきた。帝君は梵音谷を出てから、修為を回復する暇もなかった。今残された仙力だけで緲落に対抗するのは、難しい」

「鳳九様も今まで苦しんだでしょう。“答えが欲しい”とお望みでしたが、本当は帝君のことを恨んでいますね?潔い物言いをしつつ言葉と心の中はきっと違うはず。でも帝君は訳あって言えぬと考えたことは?」
重霖が言うと、鳳九は涙を流した。

重霖ちょうりんは話をつづけた。
「実は阿蘭若の夢を出てから、帝君は鳳九様との縁を調べたのです。だが天命石てんめいせきでは、帝君とあなたには出会う縁すらなかった」

「ならばどうして運命が変化したの?」
鳳九は尋ねた。

「鳳九様の思いを天が哀れんだのです。そこで帝君とあなたの影に縁を与えました。でも西海せいかいの第二王子の出現が縁を壊してしまい、結局は無縁となりました。…影には来世がないので、結べなかった縁は帝君とあなたの身へ移り、正式に出会うことに。しかし…。…天命石てんめいせきは内容が漏れると書き換えられます。しかし帝君は、この縁が切れるのを防ぎたかった。…帝君は天命も恐れず縁を守ろうとしました。でも天意は計りがたく、祝宴の直前にあんなことに」
重霖は語った。

天命石てんめいせきの示すとおりね。私と帝君の縁はごく浅いものだった」
鳳九は俯いた。

「帝君は自分なりに縁を守ろうとした。方法を誤ったとしても真心は本物だった。そうだろう?天命にもあらがった」
連宋は言った。

「なぜ私に話さないの」
鳳九は言い、重霖も話せばよかったのだと同意し、話し始めた。

「帝君は高潔すぎる。鳳九様に話せば少しは楽になれるのに、なぜ隠したとお思いで?帝君はあなたの今後を案じ続けていました。多くの誤解もあなたを思ってのこと。話せばあなたが負い目を感じる。でも話さねば帝君の予想どおり、あなたの気性ならいずれは立ち直る。あなたの未来を思い、帝君は隠し続けたのです。死ねばあなたを一生苦しめてしまう。どれほどの覚悟かお分かりですか?その帝君にあなたは何と言いました?」

重霖が鳳九を責めようとするのを、連宋は止めた。
鳳九は泣き続けている。

重霖は懐から指輪を取り出し、鳳九の前に置いた。

「死後に渡すよう命じられていました。ですが、今日は帝君の命に徹底して背いたゆえ、背き通します。帝君が心の臓の半分を使った物。帝君が死んでも残り、あなたを守ります。帝君は最後にその指輪を作りました。どんな気持ちでそれを作ったことか。なぜ帝君を信じなかったのです」

重霖は鳳九に語った。
鳳九は泣きながら指輪を手に取り見つめた。

東華は、鳳九が叔母から聞いた 真心を伝える方法 を覚えていたのだ。

「こたび帝君は、死ぬ覚悟で戦いに臨まれました。恐らく戻らぬでしょう」
重霖は言った。

「なぜ私に言わないの」
「あなたの気性であれば、知ったら共に死のうとする。それを帝君は恐れたのです」

「全て私のため。私のために…」
「ご自分の死期は迫っているものの、あなたには未来がある。足かせにならぬよう黙って行かれたのです」

「そんなの、ありえない。あの嫉妬深い帝君が私を置いて行くはずがない。私の未来のため?足かせになる?それほど好きなら、私だけ幸せになるより、共に死んでほしいはずだわ。そう思ってくれたら、終わりにできるのに」

鳳九は泣いた…。

抹茶スイーツ・宇治茶専門店【伊藤久右衛門】



感想

司命が秋水の毒は脅威ではないと言っていましたが、見た目的にはものすごく脅威です。
紫色の血管が皮膚に浮き出ているだけで、こんなに病的(?)な感じになるということが分かりました。

今回の帝君の手や首を見て「ひょええ(恐怖)やばいよやばいよ」となりました。

今回の最後、物語が全て振り返られています。
このシーンを見て、既視感を覚えた私は少し考え、気づきました。
これは2時間ドラマの1時間半経過した時点に似ていました。
探偵役が謎を全て解き終わり、関係者を集めて推理を披露する場面です。

「なぜ私に話さないの」と鳳九が言っていますが、その一言に尽きます。
重霖には、姫蘅きこうから、父の形見を盾にとんでもないお願いをされたことまで話しているのに(これは、帝君の胸に秘めておいてほしかった。必要な業務連絡ではないような?私が姫蘅なら、他の人に話されたら死にたくなる)、鳳九には本当に何も話さないのはひどい。
重霖ちょうりんに話すのと同じことを鳳九にも話すべきだと思いました。

指輪は帝君の心臓でできていました!(素敵なような、痛いような)
鳳九が白浅から聞いた、人間界で流行している真心を伝える方法は、35話で鳳九が帝君に教えたやつです。
私はこの伏線は、42話の洞窟の中で、鳳九が帝君と姫蘅の仲を疑った時、「私が心の臓を捧げれば信じるか?」と帝君が言ったことで回収済みかと思っていました。

でも違いました。

帝君、ボロボロの状態で、緲落戦が控えてるのに指輪作ってました(泣

今回、司命が帝君がいかにボロボロの体かを説明していました。
私も振り返ってみます。

姫蘅の秋水の毒治療をして修為消耗。

帝君は長い間妙義淵の浄化を行っていて消耗し、人間界に行ったが完全回復はしなかった。
燕池悟と戦った時、鳳九に天罡罩を渡した。(燕池悟vs帝君は29話 天罡罩の詳しい話は33話

阿蘭若の夢に入るため9割の修為を除く。

阿蘭若の夢の中で緲落と戦う。
鳳九の元神を回復するために頑張る。
燕池悟に力を与えたらしい。
姫蘅の毒を引き受ける。
心臓の半分で指輪を作る。
(絶対忘れてるのいっぱいありそうです)

これ、どうなんですか?
このようなボロボロの体の人、しかも近いうちにラスボス戦が控えている人に、心臓で作った指輪もらうって、乙女的には嬉しいのか?

人間界で流行った?

白浅が話してたと言うことは、雲集茶楼うんしゅうさろうでやってた芝居にでも出てきたのでしょうか。

私だったら、死ぬかもしれない中、心臓の半分を使って指輪を作ってくれるより、身体を大切にしてほしいと少し思ってしまいました。

帝君は死ぬかもしれないからこそ、鳳九を守る指輪を作ったのですが…!

気持ちは嬉しいんですけどね、気持ちは。

陌葉師匠は、阿蘭若と沈曄さんの縁をダメにしましたが、鳳九と帝君にとってはキューピッドだったようです。
ある意味、阿蘭若の夢ができたのは師匠のせいとも言えますね!
師匠、めちゃくちゃ活躍してる!師匠は大好きなので、うれしいです!

もう明日が最終回ということで、2021年の激しく同意・オブ・ザ・イヤーを決定しました。

ここに書いておこうと思います。

「最初から白浅はくせんを娶っていれば済んだわけか」(永遠の桃花31話・連宋殿下のセリフ)
「なぜ私に言わないの」(夢幻の桃花55話・鳳九のセリフ)
                     ―――激しく同意・オブ・ザ・イヤー2021――――

コメント

タイトルとURLをコピーしました