桃花シリーズ見る順番

桃花シリーズ 見る順番情報

永遠の桃花・運命の桃花・夢幻の桃花は、どれから見るべき!?

桃花シリーズの見る順番としては、まず「永遠の桃花」を見るのがおススメです。映画でもドラマでも何かがシリーズ化されるのは、その最初の作品がヒットしたからだと思います。桃花シリーズの最初の作品は永遠の桃花です。なのでまずは永遠の桃花を見るのがおススメです。このシリーズを通しての世界観や専門用語なども永遠の桃花を見ると把握できると思います。

それぞれの作品は独立していますので、中国の神仙世界が舞台のラブ史劇をよく見ると言う方は、どれから見ても大丈夫だと思います。
シリーズと言っても、永遠の桃花の続編が運命の桃花でその続編が夢幻の桃花とはなっていません。

特に運命の桃花は全く別の話と思って大丈夫です。
夢幻の桃花は永遠の桃花で脇カップルだった白鳳九はくほうきゅう東華帝君とうかていくんの話ですが、永遠の桃花とは別の世界線の物語となっています。具体的には、白鳳九はくほうきゅうの年齢が違っていますし、2人の出会いからやり直しです。

以下に、それぞれの物語について簡単にまとめておきますので、どれから見ようか迷っている方は参考になさってください。

U-NEXT



永遠の桃花 全58話

シリーズ最初の作品。神仙の世界が舞台のラブ史劇です。神仙の世界において、天族と並ぶ力を持つ青丘せいきゅうの姫・白浅はくせんが主人公です。やんちゃな白浅が男ばかりの弟子たちと崑崙虚こんろんきょに住む墨淵ぼくえんに弟子入りするところから始まります。

 始まりは男子校に女子が男装して入学するという少女漫画のような入り方ですが、そういう漫画に出てくるようなときめきは薄いので、私は少し置いてけぼりになりました。でも10話くらいまで見ると面白くなってきて、20話くらいまで見ると止まらなくなりました。とりあえず28話まで見ていただきたいです!

長いと思う方は、邪道かもしれませんが、2倍速以上で見ても大丈夫だと思います。
(私の場合は、2倍速で見ていなかったら、最初のほうでリタイアしていたかもしれません。リタイアしていたらこのシリーズに出会えていなかったので、2倍速で見て正解だったと思います)

2倍速で見るメリットは、時間が節約できることと嫌な場面もすぐ終わることです。そう多くはありませんが、白浅はくせんが意地悪される場面があります。2倍速で見れば、そんな場面もすぐに終わるので、そういう場面が好きではないという方にもおすすめです。

もちろん、時間も心も安定している方は2倍速で見る必要は全くありません。じっくり見ていただきたいです。

見どころはヒーローのどこまでも一途な白浅はくせんへの気持ちです。

こちらのページで永遠の桃花を1話ごとにまとめています。

運命の桃花 全60話

桃花シリーズの2作目です。
「永遠の桃花」とは全く違う作品と思って頂いて大丈夫です。
世界観は共通しているので、もしかしたら「永遠の桃花」よりもずっとずっと昔の話なのかなと想像しながら私は見ていましたが、全部見てもそうだという証拠はありませんでした。

物語は、桃林とうりんで閉じ込められるように暮らしていた丹鳥たんちょう族の少女・霊汐れいせきが天宮に薬を届けるところから始まります。桃林とうりんから出ないようにと口を酸っぱくして父親に言われ育った霊汐れいせきが、家出をして天宮に向かい、憧れの戦神を復活させることになります。
この物語では、霊汐が鍵を握る少女になっています。

途中から主人公を巡る三角関係になり、登場人物のキャラも立っていてコメディとしても面白いです。いわゆる『ざまぁ』な展開も何度かあるので、そういうのが好きな方にもおすすめです。ただ、ざまぁ展開があるということは、霊汐側が嫌な目に遭うということなので、そういうのが苦手な方は2倍速以上の再生で見ても大丈夫だと思います。
脇カプも可愛くて好きでした。

こちらのページで運命の桃花を1話ごとにまとめています。

夢幻の桃花 全56話

シリーズ3作目です。
「永遠の桃花」の脇カプ・白鳳九と東華帝君の物語。

天族と並び神仙の世界で力を持つ青丘せいきゅうの姫・鳳九ほうきゅうが、東華帝君に命を救われるところから物語は始まります。鳳九ほうきゅうは「永遠の桃花」のヒロイン・白浅はくせんの姪っ子です。鳳九ほうきゅうは東華帝君に恩返しするため、帝君の住む太晨宮たいしんきゅうに侍女として仕えることになりますが、高潔な帝君にはなかなか近づくことができず…。

他の2作品に比べるとラブ度とコメディ度が高めだと思います。私は「永遠の桃花」のボーナスディスクと勝手に認識しています。

「永遠の桃花」では鳳九ほうきゅうの年齢は7万歳でしたが、こちらでは3万歳になっていますし、「永遠の桃花」には出てこなかった魔族が出てきます。

中華なラブ史劇をよく見ると言う方は、「夢幻の桃花」だけ見ても楽しめると思いますし、専門用語が分からなくて、見ていて もやもや すると言う方は、先に「永遠の桃花」を見ると良いと思います。

私は一番初めに「夢幻の桃花」を8話まで見て、出てくる謎の言葉が気になり、「永遠の桃花」を高速で全部見てハマりました。

「永遠の桃花」と「運命の桃花」では、何度見ても泣いてしまう場面がありましたが、「夢幻の桃花」にはそういう場面はないような気がします。そして主人公が意地悪されることもほぼない(あるけど、主人公が強い)ので、安心して見られる物語だと思います。

こちらのページで夢幻の桃花を1話ごとにまとめています。

まとめ

桃花シリーズを見る順番としては、まず「永遠の桃花」を見ていただくのがいいと思います。「永遠の桃花」はできがよく、シリーズ化されるのも納得の作品だと思います。

永遠の桃花を見て、脇カプの東華帝君と白鳳九が気になった方は、「夢幻の桃花」も見てください。「夢幻の桃花」はラブコメ要素強めだと思います。

「運命の桃花」はシリーズ2作目ですが、他のシリーズとつながっていないので単品として見ることができます。「ざまぁ系」好きな方や、健気な主人公好きな方、三角関係(女1・男2)が好きな方に特におすすめです。

Rebatesお友達紹介キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました