夢幻の桃花 三生三世枕上書 第52話 帝君の誓い

第52話 帝君の誓い夢幻の桃花

夢幻の桃花 第52話 あらすじ

鳳九ほうきゅう聶初寅じょうしょいんとの戦いに敗れてしまった。聶初寅が願いを言おうとするのを連宋れんそうが止めた。「兵蔵へいぞうの礼における挑戦とは、新帝夫婦への挑戦とされている。そなたは新帝の鳳九に勝ったが、その夫とは戦っていない。望みを口にするのはまだ早いぞ」連宋の言葉に、集まった神仙達はざわめいて…?

プロダクトヘアケア


夢幻の桃花 第52話 登場人物

鳳九青丘の姫。東華と結婚の約束をした。
東華最も尊い神仙。
白奕鳳九の父。
白真鳳九の父の弟。
折顔青丘の十里桃林に住む上神。白家と懇意にしている。
連宋天君の第三皇子。
成玉元は人間だった神仙。鳳九の親友。
緲落かつて暴虐の限りを尽くし、東華に封印された魔尊。封印を破ろうとしている。
煦暘現在の魔界を統べる魔君。
燕池悟魔族の青(燕)魔君。姫蘅のことが好き。鳳九の親友。
聶初寅魔族の玄魔君。緲落の協力者。毛皮愛好家。
姫蘅煦暘の妹。東華の腹心の部下の娘。秋水の毒に冒されている。東華のことが好き。
知鶴東華の義妹。東華のことが好き。

夢幻の桃花 第52話 あらすじ【ネタバレ有】

鳳九ほうきゅう聶初寅じょうしょいんとの戦いが始まった。

鳳九は健闘したが負けてしまった。

「鳳九殿下を買いかぶっていたようだ。神族の剣はこの程度か」

聶初寅は言った。

「玄魔君は私より3倍ほど長く生きてますが、いずれにせよ潔く負けを認めます」

鳳九は敗北を宣言し、聶初寅は望みを言おうと口を開いた。

「待て」

連宋は割って入った。

兵蔵へいぞうの礼における挑戦とは、新帝夫婦への挑戦とされている。そなたは新帝の鳳九に勝ったが、その夫とは戦っていない。望みを口にするのはまだ早いぞ」

連宋は言い、折顔も同意した。

「殿下に夫がいるなど聞いたこともない。まあよい、戦いましょう。手合わせを」
聶初寅が言うと、東華とうかはすでに蒼何そうか剣を携え広場にいた。

「どういうこと?」
集まった神仙達はざわめきつつも、東華に礼をした。

「負けて当然だった。恥じることはない」

東華は鳳九の汗を拭きながら、慰めの言葉をかけている。

「この挑戦は同輩の間に限られます。帝君とは年の差もあり世代が違う」

聶初寅は相手が東華と分かり、異議を唱えた。

「私とは世代が違うと?…私は鳳九の夫ゆえ世代は同じはず。そなたと鳳九は同輩なのだろう?ならば私とて同輩に当たる」

聶初寅は瞬きをし、頭を回転させているが何も言い返せない。

「武術に傾倒しているとか?実は私もそうだ。縁があるな。始めよう」

東華は言い、3手譲る条件を出し戦い始めた。

東華は聶初寅からの2回の攻撃を躱した。

3回目の攻撃で聶初寅の剣を折り、4手目で攻撃に転じ聶初寅の首に剣を当てた。

聶初寅は負けを認め、去った。

東華は背中に回した右手のこぶしをギュッと握った。

「事が成ってから明かすとは やり手だ」
白真はくしんは酒を注ぎながら折顔に言った。

「誰かに指導されたのだ」
折顔は言い、白真はくしんと杯を合わせ酒を飲んだ。

魔界では、煦暘くようの部下が口々に報告していた。

「結界に赤い光が走り、妙な気配を感じました」

「聶魔君が結界を守った時、兵たちが卒倒し、その間の記憶を失ったようです。多くの兵が一斉に倒れるのは奇妙かと」

「聶魔君は口実を設けては、他の魔君と共に行動しようとしません。魔将の話によると過去に何度も禁足地へ来ては、供の者を遠ざけ中に入っていたとか」

部下の報告を聞いた煦暘は、聶初寅に燕池悟と共に結界を守らせることにした。

連宋は東華と共に、湖のほとりで話している。
連宋は傷の具合を尋ねた。

「何ともない」
東華は答えた。

聶初寅じょうしょいんのことですが、卑劣とはいえ剣まで折ることはなかった。しかも仙術も使わず。阿蘭若あらんじゃくの夢での傷がまだ癒えていない。無理はいけません」

「よいのだ少し休めば治る。先に帰るがいい。私は小白しょうはくと帰る」
東華は言った。

「あなたと鳳九をどう形容すべきやら。動かざれば静か。動けば急に世をを驚かせる。鳳九が関われば一歩も譲らぬとは。太晨宮たいしんきゅうに鎮座する尊神の面影がどこにもない」

成玉せいぎょくが関わればそなたも同じだろう。小白しょうはくと共にその実家を訪ねなくては。寂しい独り身は早く天宮へ帰れ。奇跡でもないかぎり、良縁は見つからぬぞ」
言われた連宋はクスリと笑った。

魔界では燕池悟が煦暘くように文句を言っていた。

「結界から一歩も離れず見張る必要があるか?…姫蘅きこうは九天にいるんだぞ。緲落びょうらくに動きはない。この先数百年もきっと同じだ」

「燕池悟、そんな短慮な者に妹は任せられぬぞ」

燕池悟はハッとして煦暘くようの腕をつかんだ。

「今、何て言った?」

燕池悟は煦暘を見た。

煦暘くようは先日参加した、天宮での緲落対策会議のことを思い返した。

連宋は緲落に関する書物を読みながら報告している。

「“血涙けつるいは緲落の元神げんしんの心血。これを滅ぼすには…”」

連宋は書物から顔をあげ、東華をみた。

「あなたの血を使い血涙けつるいと戦わせてみたら?」

血涙けつるいを緲落が吸収すれば元神げんしんの心血となる。私の血で攻撃すれば血涙けつるいを刺激するだけだ」
東華は話した。

司命は神器を使ってはどうかと提案した。

「結界を守るのに必要なら10万の大軍を出そう」
天君は煦暘くように強力を約束した。

意識を燕池悟に戻し、煦暘は話し始めた。

「今は魔族が滅びるかの瀬戸際だ。姫蘅きこうは九天にいれば魔界より安全だ。全てが終わればお前が迎えに行け。その時この兄を許してくれたらいいが」
燕池悟は明るい顔で微笑んでいる。

「聶初寅は何か企んでいる。緲落に操られている可能性もある」
煦暘くようが言うと、燕池悟は表情を引き締めた。

煦暘くよう…じゃなかった 義兄上。義弟に何でも命じてくれ」
燕池悟は力強く言った。

「危急存亡のときに魔族で最も信頼できる者が まさかお前とは」
煦暘は燕池悟の協力を心強く思った。

聶初寅は狐族こぞくを緲落に捧げようと兵蔵へいぞうの礼に乱入したが、東華がいたため失敗したことを緲落に報告した。

「東華と戦ったのか。東華の仙力に衰えはなかったか?」
緲落は聶初寅に下問した。

「東華の仙力は強大で、私は4手で敗れました」
聶初寅は答えた。

『奴には阿蘭若の夢で傷を負わせた。私の封印を強化するのに修為しゅういも失った。そんなに早く回復を?』

緲落は考え、今日から200名の魔族を捧げるよう命じた。

「それに煦暘くようから魔君どもを遠ざけよ。煦暘くようが単独の時を狙い私が始末する」

緲落は付け加えるように言った。

東華は、鳳九とその両親と共に食卓を囲んでいる。

「なぜ私の娘を正室になさるのですか」

白奕はくえきは東華に尋ねた。

「一目ぼれなのだ」

東華は食事をしていた手を止め答えた。

『帝君はますますほら吹きになった』

鳳九は思ったものの、口には出さないでおいた。

「粗野な鳳九をお気に召したとあらば、青丘せいきゅうの名誉です。東荒とうこうの女帝になったもののまだまだ未熟者です。手助けをお願いします」

「もちろんだ。だが案ずることはない。小白しょうはくは有能だ。妖魔の退治から料理までうまくこなす。…小白しょうはくの作る魚の甘酢煮は私の好物だ」

東華は愛想よく対応している。

「確かに魚料理だけではなく、兎の肉団子も野菜の醤油炒めも何でも得意です。好きな物をお申し付けください」
白奕はくえきの妻は言った。

「私は厨房係じゃない。九天にも腕利きがいる」
鳳九は不平を言った。

白奕はくえきは咳ばらいをし、婚儀の時期についての考えを東華に尋ねた。

青丘せいきゅうでは婿への条件が厳しいと聞く。私が条件に合うのか小白しょうはくもずっと案じ続け、長く悩んでいた。ゆえに私も挨拶がこんなに遅くなった」

「何が条件に合わぬと?」
白奕はくえきは妻と顔を見合わせ、東華に尋ねた。

「名家の出身でもなく、今は何の実権もない。だがこたびの一件で、すでに誰もが私を青丘せいきゅうの婿と思っている。条件に合わずとも。目をつぶってもらうしかない」

「恐れ多いことです」
白奕は言った。

東華は10日後の5月6日に祝宴を行うと話している。

「それでは準備が整いません。帝君の成婚は盛大に祝わねば」
白奕はくえきの妻は困っているようだ。

白奕はくえきは俯き、黙々とと食事をしている。

「よいのだ。全ては青丘せいきゅうのしきたりに合わせてくれ。太晨宮の仙官の重霖ちょうりんはとても有能だ。太晨宮と青丘せいきゅうが力を合わせれば、問題はなかろう」

東華は生まれ育った碧海蒼霊へきかいそうれいを祝宴の場所に選んだ。

父神ふしんが帝君に与えた聖地ではありませんか。恐れ多い」

白奕はくえきの妻は明るい声で言った。

「私たちの大事な日だ。八荒はっこうの神仙たちを碧海蒼霊へきかいそうれいに招き入れ、正式に行おう」
東華は鳳九の手を握った。

「娘のために聖地を開いてくださるとは」
白奕はくえきの妻は声を弾ませているが、白奕はくえきはずっと俯いたまま食事をしていた。

聶初寅は緲落の指示に従い、2名の魔君を手にかけた。

青丘せいきゅうに滞在中の東華の所に折顔が訪ねてきた。

白奕はくえき上神に頼まれてやってきました」
折顔は言った。

「魔族と戦った時、白奕はくえきはあなたの配下だった。…本来なら口出しはできぬが、…白奕はくえきはこの婚姻に納得していません。…理由はあなたとの格の違いではなく、あなたが鳳九を苦しめたからです。鳳九が尽くしてきたことを、白奕はくえきは全て知っている。父として心を痛め、割り切れない思いなのです」

「白奕の気持ちはよく分かる」
東華は言った。

「とはいえ鳳九が望む婚姻ですし、世に知れ渡ったからには、白奕はくえきも反対しません。でも問いたいそうです。“娘にどんな未来を与えるおつもりか”と」
折顔は東華を見た。

「私に約束を求める気持ちは分かる。もちろん応じる。だが私の応じる約束は未来の話ではない」

「ではどんな約束を?」
折顔は身を乗り出した。

「この世は刻々と移り変わる。一寸先のことは、私とて分からぬ。私に未来の約束を求められても、しかと答えられぬ。安泰な暮らしを与えられるかは分からぬ。だが小白しょうはくには自由を与える」

「自由?」
「そう自由だ。小白しょうはくは快活だ。思うままに生きてほしい。私が夫でいるかぎりは、決して何も強制しない。何事も小白しょうはくが好きに決めればよい」

東華が語ると、折顔は満足した表情で、杯を掲げた。

白奕はくえきが納得したことを知った鳳九は、どんな手を使ったのか東華に問いただした。

しかし東華は言わなかった。

「隠さずにちゃんと話して」
鳳九は、大きなふわふわ猫じゃらしを持って東華に襲い掛かったが、捕まって甘い雰囲気に持ち込まれてしまった。

東華は鳳九の額や鼻梁に口づけ、鳳九の肩を抱いた。

鳳九がなおも問うと、東華は話し始めた。

「私の故郷の碧海蒼霊へきかいそうれいで祝宴を行うと話した。景色が美しくそなたも体を癒やせる。ついでに子狐も産めばよい」

「まただますの?」
「だましていない」
東華は鳳九を甘やかし、寝かしつけた。

九天の成玉は、神仙達を集め、講談師のごとく東華と聶初寅との戦いを語っていた。
聴衆の中には阿離もいる。

遠くから見ていた司命は、素直に喜べないと連宋に話していた。
多くの鳳九と同輩の仙女たちは、東華に憧れつつも自分のような若輩者は相手にされないし、東華は誰も娶らないだろうと思っていた。
しかし鳳九が東華に選ばれたことで、傷ついただろうからだ。

兵蔵へいぞうの礼で傷ついた者は多いとみえる」
連宋は司命の話に同意した。

知鶴は東華に会いたいと太晨宮に乗り込んだが、東華は鳳九と碧海蒼霊へきかいそうれいへ行ったと言われ、重霖ちょうりんに追い出されてしまった。

「昔 婚儀から逃げなければ、碧海蒼霊へきかいそうれいを見られたかもしれない」
太晨宮の門の外、知鶴が追い出されるのを見ていた姫蘅きこうは呟いた。

秋水しゅうすいの毒は、姫蘅の首まで回っており、姫蘅きこうは苦しそうに咳をした。

碧海蒼霊へきかいそうれいは桃色の藤の花咲く、美しい島だった。

「美しい所なのになぜ住まないの?」
「私だけで住まうには広すぎる」
東華が言うと、鳳九は東華の手を握り「私が一緒よ」と微笑んだ。

鳳九はみかん、梨、葡萄や仏鈴花ぶつれいかの木を植え、東屋を建て蓮池を作ろうと はしゃぎながら計画を立てている。

東華ははしゃぐ鳳九を見守っていた。

「幻じゃないかと思ったの。未来の住まいをあなたと語るだなんて」
「住まい?」

「定住しなくてもここも私たちの家よ」
「“私たちの家”か」
東華は感慨深く呟いた。

鳳九は手を入れてもっと美しくし、親しい友を招くのだといって笑顔を浮かべている。

「誰より優しい」
東華が鳳九に言うと、鳳九は東華の胸に飛び込んだ。

魔界の煦暘くようは聶初寅の裏切りに気づき、部下と話していた。
そこに禁足地に異変ありとの報告が入り急ぎ出かけていった。

聶初寅は煦暘に気づかれたことを緲落に報告した。

「ならば煦暘を殺して血涙けつるいを奪え」
緲落は聶初寅に命じた。

「守りは堅固ですし、燕池悟も来れば勝てません。あなたが化身を使い煦暘くようを殺すには最後の機会です。さもないと東華帝君が来ます」
聶初寅は進言した。

「私に考えがある」
緲落は言った。

煦暘くようが結界の場所に向かうと燕池悟一人だった。

「お前と聶初寅で守るよう命じたはずだ」
煦暘くようは燕池悟に言った。

「そうさ。だが奴を探す間もなく異変があり、それでお前を呼んだ」

小燕しょうえん、聶初寅は緲落の手先と見て間違いない。…魔君の誰かが結界を動かしているに違いない。それに2名の魔君が失踪した」
煦暘くようは燕池悟に伝えた。

そこに聶初寅がやってきた。
燕池悟が聶初寅に剣を向けるのを煦暘は止めた。

「魔族の宝を守るより大事な用でも?」
煦暘くようは聶初寅に問いかけた。

聶初寅は寝過ごしたとごまかした。

煦暘くようは失踪した魔君の捜索に出かると言い、その間に燕池悟と聶初寅で魔君としての責任を果たすよう命じた。

「私を疑っているようだな。よかろう。ならば私の宮殿を調べてみるがいい」
聶初寅は強気で煦暘くように言った。

「お前の侍衛を2名借り宮殿を見に行く。疑いも晴れよう」
煦暘くようが言うと、燕池悟は側近の玄鉞げんえつを呼び、自分の剣を渡した。

「俺の玄鉄げんてつ剣を持ち煦暘くようの供をしろ。煦暘くように無礼を働く妖魔がいれば斬り殺せ。東華に対抗すべく7千の邪霊を吸わせた剣だ。今の魔界で、この剣より邪悪な妖魔がいるか見てみたい」
燕池悟は聶初寅を見たまま、玄鉄げんてつに命じた。

「聶初寅と残りの子分はここに残っていろ」
燕池悟は言った。

「魔君の失踪を聞いて驚きもしなかったな」
煦暘くようは聶初寅を見た。

やり取りをしていると、重霖ちょうりんが祝宴の招待状を持って煦暘くようを訪ねてきた。

聶初寅もその場にいて、碧海蒼霊へきかいそうれいで祝宴が開かれることを知った。

煦暘くよう重霖ちょうりんに2名の魔君が失踪したことを伝え、緲落に警戒している旨報告した。

妙義淵みょうぎえんを見張っていますが、変化はありません」
重霖は煦暘に報告した。

煦暘くよう重霖ちょうりんを送っていき、途中で足を止めた。

緲落の内通者が魔族にいることを伝えた煦暘くようは、祝宴のあと東華に来てほしいと重霖ちょうりんに頼んだ。
血涙けつるいを東華に渡すためだ。

さらに煦暘は姫蘅きこうのことを重霖に頼み重霖を見送った。

鳳九と東華は碧海蒼霊へきかいそうれいで魚の甘酢煮を共作していた。
そこに重霖ちょうりんから招待状を配り終えたと報告が入った。

2人には準備があり、ここにいられるのは今日だけだ。
今日を楽しむため、2人はかくれんぼをしたり、凧揚げをしたり、二人きりの時間を楽しんだ…。

ドギーマン じゃれ猫 フワフワ&ポンポン 【1個売り】 猫用おもちゃ 猫じゃらし 猫 じゃらし おもちゃ ペットウィズ

価格:138円
(2021/1/21 23:34時点)
感想(0件)

感想

連宋殿下は、成玉との賭けに負け、鳳九のために働こうとやってきたのだとしたら、立派に務めを果たしました。

連宋殿下が止めて、婿殿との試合が始まらなかったら、今頃青丘の人達が緲落の生贄になっていたかもしれません…。

ん?そうなっていたら帝君が緲落の悪事に気づき、すぐにすべてが解決!犠牲者も少なく済んでいたような気も…。

そうだとすると連宋殿下は余計なことをした…???

ま、まぁ、帝君が青丘の婿として認められたのですべてOKです!きっと!

青丘の婿の条件は、35話に出てきていて、名家・若君・権力でした。
今回帝君は〝若”君のところを完全スルーしていました。さすがです。

帝君の右手拳のドアップが映ったのがとても不穏です。
帝君は聶初寅との戦いで仙力を使わなかったのではなく、使えなかったとか…?困ります。

燕池悟が一生懸命玄鉄げんてつ剣の恐ろしさを説明しているのですが、私の中の燕池悟は“純真無垢”とか“ぴゅあ”とか、そういうカテゴリーに分類されているので、いかに邪悪か説明されても、いまいちピンときませんでした。

そして燕池悟は、義兄上から結婚の承諾を得ることができました。
しかし、煦暘は死亡フラグぽいこと(「私が死なぬかぎり」)を49話で言っており、密かに心配しています。

無事に燕池悟の義兄になってほしいです。

そして姫蘅も首にどす黒い血管のようなものが浮き上がっていて、苦しそうにしていて心配です。

秋水の毒がだいぶまずい状態になってそうです。
梵音谷の清浄な気の中で静養していたのに、九天に来たことで悪化してしまったのかもしれないです。

妙義淵に異変はないと、前回も今回も重霖は言っていましたが、たぶん異変ありまくりですよね?
妙義淵の緲落の前からは、集まった梵音谷の王族たちがいなくなっている。
それなのに異変無しと毎日報告が入っている。
誰が報告しているのでしょうか?

怖いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました