夢幻の桃花 三生三世枕上書 第54話 白髪の少年

第54話 白髪の少年夢幻の桃花

夢幻の桃花 第54話 あらすじ

父・白奕はくえきが言ったとおり、東華とうか姫蘅きこうを連れ魔界に行ったことを確認した鳳九は、呆然と青丘せいきゅうに帰った。折顔せつがんは鳳九の脈を診て、身ごもっていることを鳳九に伝えた。鳳九に伝言を伝えるため碧海蒼霊へきかいそうれいに来た燕池悟えんちご連宋れんそうと出会った。傷だらけの重霖ちょうりんが連宋を探して碧海蒼霊へきかいそうれいにやってきて…?

いま、女性に人気!レザーブランドAETHER(エーテル)


夢幻の桃花 第54話 登場人物

鳳九青丘の姫。婚姻の祝宴当日、東華は姫蘅と逢い引きし、祝宴をすっぽかしたと思っている。
東華最も尊い神仙。
重霖東華の側近。
連宋天君の第三皇子。
司命人間の運命を司る神仙。
成玉元は人間だった神仙。鳳九の親友。
緲落数万年前、暴虐の限りを尽くし、東華に封印された魔尊。
燕池悟魔族の青(燕)魔君。姫蘅のことが好き。鳳九の親友。
聶初寅魔族の玄魔君。緲落に協力している裏切り者。毛皮愛好家。
謝孤栦幽冥司の冥主。葉青緹を生き返らせるために、鳳九が協力してもらっている。
白真鳳九の叔父。十里桃林に住んでいる。
折顔白家と懇意な上神。青丘の十里桃林に住んでいる。

夢幻の桃花 第54話 あらすじ【ネタバレ有】

呆然と青丘せいきゅうに帰った鳳九ほうきゅうは、折顔せつがんに会った。

「やっと戻ったな。東華とうかに会えたか?」
折顔は鳳九に尋ねた。
鳳九は力なく首を横に振った。

「いくら待っても、来なかった。なぜ帝君はだましたの。祝宴をすっぽかすなんて。私への言葉も全部うそなの?」
鳳九は泣いている。

鳳九の脈を診た折顔は、身ごもっていることを伝えた。
鳳九は腹に手を当て、声をあげて泣き始めた。

緲落びょうらく東華とうかに拘束された聶初寅じょうしょいんを開放した。
「私はしばし籠もって体内の邪気を練る。…私が籠もっている間、魔族はお前が束ねろ」
緲落は聶初寅に力を与え、聶初寅はみなぎる力に酔いしれた。

燕池悟えんちご碧海蒼霊へきかいそうれいに鳳九を探しに来たが、誰もいない。
燕池悟えんちご連宋れんそうと会い、なぜ誰もいないのか二人で話しあった。
そこに傷だらけの重霖ちょうりんが連宋を探しに来て、「梵音谷ぼんおんこくの入り口へ」とだけ伝えた。

連宋と燕池悟えんちごは顔を見合わせ、重霖を連れて梵音谷の入り口に向かった。
そこでは東華とうかが一人、結界を守っていた。
「緲落が出てきた。結界を守れ。私は谷へ」

行こうとする東華とうかを止め、「谷は邪気だらけです」と連宋は言った。
「私の体は赤金血せききんけつで守られている」
東華は連宋に結界を任せ、梵音谷に入っていった。

重霖ちょうりんは燕池悟に煦暘くようが亡くなったことを伝えると、力尽き気を失った。
燕池悟えんちごは剣を取り出し緲落に復讐するため梵音谷へ行こうとした。

「そなたでは緲落に歯が立たない。…梵音谷ぼんおんこくが開けば四海八荒しかいはっこう(四方の海と八方の果て)の危機となる。まずは結界を守れ。血気に逸るな」
連宋に言われた燕池悟えんちごは、煦暘の言葉(『血気に逸らず辛抱しろ』)を思い出し、悔しそうにしながらも結界守護に加わった。

成玉せいぎょく青丘せいきゅうへ鳳九の様子を見に来た。

「帝君はいまだに魔界にとどまり、私に会いにも来ない」
鳳九は言った。
成玉は泣いてもいいと言ったけれど、鳳九は「泣きたくはない。腑に落ちないだけ」と言って俯いている。

「帝君は、阿蘭若あらんじゃくの夢の中で私を好きだった。もし姫蘅きこうを哀れんでそばに置きたいなら、そう言えばいい。私は強引に嫁がないわ。たとえ私はもう…」
鳳九は言葉を探している。
「無理強いはしない。…父には言えないの。父が知れば絶対に帝君を責める。だけど感情は強要すべきじゃない」

鳳九の話を聞いた成玉は、事情を聞くため連宋れんそうに会いに行った。

東華は妙義淵みょうぎえんに来てみたが、すでに緲落はいなかった。
『一刻も早く緲落を捜し出し、邪気ともども消さねば』
東華とうかは考えた。

緲落は白水山で、秋水しゅうすいの群れから精気を取り込み、邪気を練っていた。
魔族の統領になった聶初寅は、白水山へ兵100名を送るよう命じ、反論する者には制裁を加えた。

青丘せいきゅうの鳳九に、折顔から手紙と薬が届いた。
薬は流産を防ぐ薬と堕胎薬だった。
〝どちらを選ぼうと、秘密は必ず守る”と手紙には書かれていた。

白い箱と黒い箱に1つずつ薬は入れられていた。
鳳九は白い箱の薬を選んで飲んだ。

薬を飲み終えた鳳九は太晨宮たいしんきゅうへ行き、東華との思い出の場所を訪ねて歩いた。
狐姿だった頃東華に抱かれて歩いた橋、昼寝に使った岩、東華と一緒に絵を描いた書斎の机や東華が狐のために作った東屋…。

『私は帝君と長い道を歩んだ。当初は私が追いかけるだけ。幸い天のお慈悲で帝君に追いついたわ。大好きだから苦しいなんて思わなかった。帝君は私だけでなく姫蘅にも情がある。阿蘭若の夢の時は私を選んだけど、姫蘅きこうの命が危うくなると私を捨てた。私に顔向けできないから、会いにも来ないのね。私は帝君との愛を大切にして守りたかった。でももう疲れたわ。私は頑張ったの。帝君が来れば何を言っても私は信じたけど、結局来なかった。私は身ごもり、青丘せいきゅうには居られない。帝君、これからの道は独りで歩むわ』

鳳九は独り東屋で佇み、考えた。

連宋と燕池悟が梵音谷入口で結界を守っていると、東華が帰ってきた。

「完全には浄化できぬ。梵音谷が開く日に邪気が漏れる。…神器を使って梵音谷を封印するしかない」

東華は今後のことを伝えた。

燕池悟を見た東華は、「小白しょうはくのもとには誰が行った」と言い、吐血した。
燕池悟は鳳九へ報告することを忘れていた。

人間界へ行くことを決めた鳳九は、幽冥司ゆうめいし謝孤栦しゃこしゅうを訪ね、葉青緹ようせいていに半分の修為しゅういを与えた。

「目覚めたら青緹に修行を指導してあげて。青緹が神仙になる時、私が九天の瑤池ようちで清めるわ。…青丘せいきゅうの掟だと、即位したら人間界で修練するの」
事情を話した鳳九は、連絡用の札を謝孤栦しゃこしゅうに渡し人間界へ向かった。

九天で一族と共に保護されている潔緑けつりょくは、比翼鳥ひよくちょう族・王族全滅の報告を受け、今後の身の振り方を重霖ちょうりんと相談していた。

唯一生き残った潔緑けつりょくは女王となった。

「緲落は不倶戴天の敵。…天族と共に戦わせて。ただ年寄りや子供は安全な場所に避難させてほしい」

潔緑けつりょく重霖ちょうりんに言った。

重霖ちょうりんは燕池悟が比翼鳥ひよくちょう族を領地に住ませたいと言っていると潔緑けつりょくに伝えた。
潔緑けつりょくは嬉しく思うものの、魔族の地は比翼鳥ひよくちょう族に合わない。
そこで潔緑けつりょくは、緲落を討ったら相里萌の憧れていた青丘せいきゅうに連れていってほしいと重霖ちょうりんに願い出た。

重霖ちょうりんは了承し、東華に報告しに行った。

『兄上、まだ心残りはある?阿蘭若の夢がついに終わり、兄上は愛が実らずとも悔いなく生きた。梵音谷の悲劇は繰り返さない。これから私は堂々たる女王になる』
潔緑けつりょくは相里萌に誓った。

鳳九は人間界で出産し、子供を滾滾こんこんと名付けた。
滾滾こんこんの見た目は人間の7、8歳くらいに育ち、私塾に通っている。

家で帰りを待っていた鳳九は、帰ってきた滾滾こんこんの髪に白髪を見つけ、髪を染めることにした。
滾滾こんこんの髪は白いので、人間界で暮らすため黒く染めているのだ。

「なんで僕だけ髪の色が違うんですか」
滾滾こんこんは鳳九に聞いた。

「神仙は髪の色など気にしない。でも人間界に来たらここの掟に従う」
鳳九は滾滾こんこんに教えた。

十里桃林の折顔せつがん白真はくしんを、連宋が訪ねていた。

「鳳九は料理が上手で何でもお手の物だが、麒麟株きりんしゅの料理だけは作らん。決してその味が嫌いなわけではない。あれは西天梵境さいてんぼんきょうでしか育たぬが、鳳九は昔好物で、青丘で育てようと300年もの時を費やした。学問を怠けては父親に打たれる始末だ。心血を注いだが、精根尽きて全部捨ててしまった。それ以来、麒麟株きりんしゅの料理は作るどころか口にもしていない」

白真はくしんは語った。

「意地を張ると誰より強情だ。白浅はくせんは淡白だが、鳳九に比べれば情け深い。鳳九は己の非情さに気づいておらん。己は情に厚いと思い込み、麒麟株きりんしゅを口にせぬことも忘れている」
折顔は言った。

「帝君はまさしく鳳九に捨てられた麒麟株きりんしゅだな。帝君には天地の守り神ゆえの苦悩がある。世の災いとなれば…」
連宋の言葉を白真は遮り、「白家は放任主義だ。鳳九がどこで修練しようと家族は干渉しない。鳳九の行先も知らぬのだ」と言った。

「帝君が捜す気になれば方法はあるのでは?」
折顔は連宋を見た。

「鳳九の無事を願うからこそ会いに行かぬのやも」
連宋が言うと、白真と折顔せつがんは顔を見合わせた。

人間界にいる鳳九は、栗の菓子を作っていた。
滾滾こんこんは東華に似て鳳九の作る菓子が好きなのだ。

帰ってきた滾滾こんこんと一緒に鳳九は出来上がった菓子を食べることにした。
滾滾こんこんには3つ、自分には4つ菓子を取り分けた。

「なぜ自分は4つで僕には3つなんですか?…私塾の友達のお母さんは子供と菓子を取り合いません」

滾滾こんこんはそっぽを向いた。

「私たちは神仙でしょ。こういうことは神仙の掟に従う」
鳳九は滾滾こんこんに教えた。

「でも母上は以前、人間界に来たらここの掟に従うって」
鳳九は神仙の掟を忘れると困るので、神仙の掟に従うのだと教えた。
滾滾こんこんは納得していない様子だが、菓子を食べはじめた。

二人は見た目が変わらないため、たびたび居を移しながら人間界で生活していた。

謝孤栦しゃこしゅうが世話している青緹は修行を終えた。
青緹は鳳九のことを覚えていない。
人間界で鳳九の命を救ったため、青緹は神仙となることができたことを謝孤栦しゃこしゅうは教えた。

「掟によれば神仙となる際、仙体を授けた者が清めの儀式を行う。そなたの場合は鳳九様が清める。しかと準備しておけ」
謝孤栦しゃこしゅうは青緹に言った。

青緹は鳳九と自分との関係を尋ねたが、「思い出せば悩みが増える」と言って謝孤栦しゃこしゅうは教えなかった。

人間界で昼寝していた鳳九は、東華が緲落に倒される夢を見て目を覚ました。
「なぜこんな夢を?帝君は天地の守り神よ。こんな目に遭わないわ。太晨宮で釣り糸でも垂らしてるわよ」
鳳九は呟き、気持ちを落ち着かせた。

滾滾こんこんは友達に「みんな父ちゃんがいる」と聞いて、自分にも父親がいるか鳳九に尋ねた。

「神仙は母親しかいない場合もあるの」
鳳九は滾滾こんこんに教えた。

「仙界と人間界は全然違う。人間界だと大人は子供に菓子を譲って、夜中子供の布団をかけ直すし、どの子にもお父さんがいる」
滾滾こんこんは言った。
鳳九は目を逸らせた。

「僕にちゃんと説明できないから、仙界を言い訳に使ったの?」
鳳九の様子を見て、滾滾こんこんは言った。

「勉学が大変でいい子じゃなくなったわね。じゃあ明日は山で精気をいっぱい吸いましょ」
鳳九は滾滾こんこんの頭を撫でた。

「“ご飯を抜く”ってこと?いつもそうやって脅す」
滾滾こんこんは家の中に入っていき、鳳九は息子の成長を知った。

司命・連宋・成玉の3人は、梵音谷を封印する神器について調べていた。
連宋は、邪気を封じる方法について記載がある巻物を見つけた。
3人はそこに記載されている方法を見て、表情を曇らせた。

魔界では、各一族がいけにえを出すことを拒否し、門を閉ざした。
阿芒あぼうから報告を受けた聶初寅は、阿芒あぼうをいけにえとした。

太晨宮では連宋れんそう夜華やか、白浅、折顔せつがんと白真が来るまで待つよう東華に頼んでいた。

梵音谷ぼんおんこくがじき開くゆえ、もう待てぬ」
星光せいこう結界と碧海蒼霊へきかいそうれいを使えば、帝君に危険が及ぶはず」
連宋は言った。

「その時に分かる」
「東華!」
連宋は厳しい声でたしなめた。

「すでに準備は万全だが…小白しょうはくに会いたい」
東華が言うと、連宋と重霖ちょうりんは息を飲んだ。

連宋は外で待つ司命と成玉の所へ向かい、別の方法を探そうと言った。
「一度星光せいこう結界を張れば破るのは難しく…」
司命の言葉を遮り、連宋は二人を連れていった。

鳳九の所に謝孤栦しゃこしゅうから連絡があり、鳳九は仙界に戻る決意をし、幽冥司ゆうめいしを訪ねた。

「明日、帝君は新たな神仙に位を授ける。そのあと九天の瑤池ようちを永遠に封印するため、縁によって仙籍に入れる者は二度といなくなる。帝君はこの機にそなたに会いたいそうだ」
謝孤栦しゃこしゅうは鳳九に説明した。

「私を九天に来させるため瑤池ようちの封印を?慈悲心に欠けるやり方だわ」
鳳九は言った。

鳳九は滾滾こんこん謝孤栦しゃこしゅうに紹介し、預かってほしいと頼んだ。
鳳九は離れたくないと言う滾滾こんこんと指切りをし、すぐ戻ると約束して九天へ向かった。

魔界では聶初寅が側近を生贄にしようとしていた。
そこに燕池悟えんちごが単身殴り込みをかけた。

煦暘くようの敵を討ち、今日をお前の命日にする」

燕池悟は聶初寅に向かって行った。

聶初寅じょうしょいんは強く、燕池悟は追い込まれてしまった。

小燕しょうえん、よく考えてみろ。魔族は数万年も神族に屈していた。もし東華とうか緲落びょうらくが共倒れになれば、我ら魔族は四海八荒しかいはっこう(四方の海と八方の果て)の主となるのだ」
聶初寅は高笑いをして演説した。

「お前が魔尊の後釜に座る好機だろう」
燕池悟は聶初寅を睨んだ。

「私が魔尊となり魔族を再興して悪いか。…小燕しょうえん、これが最後の機会だ。私に服従すればお前の一族を守る。さもなくば今日お前の命を頂く」
聶初寅は燕池悟に言った。

「お前はただの傀儡だ。未来などない」
燕池悟は怪我した体をかばいながら言った。

「くたばれ」
聶初寅が燕池悟を攻撃しようとしたとき、緲落が現れた。

「欲をかけば結末は悲惨だぞ」
緲落は聶初寅から魔力を吸収し始めた。

緲落びょうらく、奴を殺せば東華の秘密を教える」
燕池悟は言った。

「信じてはなりません。奴は東華の一味です」
聶初寅は命乞いしたが、緲落は聶初寅から全ての精気を吸い取った。

「お前の番だ。東華の秘密とは?」
緲落は燕池悟を見た。
燕池悟は不敵に緲落びょうらくを見て…?

重慶飯店 ミニ月餅 12個入(ミニゲッペイ)

価格:2,160円
(2021/1/26 16:26時点)
感想(14件)

感想

ひええええ!!

えらいこっちゃになってます。
鳳九は帝君を麒麟株のように捨てました。
それもこれも燕池悟が伝言役をちゃんとしなかったから…??

私は帝君にも鳳九にも会った煦暘は、帝君の伝言を鳳九に伝えられたのでは?と考え53話を見直してみました。
そしたら、帝君は燕池悟に伝言を頼む時、煦暘から離れていました。
煦暘は姫蘅につきっきりで、伝言を聞いていなかったようです。

以上から、悪いのは燕池悟ということになりました(?)

いや待て、連宋殿下が兵蔵の礼で余計なことを言わなければ、もっと早く緲落のたくらみが明るみに出ていたのでは?

いや待て、そもそも司命が聶初寅の毛皮コレクションを焼かなければ、こんなことにはならなかったのでは?

それを言うなら、鳳九が聶初寅と毛皮の取引をしなければ…。
帝君が鳳九の笑顔を守りたいと何も言わなかったのも悪くない?

などなど、色々なことが頭を過ぎりましたが、可愛く賢い滾滾が生まれ、青緹が蘇ったのですべてOKと言うことでいいですね。

封印のために使う光星結界というのが危険な(?)あるいは、戻れなくなるもののようですね。
帝君がその結界を作動させるつもりで、それを使ったら何が起こるか分からないみたいです。

幸せな2人(3人)に早く戻ってほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました