夢幻の桃花 三生三世枕上書 第34話 命懸けの願い

第34話 命懸けの願い夢幻の桃花

夢幻の桃花 第34話 あらすじ

燕池悟えんちごへの嫉妬から、鳳九ほうきゅう頻婆果ぴんぱかを与えたくない東華は姫蘅きこうに頻婆果を与えると約束した。東華は連宋から鳳九が頻婆果を欲しがる真の理由を知り後悔した。鳳九は届けられた優勝賞品が頻婆果でなかったことに落胆し、青緹せいていのため自ら頻婆果を取りに行った。鳳九は失敗し阿蘭若あらんじゃくの夢に捕らわれた。東華は鳳九を助けに向かった。

銀座の行列店「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」公式オンラインショップ【俺のEC】



夢幻の桃花 第34話 登場人物

鳳九青丘の姫。夜梟族の公主・九歌として梵音谷の学府に通っている。
東華最も尊い神仙。梵音谷で茶道の先生をしている。
燕池悟魔族の青魔君。鳳九と共に梵音谷に落ち、学府に通っている。
姫蘅梵音谷で毒の治療をしながら楽師をしている。
連宋天君の第三皇子。
司命人間の運命を司る神仙。鳳九に何かと協力させられている。
相里萌比翼鳥族の第二王子。
潔緑相里萌の妹。

夢幻の桃花 第34話 あらすじ【ネタバレ有】

東華とうか姫蘅きこうを治療すると、姫蘅は目を覚ました。
目覚めた姫蘅は何も覚えていなかった。

「邪気がそなたの体に入り込んだゆえ、除いておいた。秋水しゅうすいの毒が再び暴れている。よく体を休めよ」
東華が去ろうとするのを、姫蘅が呼び止めた。

「今年の頻婆果ぴんぱかは秋水の毒によく効くそうなので…何とぞ私の父に免じてお聞き届けください」
姫蘅は膝をついて東華に願った。

「そういうことなら与えよう」
東華は姫蘅に頻婆果を与えると約束した。

九歌きゅうか公主にはどう説明すればよいでしょう」
姫蘅は優勝者である鳳九ほうきゅうのことを気にしている。

「構わぬ。もともと得させる気はなかった」

姫蘅と東華の会話を、扉の外で燕池悟えんちごが聞いていた。

鳳九は級友達と祝勝の宴を開いていた。
毎回優勝者は相里萌しょうりほうだが、今回は鳳九が優勝した。

相里萌しょうりほうは鳳九を誉めた。

「特に空中で見せた望天攬月ぼうてんらんげつという技は実に絶妙で鳳九様を思い出した」
相里萌は感慨にふけっている。

級友の1人が、頻婆果ぴんぱかを守る蛇陣について相里萌しょうりほうに質問した。

「蛇陣は上古の陣で中に危険な結界もある。その結界に触れると大蛇が襲ってくるんだ」

「なら結界を避ければ?」
別の者が質問した。

「その場所は誰にもわからない」

「例の者と関係が?」
潔緑けつりょくの質問を相里萌しょうりほうは強い口調で止めた。

夜、鳳九の所に優勝の褒美の入った籠が届けられた。
頻婆果ぴんぱかは明日にならないと採れないはずなのに、と鳳九は疑問に思って籠に乗せられた布をめくった。
籠には大量の桃が入っていた。

何かの間違いかと思っていると、連宋がやってきた。

「帝君の命で用意した蟠桃ばんとうだ」
連宋は優勝賞品について説明した。

極上の蟠桃ばんとうで、連宋れんそうですらなかなか食べられない貴重なものだそうだ。

「みんなで分けて。桃には興味ない」
鳳九は青ざめてどこかへ行ってしまった。

「どうして帝君は頻婆果ぴんぱか蟠桃ばんとうに替えたの。私が頻婆果ぴんぱかを心から欲しがり、必死に頑張ったことも知ってるはず。なのになぜ?」

鳳九が寒空の下一人考えていると、姫蘅に出会った。

「実は以前から頻婆果ぴんぱかが欲しくてね。昨夜帝君にお願いしたら、帝君はすぐに連宋殿下に蟠桃ばんとうを取りに行かせた。私には頻婆果ぴんぱかを与えると。あなたも頻婆果ぴんぱかを欲しがってたから真実を伝えた方がいいと思って」

姫蘅は大会の前から頻婆果ぴんぱかをもらう約束をしていたと話した。

鳳九は半分分けてもらえないかと姫蘅に頼んだが、姫蘅は分け合えないと答えた。

「それからお願いがあるの。今後は帝君に近づかないで…(九歌きゅうか公主は)帝君にとっては遊び相手でしかないの。深みにはまれば悲しみが増すだけよ」

去ろうとする鳳九を呼び止め、姫蘅は付け加えた。

「言われなくてもとっくに分かってた」
鳳九は逃げるように駆け出していった。

途中で転んだ鳳九は、倒れたまま泣いた。

『私は頻婆果ぴんぱかのため血を吐くような努力をした。なのに姫蘅のおねだりにはかなわない。帝君は他の宝で姫蘅を喜ばせてもいいはず。でも私は頻婆果ぴんぱかでなきゃだめなの』

鳳九は泣きながら心の中で叫んだ。

連宋は酒を持って天宮の司命しめいを訪ねた。

「そなたは酒が弱く酔うと口が軽くなるそうだな」
連宋れんそうは司命に酒を差し出した。

「確かにそういう癖があります」
司命は酒を押し返した。

連宋は司命に鳳九と東華のことを聞きに来たのだ。

「酔って秘密を明かしてもそなたに非はない…帝君が鳳九を好いているのは誰の目にも明らかだ。何を案じている」

連宋が言うと、司命は酒をグイっと2杯飲みほし、鳳九が太晨宮の侍女になった所から話し始めた。

鳳九は東華に会いに来たが、東華はいなかった。

姫蘅が連れてきた、負傷した狐と一緒に九天に帰ったと燕池悟えんちごは教えてくれた。

燕池悟は東華は数日戻らないだろうと話した。

鳳九は一緒に飲み明かそうという燕池悟えんちごの誘いを断り、以前燕池悟えんちごが作った地下道の入り口に向かった。

葉青緹ようせいてい、かつて私はあなたに約束した。何としても救うわ」
鳳九は決意を口にした。

連宋は九天に戻った東華に会いに来たが、東華はすでに梵音谷ぼんおんこくへ向かった後だった。

「何か言っていなかったか」
連宋は重霖に尋ねた。

「妙なことを…“もし奴を殺せばあの者が悲しむ。誰にも気づかれずに奴を消せないか”と」
重霖の話を聞いた連宋は「なんと愚かな」と言って去っていった。

鳳九は頻婆樹ぴんぱじゅの近くに来ていた。
鳳九の修為しゅういでは大蛇に勝つことはできない。

天罡罩てんこうとうの守りがあることを計算に入れた鳳九は、自分の修為の半分を防御に回し頻婆果ぴんぱかを採って帰るという作戦を立てた。

蛇陣の中に鳳九が入ると、4頭の大蛇が襲い掛かってきた。
大蛇は火を吐き、鳳九の作った防御陣に絡みついた。

大蛇の攻撃を受けて防御陣は破壊された。

すると天罡罩てんこうとうが鳳九を守ってくれた。

しかし天罡罩てんこうとうは一度展開されるとその場にとどまり、鳳九と一緒に移動してくれない。

天罡罩てんこうとうの中にいたら、いつまでたっても頻婆果ぴんぱかを採ることはできないことに鳳九は気づいた。

連宋は梵音谷の東華に会い、司命から聞いた全てを話した。

鳳九があの狐であること、鳳九は東華の情劫じょうごうに巻き込まれた人間を生き返らせるために頻婆果ぴんぱかを求めていること…。

「知らなかった。小白しょうはくはまだ私を恨んでいるだろう。どうすればよい」
東華は頭を抱えた。

「鳳九は褒章が蟠桃ばんとうに替えられたのを見て顔が青ざめました。ひとまず様子を見に行っては?」
連宋は助言した。

そこに燕池悟えんちごが現れ、鳳九が姿を消したと言って東華をなじった。

小白しょうはくがどうした」
東華は顔色を変えた。

鳳九は天罡罩てんこうとうの中から大蛇の隙を窺っていた。

意を決して鳳九が飛び出し頻婆樹ぴんぱじゅに近づくと『阿蘭若あらんじゃく公主』という不気味な声が聞こえ、鳳九は動きを止め叫び声をあげた。

東華達は鳳九の叫び声を聞き駆け出して行った。

頻婆樹ぴんぱじゅのある解憂泉かいゆうせんには女王相里橘諾しょうりきつだくをはじめ比翼鳥ひよくちょう族の文官・武官があつまっていた。

鳳九は紫の光に包まれ目をつむったまま浮いている。

九歌きゅうかは蛇陣に入り深手を負ったのち、阿蘭若あらんじゃくの夢に閉じ込められたようです」
相里萌しょうりほうは東華に状況を説明した。

阿蘭若あらんじゃくは女王相里橘諾しょうりきつだくの妹で、大蛇に育てられ非業の死を遂げた人物だそうだ。

阿蘭若あらんじゃくの執念が夢の世界を作りました。もし大蛇を驚かせればその夢に陥ります…言い伝えによると、夢に陥った者は強い意志がなければ永遠に出てこられず眠り続けます。修為しゅういを全て吸い取られ灰と化すまで…」

相里萌しょうりほうは説明をつづけた。

連宋の見立てでは鳳九を救う方法は2つ。

1つは鳳九が自分で出てくる方法。
もう1つは鳳九と親しい者が夢に入って連れ出す方法。

女王は夢は壊れやすく、夢が壊れると夢の中の者は命を失うかもしれないと話した。
しかも夢を壊さずに入るには、全身の修為を除かなければならないそうだ。

「私が行こう」
東華は名乗り出た。

連宋れんそう2つ申しつける。1つ、小白だけが出てきたら青丘まで送り崑崙虚こんろんきょ墨淵ぼくえん妙義淵みょうぎえんのことを頼むと伝えよ。2つ、小白しょうはくの行いは頻婆果ぴんぱかのためだ。…小白が出てきたら頻婆果ぴんぱかを渡し救いたい者を救わせよ」
連宋は真剣な表情で引き受けた。

東華は修為しゅういの9割を除くと蛇陣の中に入っていった。

東華は大蛇に襲われ体中に傷を負いながらも、鳳九の所にたどり着いた。

連宋は見届けると、比翼鳥族を口止めし、解散を命じた。

東華が鳳九の額に手を当てると、鳳九は目を覚ました。
「私が来た以上、何も恐れるな」
東華は優しい顔で鳳九と向かい合った。

「来てくれてとてもうれしい。すぐに去るんでしょ。いつもあなたを追いかけてた。もう追う力がない。すごく眠いわ」

「どこにも行かぬ。眠るがよい。目覚めればもう家だ」
東華は目を閉じた鳳九を抱きしめ額に口付けた。

姫蘅が独り悲しんでいると、燕池悟えんちごがやってきた。

孟昊もうこうの名を?」
「知っている。仏頂面が六界を統一した時奴の配下だった名将だ」
「私の父なの」

話を聞いた燕池悟えんちごは、東華が姫蘅に頻婆果ぴんぱかをやると言った理由を知った。

姫蘅はこの数百年、東華をお世話しながら恋の深みにはまってしまったと泣きながら話した。

「帝君にとって女子おなごは2つに分かれる。1つは唯一無二の存在よ。もう1つはそれ以外の女…この話をしたのは、あきらめて欲しいからよ。…好きだから頑張ってみたい。頑張ればいつか機会が巡ってくるかもしれないもの」

燕池悟えんちごは息を飲み視線を下げた。

相里萌しょうりほうは鳳九を救うため夢に入り、救えなければ鳳九と共に死ぬ覚悟で解憂泉かいゆうせんに向かっている。

潔緑けつりょくは将来の王である相里萌しょうりほうを行かせられないと止めていた。

「将来の王だからこそ友を危険にさらせないんだ。潔緑けつりょく、友の危機をただ傍観するような王を信頼できるか」

相里萌しょうりほうは力強く潔緑けつりょくを説得し、解憂泉かいゆうせんを目指した。

潔緑けつりょく燕池悟えんちご相里萌しょうりほうを止めてくれるよう頼んだ。
燕池悟は失恋して落ち込んでいたが、話を聞くと「見てくる」と言って出かけようとした。

「私も手伝う」
潔緑けつりょく燕池悟えんちごを呼び止めた。
「私は…」
潔緑けつりょくは何か言いたい様子だ。

「小娘が出る幕じゃない。おとなしく待っていろ」
燕池悟えんちご潔緑けつりょくの肩に手を置いた。

潔緑けつりょくは自分の肩に置かれた燕池悟えんちごの手を見ている。
燕池悟は手を離すと解憂泉かいゆうせんに向かった。

眠っている鳳九を抱え、東華は夢の中に入った。
夢の中の解憂泉かいゆうせんには雪がない。
見渡す景色のどこにも雪がなかった。

東華は仙術で寝台を召喚し鳳九を寝かせた。
東華は左掌に傷をつけ、金色の混じる血を鳳九に飲ませた。

眠る鳳九は青丘せいきゅうにいる夢を見ていた。
青丘では外祖母の伏覺仙母ふかくせんぼと両親が、鳳九の婿はどんな男性がいいだろうかと話し合っていた。

「私は…好きな方がいます」
鳳九は告白した。
「誰なの」
伏覺仙母ふかくせんぼは鳳九に尋ねた。

「外祖母や両親に伝えるべきかしら。でも帝君は外祖母から見たら美貌以外に取り柄がない。どうしよう。その…」
言いかけて鳳九は目をうっすら開けた。

「目覚めたか」
側についていた東華は鳳九の額に手を当て、具合を心配している。

『こんなに優しいのは夢だからね。だったらいっそ願いをかなえちゃおう』
鳳九は東華の首に腕を回し、口づけをして…?

みずみずしい輝き コーセー



感想

もう今回は、最後の所ですよ!積極的な女の子好きです。
私はこういうの大好きなので高まりました。

燕池悟は帝君に暗殺されそうになっていたようです。
連宋がすべてのネタバレをしてくれなければ燕池悟は今頃…。
燕池悟は気づいていないですが、連宋は燕池悟の命の恩人だと思います。

ということで、今回全てを帝君は知りました。

連宋は、酒に飲まれて話すのはセーフだと司命に言っていますが、日本の法律的には「原因において自由な行為」というのがあります。
酒に酔った自分は暴力的になるから憎い相手を殴るだろうと分かってて酒を飲み、実際に憎い相手を殴ったら普通に暴行罪が成立します。免責されません(どうでもいい)。

相里萌しょうりほうは九歌=鳳九に気づいた様子?
潔緑けつりょくは燕池悟に惚れちゃったような???
もしそうなら嬉しいです!燕池悟はすごくいいやつだと思うので、燕池悟えんちごの良さに気づいてくれる人がいるのは嬉しいです。

帝君は美貌以外にいいところがないらしいです!!すっごい笑いました。

夢幻の桃花~三生三世枕上書~ DVD-BOX2 [ ディリラバ ]

価格:19,800円
(2021/4/26 11:51時点)
感想(2件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました