永遠の桃花~三生三世~第54話 よみがえった記憶

第54話 よみがえった記憶永遠の桃花

永遠の桃花 第54話 あらすじ

結魄灯けっぱくとうが割れ、白浅はくせんは自分が素素そそだった記憶を取り戻した。記憶を取り戻した白浅は素錦そきんから目を奪い返した。人間界では照歌しょうかが人生を終え、崑崙虚こんろんきょ夜華やかが目覚めた。素錦は支族長たちを味方につけ、天君に白浅の悪行を訴えようと正殿に向かった。鳳九ほうきゅうも白浅の名誉も守ろうと東華とうかと共に正殿に向かった。

お洒落で人気の花束・ブーケなら【HitoHana(ひとはな)】平均レビュー4.5以上



永遠の桃花 第54話 登場人物

白浅青丘の東荒女帝。夜華と婚約している。別名:司音 素素(素素の記憶はない)
照歌人間界で修練中の夜華。自分が夜華だった記憶はない。
鳳九白浅の姪。東華のことが好き。
東華最も尊い神仙。
墨淵白浅の師匠。擎蒼を封印し元神が離散していたが、目覚めた。
折顔十里桃林に住む上神。白家と仲良し。
素錦7万年前に滅んだ素錦族の生き残り。天宮で育った。夜華の名ばかりの側室。
辛奴素錦の忠実な侍女

永遠の桃花 第54話 詳しいあらすじ【ネタバレ有】

狐狸洞こりどうの中、白浅はくせんは落ち込み泥酔している。

「私のことは忘れても素素そそだけは覚えてると知った。それで分かったの。夜華やかにとって大切なのは私じゃないってね。思い知ったわ。私より素素そそを愛してるってことを。きっと夜華は目隠しをしてる姿があまりにも素素に似てたから、私を愛したのよ」

白浅は胸の内を鳳九ほうきゅうに語った。

「叔母上、皇太子が戻ったら聞いてみてください。もし本当なら破談にしましょう。こんなに苦しむなんて。墨淵ぼくえん上神が逝った時もひどく苦しんだと聞いたけど、今の叔母上を見てると悲しくなります」

白浅は1人にしてほしいと言い、鳳九を退出させた。

白浅は寝台に横になり、部屋の灯りを消した。
しかし結魄灯けっぱくとうだけは消えなかった。

「お前も消してやるわ」
白浅が仙術を使うと、結魄灯けっぱくとうは床に落ち割れた。

結魄灯けっぱくとうから青白い光と煙が出てきて白浅を包んだ。

割れた結魄灯けっぱくとうに触れた白浅の指から血が出て玉を結んでいる。

白浅の体の中に煙が入っていき、残った煙は映像を映し出した。

夜華と素素が人間界で結婚の誓いを立てている。
次には夜華の名を叫びながら雨の中仙障せんしょうから出て行く素素の姿。
天宮で素錦そきん誅仙台ちゅうせんだいでもめたこと、夜華に目を取られたこと、誅仙台ちゅうせんだいから飛び降りたこと。

全てを映し終えると、煙は白浅の中に入っていった。

素素そそ?素素だわ。夜華やか、私が素素なのね?素素は私だったんだわ』
白浅は全てを思い出し、涙を流した。

人間界の照歌しょうかは、青丘の仙人に渡された数珠を見ながら黄昏ている。

照歌の後姿を、離れたところから素素そそが見ていた。

通りかかった使用人は、照歌の姿を見て噂話を始めた。

「憑かれたように青丘せいきゅうとやらをお探しだ。縁談に耳を貸さぬゆえ、大奥様も心労で死んだ」
「道士によると青丘には狐の妖怪がいるとか。照歌しょうか様は妖怪に惑わされたのでは?」

素素はうわさ話ををする使用人を、「口を慎んで」ととがめた。

「そなたは大奥様から照歌しょうか様の夜伽を仰せつかっても断り続けた。見上げたものだな」
使用人は素素に言った。

照歌しょうか様は一途なお方よ。心にあるのは青丘の神仙だけ。私はいない」
素素は言い、照歌の後姿を見つめた。

鳳九は盥と布を持って白浅の様子を見に来た。

「鳳九、九天にいる時、狐の姿になってよく一攬芳華いちらんほうかへ行ってたの?」

「ええ」

「素素は身ごもってたけど、訪ねてくるのはあなただけだった。素素そそが天君に見つかり天宮へやって来た時、脅しに行ったわね?叔母の許嫁を奪ったと思ったからでしょ?」

「なぜそのことを?私と帝君と司命しか知らないはずなのに」

「だって私は阿離ありの母親だもの。素素は私よ」

「叔母上、お酒の飲み過ぎでは?素素のことを気にしてるのは分かります。でも叔母上は神仙で素素は人間なんですよ。素素は素素、叔母上は叔母上です」

「あれは上神に昇格するための愛の試練だった。“素素”は私の修練だった」
白浅は酒を飲み始めた。

鳳九ほうきゅう迷谷めいこくは白浅を心配したが、白浅はしっかりした口調で「やるべきことがある」といい始めた。

素錦に奪われた目を取り返そうというのだ。

「どう思う?取り返すべきかしら?」
白浅は鳳九に聞いた。

「天宮で苦しんだあの素素が本当に叔母上なら、取り返すべきです」
鳳九が言うと白浅は1人で出かけて行った。

「1人では危険すぎる。九天に乗り込む気なら私も行かなくちゃ」
鳳九は白浅の後を追って行った。

白浅は玉清崑崙扇ぎょくせいこんろんせんを湖の底から出し九天に向かった。

南天門の門衛は白浅を止めた。

「青丘の東荒とうこう女帝を邪魔する気?」
白浅が言うと門衛はすぐに白浅を通した。

続いて南天門を通ろうとした鳳九は、門衛に止められた。

「私を知らないの?」
鳳九が言うと門衛は首を横に振った。

「きっと太晨宮たいしんきゅうにばかりいたせいね。いいから通して」

太晨宮たいしんきゅうの名を出せば通れるとでも思うのか?」
門衛は鳳九を阻み続けている。

「早く通して。私は青丘の姫、白鳳九よ」

「青丘の姫?信じられるものか。青丘の女帝に続いて姫までやって来るなど、あまりに偶然すぎる」

「頭にくるわね。よく聞いて。未来の天后てんこうに何かあれば罰を受けるわよ」
鳳九は門衛に言ったが、南天門を通れなかった。

白浅は素錦の宮に行った。

ちょうど辛奴しんどが部屋から出てきたところだった。

白浅は辛奴しんどを身動きできないようにし、素錦の部屋に乗り込んだ。

「ようこそおいでくださいました。夜華様の近況を私に聞くためでしょうか?夜華様でしたら、例の素素そそがお世話をして仲むつまじい様子です」

素錦は白浅を出迎えた。
白浅は素錦の報告を受け微笑んだ。

「それならよかったわ。あなたの気配りのおかげで私も安心よ。だから今日は私も気配りをしに来たの。素錦そきん、私の目を300年も使ってるようだけど、具合はどう?」

白浅の言葉に素錦は動揺している。

「上神…。今何と?」

「どうしたの。使ってるうちに元の持ち主を忘れた?300年前に私は愛の試練に遭い両目を失った。それを思い出したから取りに来たの」

「あなたが…。あなたが、あの素素そそ?」

「その目を自分で取りだす?それとも私がする?」

素錦は足の力を失い床に座り込んだ。

「馬鹿な…。素素ですって?そんなのあり得ない。あり得ないわ」

「自分でやるなら早くして」
白浅は語気強く言った。

「素素は間違いなく人間だったわ。神仙じゃなかった。人間だったもの。そんなのあり得ない」

「人間でも神仙でも関係ない。300年前の私は少し気弱だったようね。お前のような者に目を奪われ罪を着せられたわ」

「私は…」
「どうやら自分で取りだすのは難しいようね」

白浅は素錦の側に行き、素錦に視線を合わせた。

白浅は素錦の顎に玉清崑崙扇ぎょくせいこんろんせんを当て上を向かせた。

「最近祝いごとのせいでお酒を飲みすぎてね。手が震えてるから痛いかもしれないけど、大目に見てね」

「やめて目を取らないで」
素錦は逃げようとしたが、白浅は阻み、素錦は倒れた。

「楽しみだわ。お前はずっと私の前でか弱い女を装ってきた。お前の本性がどんなものか早く見たいの。目を奪われたあの日、夜華は言ったわ。“借りを作れば必ず返すものだ”とね。お前が目を失った理由は互いに知ってる。私の目が今そこにある理由も互いによく知ってる。渡した自分の物を取り返すのは当然のこと。300年経てばお前の物になるとでも?」

白浅は素錦から両目を奪い返した。

「300年前の出来事は、天君が秘密裏に進めた。だから私も秘密裏に取り戻した。お前が私にしたことは2つ。目を奪ったことと、誅仙台ちゅうせんだいでの悪事よ。目は返してもらったけど、もう1つはどうする?誅仙台ちゅうせんだいから飛び降りてみる?または天君に直訴するのはどう?“擎蒼けいそうを封じた東皇鐘とうこうしょうを私の弱い仙力で見張ります。天宮には戻りません”とね」

素錦の目からは血が流れている。

「いやよ。絶対にいや」
素錦は言った。

「うれしいわ。やっと本性を見せてくれた。自分で言わないなら、私が天君に話してあげる。でも私は考えがころころ変わるたちなの。もっと大きな懲罰を天君に願うかもしれないわ。悪には悪の報いがあるものよ」

白浅は去りながら辛奴しんどの縛りを解き、薬王を呼ぶように言った。

辛奴しんど素錦そきんの様子を見に行った。

「白浅め、絶対に許さない」
素錦は興奮し怨嗟の言葉を吐き泣いた。

東華とうかは、夜華が天枢てんすう若水じゃくすいに置いていることから、何かあるのではと警戒していた。

「婚儀を前に翼族を警戒しているのでしょう。若水じゃくすいは翼界との境ゆえ守りを固めているかと」
司命は考えを言った。

「そうとは思えない」

「では東皇鐘とうこうしょうに何かあるのでしょうか?そんな大事なことなら殿下が隠すとは思えません」

「何か理由があって隠しているのやも」
東華は司命しめいを連れて若水じゃくすいに向かった。

鳳九はまだ南天門にいて、司命や成玉せいぎょくも友達だと門衛に訴えていた。

東華は門衛ともめている鳳九を見て、司命に助けに行かせた。

「東華帝君が太晨宮たいしんきゅうでこの方をお待ちだ」
司命が門衛に言うと、すぐに鳳九は南天門を通ることができた。

鳳九は司命に白浅が素素そそだったことを話した。

「割れた結魄灯けっぱくとうが昔を思い出させたの。上神になるための愛の試練だったらしい」
鳳九が説明すると、司命は納得した。

「それで叔母上は素錦に会いに来たの。昔素素そそが素錦を誅仙台ちゅうせんだいから落としたでしょ?…あれはぬれぎぬだったから、目を取り戻しに来たのよ」

「それは一大事だ」
「そうよ。だから今すぐ洗梧宮せんごきゅうへ行かなくちゃ」

鳳九は急いで洗梧宮せんごきゅうに向かった。

素錦そきん辛奴しんどに支えられながら、支族長たちに会いに行った。

支族長たちは、痛ましく血が流れている素錦の目を見て心配している。

「おじ上、私をお助けください。急いで正殿へ」
素錦が支族長にすがっていると、「素錦そきん、待ちなさい」と鳳九が乱入してきた。

「叔母上は?」
「見てのとおり私の目を奪ったわ。天君に訴えてやる」

「ひどい女ね。誅仙台ちゅうせんだいで叔母上にぬれぎぬを着せたくせに。叔母上が自分の目を取り返すのは当然のことよ」

「でっちあげだわ。素素の正体が誰であろうと私には関係ない。あの時私は失明した。人間でも上神でも私に償うべきなのよ」

「何ですって」
「青丘の高貴な生まれってどれほど偉いのかしら?天族の私をいたぶる気?」

「なんて邪悪なの。青丘を中傷するなんて」

「私を殺そうとした女から目を奪って何が悪い?上神なら許されるとでも?言っておくけどここは九天よ。青丘の者がこの私を悪者にできると思わないで、何があろうと白浅に過ちを認めさせる。目を奪い返すわ」

素錦は吠えるように言った。

「素錦よ、いったい何があったというのだ。なぜ青丘の者と争いを?」
支族長は素錦に説明を求めた。

「青丘の白浅が私の目を奪いました。…白浅は素素だったのです」

「この女は大うそつきよ」
鳳九は素錦の腕を引っ張った。

「やめろ。場所をわきまえよ。青丘を後ろ盾に大騒ぎしおって。礼儀知らずめ」
支族長は鳳九を責め、鳳九は勢いを失った。

「今すぐ正殿へ行きます。何もかも天君に話します。たとえ青丘が相手でも道理を通さなくては。大事なのは私の目より天族の尊厳です」
素錦は支族長たちに訴えた。

「案ずるな。天君は分かってくださる。私たちもついている」
素錦は支族長たちと正殿へ向かった。

「天君の前で叔母上を悪者にさせない」
鳳九が行こうとすると、腕を引っ張られた。

「邪魔しないで」
鳳九が振り払おうとすると、そこには東華がいた。

「私と来るのだ」
鳳九は東華の後をついて行った。

白浅は誅仙台ちゅうせんだいにいた。

夜華やか、あなたに分かる?300年前の痛みが昨日のことのようよ。大義とか道理とか、何もかも私を守るためだったとか、そんなのどうでもいい。私が覚えてるのは一攬芳華いちらんほうかでの孤独な夜やわずかな望みさえ少しずつ消えていったことだけ』

白浅は誅仙台ちゅうせんだいの穴を見ながら考えている。

夜華やか、あなたとは一緒になれない」
白浅は呟いた。

白浅は目を持って十里桃林じゅうりとうりんの折顔を訪ねた。

「300年越しで目を見つけたとは驚きだ。だが忘れ薬を飲んでも昔の痛みを覚えていることはもっと驚きだ」

「仙体から取った目は、49日を超えると使えなくなるのよね?」

「この目のことは諦めていたが、神仙が使っていたとは思いもよらなかった」

「私の顔に戻してほしい」

「戻すことはできるが、まずは目についた邪悪な気を取り除く。それまで待て」

「分かった」
「白浅、この目を持っていたのは誰だ」

「話すほどのことじゃない」
白浅は去っていった。

人間界では照歌しょうかが病の床にあった。

素素が照歌を見守っていると、照歌が素素を呼んだ。

「お前を、なぜ“素素そそ”と呼ぶか知っているか?」
「お聞かせください」
素素は泣いている。

「初めて会った時素朴な衣を着ていたからだ。素素、私はずっとある者を待ち続けた」

「知ってます。青丘にいる神仙のことですね」

「そうだ。私が11歳の時会いに来た。私が大人になったら嫁ぐと言っていた。だが現れなかった。神仙は長命らしい。私の短い一生など、神仙には数日にすぎない。どうやら、私はもう待てない」

「照歌様はずっと独り身でした。約束を破ってません」

「責められずに済むな。私が死んだら、亡骸を焼いて灰にし、この数珠と葬ってくれ」
照歌しょうかは数珠を握ったまま目を閉じた。

夜華やかは崑崙虚で目を開けた。

すぐに墨淵ぼくえんが迎えに来た。

墨淵ぼくえんは蓮池に夜華やかを連れて行った。

「夜華、私を“兄上”と呼んでくれ」
「兄上?」

「そなたは父神ふしんの子。私の弟だ。ある事故により眠りについたそなたの元神を、父神ふしん金蓮きんれんの中に入れたのだ。そして父神ふしん金蓮きんれんを私に託し、私はこの池に置き目覚めるのを待っていた。ここで白浅はくせんが修行していた時、金連の世話をするのが好きだった。今にして思えば天意だったのかもしれん。大切にすべきはそなたたち2人の縁だ。私は洞窟に籠もっていたがそなたに会いに来た。十数万年も待っていたのだからな」

墨淵ぼくえんは夜華に語った。

素錦そきんは正殿にたどり着き、支族長たちと共に天君に助けを求めた。

すぐに鳳九を連れた東華とうかも正殿に入って来た。

白浅はくせん上神は私の目を奪っただけでなく、誅仙台ちゅうせんだいで私に陥れられたと言うのです。罰として若水じゃくすい東皇鐘とうこうしょうを見張り、二度と天宮へ戻るなと。そう私に命じました」

素錦は天君に訴えた。

桑籍そうせき殿下の件で借りがあるとは言え、われら天族への横暴を許せるでしょうか?」
「そうです。滅んだ素錦族にも申し訳が立ちません」
支族長たちは素錦に味方し、天君に口添えした。

「待って。素錦の話だけで叔母上を悪者にする気?」
鳳九は口をはさんだ。

「白浅はそそくさと姿を消した。四海八荒しかいはっこう(四方の海と八方の果て)で尊敬される女帝でありながら、こそこそと目を奪い急いで去ったのはなぜだ」
支族長は鳳九に言った。

「天族の面子を守るためよ。世の中に素錦の悪事をばらされてもいいの?か弱い者から夫と目を奪い死に追いやったことをね」
鳳九は言った。

「なんてひどいことを。目を奪われた私を逆に悪者にするなんて」
素錦は訴えた。

「あなたたち天族は、なんて残酷なの。叔母上を傷つけてさらに罪を着せるだなんて」
「無礼な」
天君は鳳九の言葉を止めた。

「私は…」
鳳九はなおも言葉をつづけようとしたが、「確かに無礼だ」と東華とうかが言い、鳳九に視線を送ったため黙った。

「帝君まで素錦の味方をするんですか?」
鳳九は小声で東華に聞いた。

東華はそれには答えず話し始めた。

「この件は双方の話が食い違っている。天君は不愉快かもしれぬが私から意見を申したい。…これは天族と青丘の問題です。かつて素錦は天妃てんひだったゆえ、夫であった天君が口を挟むのはよくないかと。裁きに私情が絡んでいると青丘に疑われます」

「ではどうせよと?」

「誰もが知るように、四海八荒しかいはっこうの主だった私は、あらゆる一族と関わりがない。後宮も持たず俗世を離れている。ゆえに私がこの件を裁けば、世も納得するでしょう」

「しかし帝君と青丘の白鳳九の間には…」
天君は何か言おうとした。

「何です?まだ説明が足らぬと?」
東華は天君を見た。

『“青丘の立場を考え身を退け”ということか。素錦のことは本人の運命に任せるしかあるまい』
東華の視線を受け、天君は考えた。

「今の話だが、私も大いに納得した。ゆえに口を挟まぬことにする」
天君は言った。

素錦そきん、私が青丘の肩を持つとでも思うか?」
東華は素錦に尋ねた。

「いいえ。帝君を信じます」
素錦は答えた。

「そなたらは?私が白浅の肩を持つとでも?」
東華は支族長たちに確認した。

「滅相もない」
支族長たちはそろって答えた。

「では素錦よ、7万年前のことから話し始めるがよい。私は太晨宮たいしんきゅうにいたゆえ何も知らぬ。事の子細を話す機会を与えよう」

東華による裁きが始まった…。

観葉植物の通販No.1 HanaPrime



感想

白浅様無双でカッコよかったです。
青丘に狐の妖怪がいると言った道士。
道士と言うと玉清崑崙扇ぎょくせいこんろんせんを奪おうとした嫌な奴が頭に浮かび、うさん臭さが漂います。
でも照歌を占った道士は本物ですね!
その人に会ってみたい。

鳳九はあっさりと天族の宝である結魄灯けっぱくとうが割れたことを話してますが、これ自体問題になるんじゃ?大丈夫なのか?

今まで天君と私がシンクロしたことはなかったのですが、今回はシンクロしました。
「しかし帝君と青丘の白鳳九の間には…」という天君の発言です。

私もそれ言いたかった。
めちゃくちゃ言いたかった。
素錦姐さんは即答で帝君に裁きを任せてますが、正気?私が素錦なら嫌です。

素錦姐さんが持ってた白浅の目は邪悪な気をまとっているそうです。WOW
素錦そんなに邪悪なんだ…。

何と言いますか、私は今「運命の桃花」を視聴しておりまして、そっちで悪役担当してる方は邪悪という言葉が似合うような気がするんです。

でも素錦はその方と比べるとかなり可愛い気がします。

照歌はかわいそうだった。
起きれば確かに白浅との婚姻が待ってますが、人間としての人生は…。
涙を誘われました。

でも起きたら崑崙虚で、墨淵上神に「お兄ちゃんって呼んで」と言われる超展開で笑ってしまいました。(絶対笑う所じゃない)

永遠の桃花~三生三世~ DVD-BOX3 [ ヤン・ミー[楊冪] ]

価格:15,840円
(2021/2/20 21:34時点)
感想(3件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました