永遠の桃花~三生三世~第56話 擎蒼との対決

第56話 擎蒼との対決永遠の桃花

永遠の桃花 第56話 あらすじ

離鏡りけい擎蒼けいそうをおびき寄せ倒そうとしたが、失敗し擎蒼けいそうに吸収された。東皇鐘とうこうしょうの異変を東華とうかは白浅に知らせた。狐狸洞こりどうの前で白浅はくせんを待ち続けていた夜華やかも異変を知り若水じゃくすいに向かった。夜華は擎蒼に向かっていく白浅を神器で縛り、自ら擎蒼と戦った。夜華は擎蒼を倒したが、擎蒼と一体化した東皇鐘が動き出し、夜華は自分の元神げんしんで東皇鐘を封印した。白浅は夜華の亡骸を狐狸洞こりどうに連れて帰った。

コーセー 米肌肌潤美白



永遠の桃花 第56話 登場人物

白浅青丘の東荒女帝。夜華と婚約している。別名:司音 素素
夜華天族の皇太子で、白浅の許嫁。
鳳九白浅の姪。東華のことが好き。
東華最も尊い神仙。
墨淵白浅の師匠。擎蒼を封印し元神が離散していたが、目覚めた。
離鏡翼王。
擎蒼7万年前墨淵に封じられた、当時の翼王。離鏡の父。
折顔十里桃林に住む上神。白家と仲良し。
白真白浅の兄。
央錯天君の第一王子。夜華の父。
楽胥央錯の妻。夜華の母。

永遠の桃花 第56話 詳しいあらすじ【ネタバレ有】

「驚いたか。元神げんしんの私が無理でもこの方天画戟ほうてんがげきならお前を殺せる。離鏡りけい、覚悟しろ」
擎蒼けいそうは離鏡に攻撃を放った。

「よき息子のおかげで、かくも早く東皇鐘とうこうしょうを出られた。助かったぞ。お前を殺せば私は十数万年分の仙力を得られる。今こそ積年の恨みを晴らす時だ。息子のお前に裏切られようと、元神げんしんである私が己の体に戻れば東皇鐘とうこうしょうを出て紅蓮業火ぐれんごうかで天地を滅ぼせる」

離鏡りけいとその配下は擎蒼に殺され、黒い煙となった。

擎蒼けいそうは煙を赤黒い玉に変え飲み込むと、高笑いをした。

翼界の者たちは紅蓮業火ぐれんごうかを見て擎蒼けいそうが戻ったことを知り喜んだ。

鳳九ほうきゅう東皇鐘とうこうしょうに向かっていったが、あっけなく弾き飛ばされ東華とうかに抱き留められた。

素錦そきんと共に若水じゃくすいに到着した司命しめいに、白浅を呼ぶよう東華とうかは命じた。

白浅は狐狸洞こりどうの中で酒をあおっていた。

「皇太子殿下が狐狸洞こりどうの前から一歩も動きません」
迷谷めいこくは白浅に報告した。

「その名をまた口にすれば、たたきのめすわよ」
白浅は迷谷めいこくに言った。

外は赤い光と雷が轟いている。

「外はどうしたの?」
「私も存じません」

「まだ外にいるの?」
「はい。ずっと雨に打たれています」

若水じゃくすいの河畔では、鳳九が東華の腕の中でぐったりしている。

「今日私たちがここで死ねば、天も邪魔しないはず」

「私がいるかぎり、そなたは死なない。一時しのぎにすぎぬが、私のわずかな仙力で封印する。そなたはすぐ去り、叔母や叔父のもとに行け」

「いやです。行きません」
「馬鹿を言うな」

「私は本気です。帝君と生死を共にします」

「私は自ら婚姻の縁を絶った身だ。そなたと一緒になれば戦乱の世を招き衆生が苦しむ。われらも結ばれぬ。そたは並みの女子おなごはない。未来の女帝だ。ふざけるでない」

「ふざけてません。あなたが死ねば私も死にます。あなたが擎蒼けいそうを討てるなら、私だって止めません。でも今のあなたが戦っても無駄死にするだけです」

東華が東皇鐘とうこうしょうに向かっていこうとするのを鳳九は抱きついて止めた。

「だめよ」
「放せ」
「なら私を殺して」

鳳九は必死に東華にしがみついた。

その時擎蒼けいそうの声が響いた。

「今日は天下の衆生をことごとく葬る。誰も逃げられんぞ」
擎蒼けいそうは術を放った。

河畔にいた天兵たちは攻撃を受けた。

鳳九は東華とうかを守ろうとして、背中に擎蒼けいそうの攻撃を受けてしまった。

鳳九は意識を失い口端から血を流した。

狐狸洞こりどうの中では迷谷めいこくが白浅を説得していた。

「ひと目だけでもご覧になっては?」
「無理だわ」

その時「白浅様、若水じゃくすいの河畔でゆゆしきことが」という司命しめいの声が響いた。

司命は狐狸洞こりどうの入り口で叫んだため、入り口にいた夜華は司命に事情を尋ねた。

白浅も狐狸洞こりどうの中から出てきて、司命に駆け寄った。

「もう出たの?」
「恐らく間もなくかと」

白真はくしん兄上を若水じゃくすいに呼んで」

白浅は迷谷に命じると駆けだしていった。

夜華は白浅の腕を掴もうとしたが、白浅は夜華の手を振りほどき行ってしまった。

夜華も白浅の後を追った。

白浅は若水じゃくすいに着くと、東皇鐘とうこうしょうの前に飛んでいき擎蒼けいそうと対峙した。

司音しいん、お前か」

「そのとおり。お前を封印して300年。もう出てくるとは」

「お前と墨淵ぼくえんを待っていた。私を7万年余りも閉じ込め追って。お前ら師弟の命を取りこの恨みを晴らす」

「大口をたたくな」

白浅が擎蒼けいそうと舌戦を繰り広げていると、遅れて到着した夜華が白浅を神器で縛り河畔に引き戻した。

「この神器は何?ほどいて」
白浅は夜華に言った。

「そなたでは勝てない。私が」
修為しゅういがないのにどう戦うと?」

「白浅を頼む」
夜華は司命に白浅を託し、東皇鐘とうこうしょうめがけて飛んでいった。

擎蒼けいそう、戦いたければ出てこい」

墨淵ぼくえんか、ついに来たな。お前は墨淵ぼくえんではないな」

「天族の皇太子、夜華だ」

擎蒼けいそうは東皇鐘から出て夜華に攻撃を開始した。

夜華は擎蒼けいそうの方天画戟を剣で受け止め、2人はにらみ合った。

若水じゃくすいの河畔に翼族の兵が到着し、天兵に斬りかかっていった。

白真はくしんが到着し、翼族の兵たちを蹴散らしていく。

上空では擎蒼けいそう夜華やかが戦い始めた。

二人の力がぶつかり合っている。

お互いに一歩も譲らない中、夜華は力を緩めた。

擎蒼けいそうの斧が夜華の胸に刺さった。

夜華は擎蒼けいそうを払いのけると、自分に刺さった斧を引き抜き擎蒼に投げた。

擎蒼けいそうが斧を受け止めようとしたところに夜華やかの攻撃が命中し、擎蒼けいそうは地面にたたきつけられた。

翼族の兵が擎蒼けいそうに駆け寄った。

夜華も傷を負い降りてきた。

白浅はくせんは夜華に駆け寄った。

「こんな若造に負けるなど納得できん。7万年前の傷が癒えていないうえ、今日はあの親不孝者に傷つけられ力を出せなかった」

擎蒼けいそうは言った。

「お前の負けだ」
夜華は言った。

修為しゅういを失っている夜華が勝てるとは」
白真はくしんは呟いた。

擎蒼けいそうは地面に倒れた。

すると東皇鐘とうこうしょうが赤く光りどんどん大きくなっていく。

擎蒼けいそうの笑い声が響いた。

擎蒼けいそう何をした」
夜華は叫んだ。

「私はただこの7万年の間に己の命と東皇鐘とうこうしょうを一体にしただけだ。私が死ねば東皇鐘とうこうしょう紅蓮業火ぐれんごうかを放つ。お前たちは私の道連れになるのだ」

擎蒼けいそうは高笑いをして、バタリと倒れた。

強い風が吹き、翼族の兵も天兵も東皇鐘とうこうしょうに吸い込まれ始めた。

夜華は東皇鐘とうこうしょうめがけて飛んでいった。

白浅は夜華の後を追おうとしたが、白真はくしんに止められた。

夜華やか、だめよ。戻ってきて」
夜華は叫ぶ白浅を一目見て、東皇鐘とうこうしょうの中に入っていった。

青白い光が周囲を覆い、夜華が落ちてくる。

白浅は夜華の所に飛んで行って抱き留めた。

「泣くな。私は平気だ。こんな傷はなんでもない」
白浅は夜華に口付けた。

夜華はせき込み血を吐いた。

「しっかりして。夜華、大丈夫?…まだ若造のくせに、そんなに強がることないわ。正直に言って。死んじゃうの?夜華」

墨淵ぼくえんが目覚めた。一緒になるがいい。墨淵ぼくえんはよくしてくれる。きっと私よりもな。これで安心だ」

「だめよ」
夜華は白浅の頬に手を伸ばした。

「私が今生愛したのは、そなただけだ。私を忘れないでほしい。頼む、忘れないでくれ」

「いやよ、夜華死なないで。頑張って。今師匠のもとに連れていく。師匠が必ず救ってくれるわ。夜華、死んじゃだめ。お願いだから死なないで。分かった?死んだりしたら折顔せつがんからまた忘れ薬をもらってあなたを忘れる。誰とも一緒にならないし、二度とあなたを思い出さない。聞こえた?」

「それもいい」
「なぜ…」

夜華の頬を涙が伝い、夜華は目を閉じた。

夜華やか、逝かないで。夜華、目を開けてちょうだい」

白浅は上空で夜華を抱きしめ続けた。

司命しめいは天宮に駆け戻り、天君に報告した。

擎蒼けいそうが封印を破り、天地を滅ぼそうとしたため皇太子殿下が元神げんしん東皇鐘とうこうしょうを封じました」

「何だと、夜華が?」
天君は立ち上がった。

「封印が解けるのは7万年後のはずだ」
央錯おうさくは言った。

「なぜか皇太子殿下はとうにご存じだったようです。ただ、まさかこれほど早くに…」

司命の話を聞き、楽胥らくしょは倒れた。

崑崙虚こんろんきょ墨淵ぼくえんは、誰かが元神げんしん東皇鐘とうこうしょうを封印したのを感じ取った。

白浅は若水じゃくすいの河畔に座り夜華を抱き、結界を張って2人で中にいた。

2人の周りには東華、鳳九、白真はくしんをはじめ天兵たちも集まっているが、白浅はくせんには見えていないようだ。

東皇鐘とうこうしょうの封印が解けて天地が焼き尽くされても私たちは絶対にはなれない。なぜ私を残して逝ったの、夜華。どうして私を捨てたのよ」
白浅は呟いた。

「白浅は頑固だ。このままでは命を落とす。どうすればいい」
白真はくしんは折顔に相談した。

「分からん。かつては己の師匠、今度は未来の夫だ。白浅の一生は、常に死と別れが付きまとう」

「そうだな。夜華との婚儀が間近だったのに」

「上神、天君の命で皇太子殿下を引き取りにまいりました。どうか力をお貸しください」
天君の遣いは、折顔せつがんに助けを求めた。

「戻れ。白浅は皇太子殿下を抱いて一生ここにいる気だ」
折顔は言った。

鳳九は結界に触れながら白浅に話しかけた。

「叔母上、いくら嘆いても、死んだ者は帰ってきません。叔母上には、私や叔父上たち、青丘の民もいます。叔母上、どうか返事を。私も胸が潰れる思いです。叔母上」

鳳九は結界を叩いているが、白浅は微動だにしない。

茫然とした表情のまま夜華やかを抱いている。

墨淵ぼくえんが到着した。

「どうですか」
墨淵ぼくえん東華とうかに尋ねた。

「そなたの弟子は情が深くお手上げだ」
東華とうかは言った。

「司音」
墨淵ぼくえんが白浅に声をかけると、白浅はくせんは結界をといた。

「師匠でしたか。夜華を救えますよね。師匠も生贄になりながら戻られた」
白浅は墨淵に尋ねた。

墨淵ぼくえんは夜華の呼吸を確かめた。

司音しいん、棺を用意し、夜華を逝かせよう」
墨淵ぼくえんが言うと、白浅は目に涙をため首を横に振った。

「冗談はおやめください。私は待てます。7万年どころか、たとえもっと長くても」

「もう息がない」

「かつて師匠も元神げんしん東皇鐘とうこうしょうを封じた。皆師匠は死んだと言ったけど、戻ってきてくださいました。夜華も戻ってきます。絶対に戻ります」

「待つとしても、このような場所では夜華もゆっくり休めない」

「ごもっともです。私は夜華に約束しました。青丘の狐狸洞こりどうに閉じ込めると。日々会えるのは私だけ。青丘に帰ります」

白浅は真っ白な顔で涙を流している。

「行きなさい」
白浅は夜華をつれ消えた。

「行け」
東華とうかに促され、鳳九は白浅の後を追った。

狐狸洞こりどうの前には天族の使者が数十名集まっていた。

迷谷は狐狸洞こりどうからでてきて、使者たちの前にひざまずき話し始めた。

「ここは歴代の君主の住まいで、白浅はくせん様は青丘の東荒とうこう女帝です。青丘の掟は多くありませんが、女帝の住まいには誰も入れられません」

「ならばどうすればいい」「弱ったな」
使者たちの間にざわめきが起こった。

「確かに白浅様は女帝で皇太子殿下の許嫁だ。しかし皇太子殿下は九天の世継ぎだったお方。ゆえに天君のめいで仙体を引き取りに来たが、白浅様は…。われらも途方に暮れておる」「皇太子殿下を引き渡すよう説得してほしい」

使者田たちは迷谷めいこくに頼んだ。

「白浅様は先ほど誰も入れるなと仰せでした。お戻りに」
迷谷は使者たちに揖礼ゆうれいした。

「そう言われても」「申し開きが立たん」「もう10日になる。ひとまず天宮に戻ろう」
使者たちは相談を始めた。

迷谷めいこく狐狸洞こりどうに入り、折顔に相談した。

「このままだと白浅様は体を壊します」

「あとで処方を渡す。調薬したら白浅に飲ませ、少し眠らせよう」

「では準備を」
迷谷は奥に向かった。

天宮では素錦そきんが天君の前で泣きながらひざまずいていた。

素錦そきん、なぜ東皇鐘とうこうしょうの異変を直ちに知らせなかった。お前のせいで援軍を送れず夜華は犠牲になった。罪を認めよ」

「あの時、上神が大勢いたので、余計なまねを控えたのです。私など何の役にも立ちません」
素錦は答えた。

「その昔、お前の一族は天族のためにいささかも躊躇せず命を捧げた。だがお前はまるで両親に似ておらぬ。心底失望したぞ」

「天君、このたびだけはお目こぼしを。どうかお許しください」
素錦は土下座した。

「天族の掟に従い素錦そきんを九天から落とせ。永久に追放する」

天君の命で素錦そきんは引っ立てられていった。

「白浅は高貴な身分ゆえ、私が遣わした者は強く出られぬ。帝君に頼んでもよいか?夜華を引き取ってくれ。息子2人も送る」
天君は東華に頼んだ。

「私も夜華やかの最期を見ました。あの時…。分かりました。殿下たちと青丘を訪ね説得してみましょう」

「私も行きます」
楽胥は名乗り出た。

「見てみたいのです。どうすれば白浅はくせんは息子を返してくれるのかを。私の哀れな息子」
楽胥は泣き始めた。

東華とうか一行が狐狸洞こりどうに到着し、白浅はくせんは面会した。

「白浅上神、たっての願いがあるのだ。夜華を思う気持ちは分かる。ただ夜華の両親は死んだわが子にいまだ会えず、天君も寵愛する孫を失い嘆き悲しんでいる。年老いた祖父が、十数日も己の孫の亡骸を見られない。どう考えても道理に合わないだろう」

東華とうかは白浅に言った。

「つまり、皆さんは夜華を連れて行くと?」

「いかにも。夜華の両親が玄晶氷棺げんしょうひょうかんを用意した。夜華の亡骸を天族の聖地、無妄海ぶぼうかいに葬るためだ」

夜華やかは渡せません。青丘に連れて帰ると約束しましたから」
白浅が話すと、楽胥らくしょが白浅に近づいた。

「あなたが素素そそだったことを知ってから、私の心はずっと落ち着かなかった。やはり不安が的中したわ。夜華は罰当たりなことでもしたのかしら。2度もあなたに奪われた。あなたが素素そそだった頃、夜華はあなたのため皇太子の座を捨てようとした。その後素錦そきんとの一件で、あなたは両目を償うことになった。本来なら雷刑も受けるはずが、結局目を失っただけ。夜華が代わりに雷刑を受けたのよ。しかもあなたが誅仙台ちゅうせんだいから飛び降りたりしたから、夜華も後を追ったわ。あなたにとっては上神になる試練。でも夜華は?あの子はあなたのせいで辛酸をなめてばかり。あなたは夜華のために何かしてくれた?何もしていない。なのに臆面もなく夜華を独占し、あの子が死んだら亡骸さえ我が物にした。答えてちょうだい、白浅はくせん。なぜなのよ」

「やめよ。擎蒼を討ち、元神げんしん東皇鐘とうこうしょうを封じた息子は世のために死んだとして天君に賞された。楽胥は興奮しただけだ。どうか気にしないでくれ。だが息子は返してくれ。上神は息子の許嫁だが婚儀はまだだ。亡骸を独占するのは筋が通らない。息子は天族の皇太子だった。天族には絶対の掟がある。亡骸は無妄海ぶぼうかいに葬らねばならない。どうかわれらに引き取らせてくれ」

央錯おうさくは白浅を説得して…?

お尻ニキビ×シミ


感想

若水じゃくすいで天兵たちがハラハラと東皇鐘を見守り力を送る中、帝君と鳳九は2人の世界に入ってて、ちょっと面白かったです。
さすがラブ史劇だなと(褒めてます)。

離鏡様がお亡くなりに(´;ω;`)
修為しゅういを失った夜華が擎蒼けいそうを倒せたのは、事前に離鏡りけい様が命を懸けて擎蒼けいそうの力を奪おうとしてくれたからのようです。

だけど、擎蒼は離鏡様の力を吸収して十数万年分の仙力を得たのではなかったのでしょうか?
離鏡様はそうならないようにしてから、逝かれたのでしょうか。
全身の血で擎蒼をおびき寄せてたから、離鏡様の体にはほとんど何も残っていなかったのか?
どうなんでしょう。

離鏡様と夜華やか、白浅を生涯かけて愛した2人の男が力を合わせて擎蒼を倒したのでした。

白浅は夜華の亡骸を狐狸洞こりどうに連れて帰り、帝君たちが返してほしいと交渉に来ました。
夜華は死んじゃったんですか?
墨淵上神の時みたいに、白浅がしんの血で仙体を守ってればいつか元神げんしんが戻ってくるんですか?

どうなんでしょう。
もし墨淵ぼくえんのように帰ってくるなら楽胥様だって白浅に託しておいた方がいいと思うのですが。
もう無理なのでしょうか(´;ω;`)

永遠の桃花~三生三世~ DVD-BOX3 [ ヤン・ミー[楊冪] ]

価格:15,840円
(2021/2/20 21:34時点)
感想(3件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました