永遠の桃花~三生三世~第55話 心乱れて

第55話 心乱れて永遠の桃花

永遠の桃花 第55話 あらすじ

天宮に戻った夜華やかは、桑籍そうせき元貞げんてい連宋れんそう素素そそを集め正殿に向かい素錦そきんの悪行を断罪した。天君は素錦の仙籍を奪い、若水じゃくすいを見張らせた。白浅はくせん狐狸洞こりどうを閉鎖し、夜華と会おうとしなかった。夜華は白浅を待ち続けた。離鏡りけい擎蒼けいそうが自分たち兄弟にかけた術を利用し、擎蒼けいそう元神げんしんをおびき寄せていた。離鏡は己の全身の血を使い擎蒼の元神をおびき出すことに成功した。

お尻ニキビ×シミ


永遠の桃花 第55話 登場人物

白浅青丘の東荒女帝。夜華と婚約している。別名:司音 素素
夜華天族の皇太子で、白浅の許嫁。
鳳九白浅の姪。東華のことが好き。
東華最も尊い神仙。
素錦7万年前の戦で滅びた素錦族の生き残り。夜華の両親に育てられた。
離鏡翼王。
擎蒼7万年前墨淵に封じられた、当時の翼王。離鏡の父。
折顔十里桃林に住む上神。白家と仲良し。
白真白浅の兄。

永遠の桃花 第55話 詳しいあらすじ【ネタバレ有】

天宮に帰った夜華やか司命しめいが待っていた。

「なぜ私が戻ると?」
「運命簿で見て、恋煩いで早世なさることを知りました。大変な事態になったのでお越しください」

「何事だ」

白浅はくせん上神が洗梧宮せんごきゅうに乗り込み素錦そきん様の両目を奪い姿を消しました。そして鳳九ほうきゅう様が来て素錦様と激しい口論を。素錦様は白浅上神を陥れたというのです」

話を聞いた夜華は白浅の所に行こうとしたが、司命しめいは「この件を解決せねば」と夜華やかを止めた。

「そうだな。では3人を呼んでくれ。私の叔父2人と元貞げんていだ。…あと人間界で私の侍女だった人形の素素そそも」

「では今すぐ」
司命の手配で4名が夜華の前に集まった。

「今日、元貞げんていの無実の罪を晴らします」
夜華は言った。

「やめよう。元貞げんていは白浅上神に守られて無事に人間界から帰ってきた。潔白は証さずともよい。元貞が罰せられた真の理由は、私が北開水君すいくんに降格されても少辛しょうしんを愛し、天君の怒りを買ったからだ。実に親不孝なことをした。息子が理不尽な目に遭っても致し方ない。気持ちだけ受け取る」

桑籍そうせきは言った。

「しかしこの件をうやむやにすれば、元貞げんていは再び理不尽な目に遭うかもしれません。それでもよいと?」

「それは…」

「兄上、夜華の言うとおり白黒はっきりさせるべきだ。さもなくば元貞が不憫すぎる」

連宋れんそうも桑籍を説得した。

「分かった。ではどうすればいいか言ってくれ」

夜華は元貞に真実を話すよう言い、裁きの場である正殿に向かった。

夜華やか、必ず私の味方をして。お願い」
素錦そきんは夜華の足にしがみつき、訴えた。

「安心せよ。私は今日そなたのために来たのだ」
夜華は言った。

「素錦様」
「誰よ」
素素そそです」

夜華の用意した人形の素素は素錦の側にひざまずいた。

「あなたなんか知らないわ」
「素錦様」

「私の名を呼ばないでよ。どこか行って。早く立ち去りなさい」

一同は素錦の様子を固唾をのんで見守っている。

夜華は素素にかかった術をといた。

素錦の手の中に木彫り人形が現れた。素錦は人形を払いのけた。

司命しめいは木彫り人形を天君に提出した。

夜華やか、どういうことだ」
央錯おうさくは夜華に説明を求めた。

「素錦は人形で私を誘惑しようとしました。掟に従えばいかに罰するべきでしょうか」

「妖術で皇太子を惑わした者は、仙籍を奪われ畜生道に落ちる」

「私はそんな人形を作ってません」
素錦は訴えた。

「私は元貞げんていの冤罪を晴らすために参りました。…元貞、あの日のことをありのままに述べよ」
桑籍は訴え出た。

「私は本当に潔白です。天君の誕生祝いで天宮へ来た日、拝謁に行った父上を待っていると素錦様が来て“天君は洗梧宮にいる”と。私は洗梧宮に導かれ、仙術で眠らされてしまい目覚めた時には素錦様が私に辱められたと叫んでいました。私はぼう然として座り、素錦様が白綾を梁に掛けた時天君がお越しに。これがあの日の真実です」

元貞げんていは順序だって話した。

「よろしい。誠に明快だ。素錦、何か反論することは?」
東華とうかは素錦を見た。

「でたらめです。元貞げんていは泥酔して私の寝殿に押し入り、私を辱めようとしました。元貞を信じぬよう」

素錦は泣きながら言った。

元貞げんてい、あの日は何度目の参内だ」
「初めてです」

「素錦いわく初めて九天に来た者が容易に洗梧宮を見つけ、さらにそなたの寝殿を探し乱暴を働いたと?」

「私はその…」

「口実が見つからねば黙っておれ。楽胥らくしょ様に伺いますが、天君の孫を陥れた者への罰は?」

「仙籍を奪い畜生道に落とす」

「白浅上神との件を裁く前からすでに重罪人だな」
東華とうかは言った。

「いいえ。帝君まったくのぬれぎぬです。白鳳九と結託して私に罪を着せる気ですね」

「黙れ」
天君は認めようとしない素錦に言った。

「どうか私をお守りください。この者たちは卑劣すぎます。信じてはなりません。この者たちは示し合わせて私を陥れてるのです」
素錦は天君の声のする方に這っていった。

「つまり私も卑劣な者たちの1人だと?側室たる者が己の夫を侮辱した。これはいかなる罪だ」

夜華は一歩前へ出た。

「その罪は極めて重い。先の2つの罪を超える。素錦そきん覚悟しておけ」
東華は言った。

夜華やか、助けてちょうだい。お願いよ。夜華、なぜこんなむごい仕打ちをするの。私たちは共に育った仲でしょ。さっきは興奮して間違えただけよ。他の者と一緒に私を陥れないで」

「皇太子たる者誰かの肩を持つことはない。仮にそうならば、側室のそなたに味方する」

「嘘よ。あなたは私に味方してくれたことなどない。いつも私を邪険にしてきた。私がどれほど尽くしても、あなたは少しも応えてくれない」

「まだ続けますか?高潔な白浅上神と悪事を重ねてきた女。裁きを続ければ、青丘の恨みを買うやも。この女を信じて上神を辱めたと」

東華は天君を見た。

「裁きを続ける必要はない。素錦そきん、そなたにはまったく失望したぞ」

「二度と悪事を働けぬよう直ちに素錦を罰してください」
央錯おうさくは素錦の育ての親として天君に願い出た。

「賛成です。異存はございません」
支族長たちも央錯おうさくに賛成した。

「そんなふうに私を見捨てないでください。お忘れなく。私は九天の皇女なのですよ。…私の両親を忘れたのですか。私の一族が犠牲になったから皆さんは助かったのに」

素錦は支族長たちにすがりついた。

「なんてざまだ。一族の面汚しめ」
支族長は素錦そきんを払いのけた。

素錦そきん、そなたは忠臣の遺児ゆえ人形で皇太子を惑わした罪は免じよう。だが元貞げんてい白浅はくせんとの件はうやむやにはできぬ。今日すぐに若水じゃくすいへ発つがよい」

素錦は引っ立てられていった。

夜華やか、白浅との婚儀はもう引き延ばせぬ。私が狐帝こていに会って日取りを決め白浅を九天に迎えよう」
天君の言葉を夜華は畏まって聞いた。

「皇太子殿下にお喜び申し上げます」
正殿に集まった者たちは夜華を祝福した。

正殿から出て行く夜華を楽胥らくしょは追いかけた。

「驚いたわ。白浅が300年前の人間の素素そそだったなんて。青丘と天族のためそなたは娶らざるを得ない。でも…。やはりそなたが気の毒だわ。婚儀の日取りについて希望はあるの?」

楽胥は夜華の手を取った。

「9月2日です」
「9月2日?」

「白浅いわく、何をするにも縁起がよい日なのです。母上、ご心配なく。過去がどうあれ白浅こそ私の運命の相手です。他の女子おなごは娶りません」

「それでは、準備を進めるわ」

夜華は微笑んだ。

東華と鳳九は正殿に最後まで残っていた。

「どうした。まだ何か?」
「1つ伺いたいことが」

「何だ」

「もしも、帝君が三生石さんしょうせきの己の名を削らなかったら、私を愛しましたか?」

東華は鳳九の質問には答えず歩き出した。

「答えてください」
「問いに答えるとは言っていない」

東華は一度歩みを止めたが、再び歩き出した。

鳳九は後をついて行く。

「なぜついてくる」
「答えてくれるまで離れません」

「勝手にせよ」

「今日から狐狸洞こりどうを閉鎖する。誰も入れないで」
白浅は迷谷めいこくに命じた。

夜華が狐狸洞こりどうに行くと、迷谷めいこくが出てきた。

「白浅様は深酒をして眠っています。白浅様のめいで誰も中に入れられません」

「言づけを頼む。会ってくれるまでここで待っていると」

迷谷は狐狸洞の中に戻っていった。

翼界では、祭壇ができあがったとの報告が、離鏡のもとに入った。

まだ擎蒼けいそう東皇鐘とうこうしょうから出てきていない。

離鏡りけいは満足げにうなずいた。

翼界の森の中では離鏡に不満を抱く兵たちが集まっていた。

「7万年前、なぜ同胞が大勢戦死した。天族のせいだ。翼界で一番の美女や極上の美味も献上した。考えてみろ。先王がいた頃、こんな屈辱を受けたか?…天を見ろ。この赤い雲は真の翼王が戻ってくる兆しだ。先王が紅蓮業火ぐれんごうかと共に戻られ天族を討ち天下を奪う。翼王は退位しろ」

反乱軍の首領が演説すると、配下たちは「翼王は退位しろ」と口をそろえて叫び出した。

離鏡りけいは自分の配下に、逆賊から大紫明宮だいしめいきゅうを守るよう命じ、祭壇に上って行った。

『父上はわが子を仙力を増す“駒”にした。裏を返せば、俺の血で父上の元神げんしんを呼び寄せられる。大紫明宮だいしめいきゅうに戻ってこい。俺と決着をつけよう。俺の母も兄もすでに死んだ。俺たち父子はすべてを終わらせるべきだ』

離鏡は祭壇に設けられた溝に、自分の血を流した。

東皇鐘とうこうしょうの中の擎蒼けいそうは自分の身に異変を感じた。

離鏡りけい、この親不孝者め。己の血で私の元神を呼び寄せるとは。7万年前にお前を殺しておくべきだった」
擎蒼けいそうは叫んだ。

若水じゃくすいの地仙が東皇鐘とうこうしょうの異変を感じ河畔に出てきたところに、素錦が天兵に連れられてやって来た。

「こちらは素錦殿だ。天君にこう直訴なさった。“仙籍を抜けここで修行しながら東皇鐘とうこうしょうを見張らせてほしい”と」

天兵は地仙に素錦を紹介した。

「誠に崇高な精神をお持ちであられる。ではこれにて失礼を」
地仙は姿を消し、天兵は去り、素錦は河畔に残された。

天枢てんすうは見回りから戻り、帰っていく天兵と出くわした。

「あれは素錦様では?」
天枢てんすうは尋ねた。

「はい。訳は存じませんが、両目を失っており天君の命で魚眼をはめ込みました」
「夜華様は?」

「青丘におられます」

「青丘?婚儀の相談のため白浅様を訪ねたのだろう。ではもう戻れ」
「はい」
天兵は戻っていった。

夜華は狐狸洞こりどうの前でずっと立っていた。

『夜華、愛してるわ。心から愛してる。永遠に一緒にいたい』
『あの頃、自分の気持ちが分からなかった。あの話は気にしないでね。愛し合ってる以上、破談にするわけないわ』

白浅に言われた甘美な言葉が夜華の脳裏に浮かぶが、待ち続ける夜華の表情は暗い。

白浅は狐狸洞こりどうの中で酒を飲んでいた。

「白浅様、皇太子殿下がもう7日も外でお待ちです。命じられたとおり、私は皇太子殿下さえ中に入れていません。ただ殿下は去る気がまったくないようです。私も対処に困っています。どうしますか」

困り果てた迷谷が尋ねると、白浅はふらふらと立ち上がった。

『夜華、300年前、素錦への仕返しで私を娶ったの?本当に私を愛したことが?もしあるならどのくらい愛してた?私が自害しなければ心から喜んで素錦そきんを娶った?今、私によくしてくれるのは300年前のことが後ろめたいから?何もかも私の推測どおりなら…』

白浅は迷谷めいこくの問いには答えず一人で考え続けている。

「皇太子殿下にお会いになりますか?」

「会わない。伝えておいて。二度と青丘に来るなと。明日天君に破談を申し出る」
白浅は倒れるように寝台に座り、酒を飲んだ。

迷谷めいこくは夜華のもとに向かった。

「皇太子殿下、白浅様は…」
「会わないと?」

「泥酔して私の問いに答えてくれないのです。白浅様が目覚めたらお知らせするので、ひとまず帰られては?」

「ここで待つ」
雷が鳴り空は雲に覆われ始めている。

「では傘を持ってきます。雨が…」
「必要ない」

「これにて失礼します」

迷谷めいこく。…もう一度言づけを。…私が人間界に行く前白浅はくせんはこう言った。もし私に女ができたら私を狐狸洞こりどうに閉じ込めると。では私が人間界で哀れな娘を侍女にしたことも裏切りだとすれば、約束どおり私を閉じ込めるのかと」

「はい。必ずお伝えします」
迷谷は狐狸洞の中に入っていった。

夜華は願うように目をつむった。

「白浅様、皇太子殿下からの言づけです。殿下に女ができたら狐狸洞に閉じ込めると白浅様は言いました。では哀れな娘を侍女にしたことも裏切りだとすれば、約束どおりにするかと」

白浅は酒瓶を床に投げつけ割った。

「しないわよ。あんな話はなかったことに。追い払って。二度と会わないわ」
白浅は酔ってふらふらしながらも、激高し泣きながら叫んでいる。

「白浅様、ご冷静に」
「出ていって」

迷谷は足早に立ち去った。

夜華は狐狸洞こりどうの外で雨に打たれていた。

「古傷を抱え修為しゅうい(修練を積み得た仙力)も失ったお体に冷えは禁物です」
伽昀かいんは夜華に傘をさした。

「傘をどけろ。どけるのだ」
夜華は怒鳴った。

伽昀かいん折顔せつがん白真はくしんに助けを求めに十里桃林に行った。

「7日間も立っているのか」

「はい。白浅様をおいさめください。夜華様はかつて、墨淵ぼくえん上神に丹薬を作るために腕も修為しゅういも失い危篤に陥りました。辛うじて助かりましたが、このままでは本当に早世なさるやも」

「やめろ。私の義弟を呪うな」
「では白浅様をいさめると?」

「いやそれは無理だ」
白真は言った。

「なぜですか」
伽昀かいん、まだ独り身だろう」
折顔は伽昀かいんを見た。

「はい」

「痴話げんかは当人しか解決できない。他の者が割って入ればかえってこじれてしまう」

「いかにも」

「実の息子でさえいさめられない。つまり、待て」

「待つ?」

「白浅が納得するまでな。女帝はそう簡単に娶れないぞ。白浅は5人兄妹の唯一の妹だが、強情と言ったらない。しかも上神だ。両目を奪われたなど自尊心が許さない。だが数日で吹っ切れる」

「このままなら?」
「それはない。夜華を深く愛している」

「承知しました。失礼します」
伽昀かいんは帰っていった。

鳳九は太晨宮たいしんきゅうの門で東華を待ち続けていた。

東華は司命しめいと話している。

東皇鐘とうこうしょうの様子は?」

若水じゃくすいの河畔では数十日も豪雨が続いています」

「どこに問題が起きたのだ」

「皇太子殿下に尋ねては?従者を若水じゃくすいに送っていたので何かご存じやも」

「今どこに?」
「青丘です」

「なるほど。しばらく許嫁に会えず恋しくて仕方なかったのだな。…やはりこの目で一度見てこよう」

出かける東華とうかの後を、鳳九はついて行く。

「司命。…何が起ころうと、鳳九を守れ」
東華は司命に命じた。

離鏡は祭壇の上で擎蒼けいそうを呼び続けていた。

『父上、もがくな。あんたが7万年前起こした戦のせいで衰退した翼界に戻ってこい』

「親不孝者め。私に殺されたいのか」
擎蒼けいそう東皇鐘とうこうしょうの中で抵抗している。

東華とうか若水じゃくすいに到着した。

若水じゃくすいが激しく波打ち黒雲も垂れ込めました」

天枢てんすうは東華に報告した。

「今の私の仙力では東皇鐘とうこうしょうの様子を探れない。だが恐らく、擎蒼けいそうの元神はすでに固まりじき東皇鐘とうこうしょうを出る」
東華は言った。

追魂ついこん術を使えば様子を探れますが、私には使えません」
東華は司命に折顔を呼んでくるよう命じた。

「帝君、私は使えます。…昔叔母上や折顔せつがんから教わりました。帝君が仙力を失ったのは私のせいなので、私がやるべきです。行かせてください」
鳳九は名乗り出て、東皇鐘とうこうしょうに向かって行った。

鳳九は追魂ついこん術を使った。

元神げんしんがありません。…私の力不足かも。もう一度確かめます』
鳳九は東華に伝えた。

離鏡りけいはついに擎蒼けいそう元神げんしんを召喚することに成功した。

離鏡は擎蒼けいそうと対面した。

「馬鹿者め。私の元神を縛りつけおって」

「父上、元気だったか」
擎蒼けいそうは鎖を振り払い離鏡りけいに向かっていた。

擎蒼は離鏡の体をすり抜けた。

「忘れるな。ここにいる父上は元神で俺に触れられない」

「私の最大の過ちは、お前を殺さなかったことだ」

「違う。“わが子の命を利用し仙力を増やす”それが最大の過ちだ。わが子を“駒”に?お前ほど残酷な父親はいない」

離鏡は剣を取り出した。

「無謀な戦を仕掛け翼族の兵を大勢死なせた。死罪だ。子を駒にするなど、非情すぎる。死罪だ。紅蓮業火ぐれんごうかで天地を滅ぼし衆生を葬ろうとするとは。死罪だ」

離鏡は「死罪だ」と言うたび擎蒼けいそうに向かって剣を振った。

「たわけ者め。父親への恩を忘れたか。お前の体には私の血が流れておる。父親を殺そうとするなど天に背く大罪だ。お前は全身の血を使い私の元神を呼び寄せた。命は長くないぞ」

「そうだな。では今日われら父子はここで心中しよう」

離鏡りけいの剣を擎蒼けいそう方天画戟ほうてんがげきで受けた。

「驚いたか、元神の私が無理でも、この方天画戟ならお前を殺せる。離鏡、覚悟しろ」

擎蒼けいそうは方天画戟で離鏡に攻撃をして…?

コーセー 米肌肌潤美白



感想

白浅は素素そそだった記憶を思い出したことで、素素そそだった頃に夜華やかに抱いていた疑惑に囚われてしまったようです。

素錦そきんが頑張った一人芝居の成果です。
夜華は素錦そきんが天君と結婚してしまったから、その当てつけで素素を娶ったと…。

素素だったころなら、これを信じるのも理解できた。
でも今また?

素錦そきんが性悪だってわかったはずなのに。
その素錦を夜華が愛すでしょうか?
素錦は今となっては夜華の側室だけど、夜華が素錦そきんを娶った経緯とか夜華が素錦のことを何とも思ってないことは白浅はしっているはずでは?(うろ覚え)

冷静な判断ができないくらい夜華のことが大好きと言うことでしょう。

一番可哀想なのは、白浅と夜華の間に入った迷谷めいこくだと思いました。

素錦はついにこれまでの悪行がバレ、断罪されました。
元貞のことはすっかり忘れていましたが、確かに元貞の件はかわいそうです。

髪を下ろしている素錦そきんも可愛かったです。
なんだかいつもより幼く見えました。

永遠の桃花~三生三世~ DVD-BOX3 [ ヤン・ミー[楊冪] ]

価格:15,840円
(2021/2/20 21:34時点)
感想(3件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました