永遠の桃花~三生三世~第53話 止められない嫉妬心

第53話 止められない嫉妬心永遠の桃花

永遠の桃花 第53話 あらすじ

洞窟に籠もる予定の墨淵ぼくえんのために、白浅はくせんは丹薬を作り上げ崑崙虚こんろんきょを出た。白浅は人間界の夜華やか照歌しょうか)を見にいった。照歌は戸部尚書になっていて照歌の側には女性の姿があった。素錦そきんはその女性は自分が素素そそそっくりに作った人形であることを白浅に話した。自分のことを忘れたと言った照歌だが、素素のことは忘れていなかった。白浅はそのことに深く傷つき…。

観葉植物の通販No.1 HanaPrime



永遠の桃花 第53話 登場人物

白浅青丘の東荒女帝。夜華と婚約している。別名:司音 素素(素素の記憶はない)
照歌人間界で修練中の夜華。自分が夜華だった記憶はない。
鳳九白浅の姪。東華のことが好き。
東華最も尊い神仙。
墨淵白浅の師匠。擎蒼を封印し元神が離散していたが、目覚めた。
折顔十里桃林に住む上神。白家と仲良し。
白真白浅の兄。
素錦7万年前に滅んだ素錦族の生き残り。天宮で育った。夜華の名ばかりの側室。

永遠の桃花 第53話 詳しいあらすじ【ネタバレ有】

鳳九ほうきゅう東華とうかの腕に身体を預けた。

「陛下」
鳳九が呼ぶと、東華は鳳九の体に腕を回した。

九児きゅうじ
「私をおぶって帰ってくれたんですね。でも陛下がぬれてしまって申し訳ないです。今度からは、雨がやんでから帰りましょう」

「分かった」
鳳九は東華の横髪に触れ微笑んだ。

「お芝居でした」
「何が芝居だ」

「“陛下”と呼んだことが。あなたは帝君です。東華帝君です。やっぱりこの姿がいい。人間界での姿は不格好でした」

「そうか。私は不格好か?」
「からかっただけ。どんな姿でもすてきです」
鳳九は笑った。

「帝君のために自分の尾を断ちました。夢の中で…。夢の中で返してください」
鳳九は瞳を閉じた。

東華は痛まし気に鳳九を見つめ、鳳九の額に口づけた。

東華は鳳九の眠る部屋から出てきた。

「私が来たことは言わぬように」
東華は外で待っていた白浅はくせん達に口止めし帰っていった。

鳳九が目を覚ますと、隣に白浅が寝ていた。

『やっぱりね。夢だったんだわ』
鳳九は思った。

「鳳九、目覚めたのね。二度と驚かせないで。尾を断つだなんて、折顔せつがんがいなければ、青丘せいきゅうで初の“八尾の狐”になるところだった」
白浅は目覚めた鳳九に言った。

「狐の尾は便利に使えると父上に教わったから、三生石さんしょうせきに帝君の名を刻めるか試してみたんです。…ある方の夢を見ました」

「どうせ私じゃないでしょう?」

白浅は狐狸洞こりどうに帰るよう言い、二度と馬鹿な真似をしないよう念を押した。

「心配しないで。尾を断てば一度死んだも同じ。急にあることを悟りました」

「帝君を嫌いに?」
「いいえ。“先は長いし、必ずいい方法が見つかる”と」

白浅は何も言わなかった。

素錦そきん素素そそに似た人形を完成させた。

素錦は人形に術をかけ、素素そそそっくりの人間を作り出した。

「私の仙術で作ったゆえ、いずれは消えてしまう。夜華やか結魄灯けっぱくとうで作ろうとした者と違ってね」

素錦はこの人形を人間界の照歌しょうかの近くに送り込み、白浅に嫉妬させようと企んでいた。

「愛してれば嫉妬する。当時の私が素素そそに嫉妬したようにね。自分は素素の身代わりだと白浅に思い知らせてやる。いくら上神が高貴でも、昔の女の身代わりにすぎないってことをね。この人形と立場は同じよ。…いいわね?この者を見張っておくの。白浅が人間界へ行くようならすぐ知らせて」

素錦は辛奴しんどに命じた。
素錦が術をかけると、人形は目を覚まし起き上がった。

「私に顔をよく見せて」
素錦が言うと人形は顔を上げた。
人形は素素そそにそっくりだ。

「素素は気が強く、お前のように穏やかではない。でも構わない。人間界の夜華やかはあらゆる記憶を失って何も覚えてないのだから。今日からお前の名は“素素そそ”よ」

素錦が言うと、人形は「はい」と言って膝を折った。

照歌しょうかが科挙に首席で合格した日、照歌は青丘の仙女に似た女性を見つけ近づいた。

女性は“葬儀代の施しを”と書かれた布の前に座っている。

「来たのか」
照歌は素素に声をかけた。

「誰かとお間違えでは?」
「確かに。似ているが、あの時の女子おなごではない」
照歌は去ろうとした。

「お待ちを」
素素そそは照歌の腕をつかんだ。

「どうか哀れに思って私を買ってください。死んだ父を葬る銭が必要なのです。あなたのお知り合いと私が似てるのなら、これも縁だと思い、どうかお助けを」

素素は照歌に土下座した。

照歌は素素そそにお金を渡し、他に家族がいるか尋ねた。

「いません。父だけです」
「父を葬ったら私の屋敷に来い」

照歌は素素そそに言い、帰っていった。

白浅は墨淵ぼくえんのための丹薬を作るため、6日間煉丹房れんたんぼうに籠っている。

子闌しらんは煉丹房にやってきて白浅に声をかけ、隣に座った。

「子闌さん、入門した日のことを覚えてる?」

「もちろんだ。お前と同じ日に崑崙虚こんろんきょへ来て、どちらがあに弟子になるか争った。師匠のえこひいきだな。私を兄弟子にしながらお前には神器を与えてさ。お前は運がよすぎる」

「よく言うわ。扇子をもらったせいで、私は永遠におとうと弟子なのよ」
司音しいん、何でもない」

子闌は何か言おうとしてやめた。

「どうしたの?大事なものを失ったような顔をしてる」
「何を言っている。私が感傷に浸るようなたちか?」
子闌は立ち上がった。

「そうね。あの子闌さんが、誰かに心を寄せたりするはずないわ」
白浅も立ち上がり、ふざけて子闌に仙術を放った。

すると子闌は転がり血を吐いた。

「どういうことなの?」
白浅は慌てて駆け寄り、子闌を助け起こした。

「さすがは上神だな。お前の一撃で危うく死にかけたよ」

「ふざけたつもりだったの。でも子闌さんなら受け流せたはず。7万年前の修為しゅうい(修練を積み得た仙力)はこんなに低くなかった。何があったの?」

「お前には関係ない」
「そう?だったらもう聞かない。でも女子おなごが原因のようなきがするけど?」

「お前の言うとおりだ」
「その娘は美しいの?」

「お前より美しい」
「本当に?」

「私にとってはお前より千倍美しい」
「もういいわ。明日から師匠は籠もり、あに弟子たちも帰る。子闌しらんさんはどうするの?」

「私は無妄海ぶぼうかいへ行く」
無妄海ぶぼうかい?天族を葬る聖地へ何しに行くの?」

「あそこで一生を終えることにした。この身が混沌こんとんに戻るまで天族の墓を守るつもりだ」

「墓を守るだなんて冗談はやめて」

「誠の話だ。求めることをやめたら、どう生きようと同じさ。それに私はあることで天に誓いを立て、天は私の望みをかなえてくれた。だから無妄海ぶぼうかいで余生を送るしかない」

「子闌さん、でも…」
「聞くな。聞いても答えないよ」

子闌は煉丹房から出ていった。

墨淵ぼくえん司音しいん離鏡りけいとのことで泥酔していた日を思い出していた。

丹薬が出来上がり、白浅は墨淵に丹薬を手渡した。

「師匠、何か私に言うことは?」
「夜華との婚儀はいつだ」

「10月です。花も美しくいい時期です」

司音しいん、嫁げば皇太子妃となる。崑崙虚と違い、天宮は掟やしきたりが多い。過ちを起こさぬよう自重せよ」

「昔は騒ぎを起こすたび師匠に助けてもらいました。お言葉を胸に刻みます。ご安心ください。私には夜華がいます。愚かなことはしません。できれば婚儀までに出てきてください。恩ある師匠に叩頭し、新茶を捧げます」

「そうか」

「ではこれで失礼します」

白浅は長衫ちょうさんと共に、無妄海ぶぼうかいに向かう子闌を見送りに来た。

子闌しらん、なぜ自分を苦しめる?」
長衫ちょうさんは子闌に言った。

崑崙虚こんろんきょの弟子なら一度口にしたことは守らねば。それに静かな無妄海ぶぼうかいは修行にぴったりです」

子闌は長衫ちょうさんの肩に手を置いた。

司音しいん、お前の婚儀には行けないが、私に命懸けで何かをさせたい時は訪ねてくれ」

「不吉なことを」
白浅は少し怖い顔で言った。

「兄弟子たちも帰っていったし、崑崙虚は長衫ちょうさんさんに任せた」

子闌は無妄海ぶぼうかいに旅立って行った。

白浅も崑崙虚を発つことを長衫ちょうさんに伝えた。

長衫ちょうさん疊風ちょうほうから預かった結魄灯けっぱくとうを白浅に渡した。

「天族の秘宝ゆえ必ず返さないと。どうか師匠のことをお願いします」

「案ずるな。私の師匠でもあるんだぞ」
「何かあれば青丘までお知らせを」

白浅はもうすぐ18歳になる照歌しょうかに会いに人間界へ行った。

白浅は、照歌の生家であるりゅう家を訪ねたが、照歌は独立し居を移していていなかった。

『若様は100年に1人の神童さ。12歳で太学たいがくに入り、5年前の恩科おんかには首席で合格なさった。それから翰林院かんりんいんに勤め、今では戸部こぶ尚書しょうしょという驚くべき天才だ。会いたいなら尚書の屋敷へ行くといい』

白浅は柳家の屋敷で言われた言葉を嬉しそうに思い返していた。

『さすがは天族の皇太子ね。人間界でも並の者とは違う』
白浅は微笑み先を急いだ。

照歌しょうか素素そそに酌をされ、共に酒を飲んでいた。
照歌は最近咳がひどい。

「医者によると、あまり思い詰めると体によくないとか」
素素は照歌の体を心配した。

「思いつめていない。恋しいだけだ」
照歌は静かに言った。

白浅は2人の様子を見ている。

『たったの6日で約束に背くだなんて。私に借りを作る気なの?』
白浅は2人の姿を見ながら考えている。

ふと、白浅の脳裏に、雨の中「夜華、夜華」と言いながら竹林を走る人間の姿が浮かんだ。

白浅はその人間に『林を出るなと言われたでしょ』と叫ぶが人間には聞こえておらず、人間は仙障せんしょうから出て行ってしまう。

白浅が考え込んでいると素錦そきんがやってきて、白浅に挨拶した。

「なぜここにいるの」
白浅は素錦に言った。

「夜華様お一人では寂しいかと思って、夜華様の思い人の人形を作ってみたのです。人形が真面目に働いてるか、それを確かめに参りました」

「あの娘が人形だなんて気づかなかったわ。優しいのね」

「誰に似せて作った人形かお分かりでしょうか」
言われて白浅は素素の姿を見たが、白浅の位置からは素素の後姿しか見えない。

「“素素そそ”という名を聞いたことは?」
誅仙台ちゅうせんだいから飛び降りたという阿離ありの母ね?」

「ご心配は無用です。人間界の夜華様はあの娘が人形だと気づきません。天界で失った夢をかなえてあげられます。天宮へ戻れば、冷静な夜華様ゆえ、いくら素素にそっくりでも人形など相手になさいません」

「人間界の夜華はあの人形に夢中だと言いたいのね?だけどこの件を夜華が知ればあなたを罰するのでは?」

「私は人形を作り町中に置いただけで、これを見初めたのは夜華様ご自身です。私をお責めになるのは道理に合わないかと。結局のところ、誰かを心の底から愛せば、いくら忘川水ぼうせんすいを飲んでもその面影は記憶から消えず、再び愛してしまうのでしょう」

「悟ったような言い方をするのね」

「私の夜華様への深い思いは誰もが知るほどです。だから理解できます。そうだわ、ご存じですか?夜華様が300年ずっと結魄灯けっぱくとうをともし続けたことを」

「もちろん知ってるわ。素錦そきん、あなたは誰より考えが細やかね。あの人形も心を込めて精巧に作ってあるし、夜華の世話をしてくれたら私も助かる。いずれ夜華がもしあなたを責めたら、とりなしてあげる」

「感謝いたします。私はこれで」
素錦は帰っていった。

『夜華、あの夜私のことは覚えてないと言ったのに、忘川水を飲んでさえ阿離ありの母を忘れられないの?』
白浅は暗い表情をした。

白浅は十里桃林じゅうりとうりんにいき、白真はくしんを見つけると話しはじめた。

「兄上、阿離ありの母親の素素そそを知ってる?」

折顔せつがんから聞いたことが。天宮で一度だけ会ったとな。阿離ありを残して早くに亡くなったらしい。夜華から聞いていないのか?」

「過去に愛する者がいたと知ってから、話題にしたくなくて夜華には聞いてない」
「死んだ者にこだわることはない」

「そうよ。死んだ者と張り合っても意味がない」
「ではなぜ落ち込む?」

「兄上、夜華に愛を告げられた時は考えもしなかったけど、四海八荒しかいはっこう(四方の海と八方の果て)には女の神仙が大勢いるのに、なぜ私を見初めたの?」

「誰かを愛することに理由など求められない。帝君も鳳九ほうきゅうとは縁がないと知りつつ、人間界まで下ったじゃないか」

「確かにそうね。私が夜華を好きになってからも、そんな話をすることもなかった。でも考えてみると、初めて会った時、夜華は私を素素と間違えたのよ。兄上、素素に似てるから私を好きになったのなら、私は身代わりなの?夜華は素素を300年も愛し続けた。海のごとく深い思いは長年変わらなかったのに、なぜ私に会って一変したの?」

「私は夜華と親しくないし、お前のほうがずっと理解しているはず。夜華の愛が本物かどうか分からないのか?」

「もしも今夜、夜華と素素そその人形の親しげな姿を見なければ信じ続けられた。私への愛は本物だとね。私は夜華を愛してる。でも夜華が私を素素に似てるから愛してるのなら…。素素を愛するあまり私に面影を求めただけよ。そんな愛は受け入れられない」

白浅は沈んだ表情でうつむいた。

「世の中には突き詰めても意味のないことがある。夜華はお前を大事にしているし、死んだ者と張り合っても仕方のないことだ」

「そうよ。私って馬鹿げてる」

白浅は急ぎ足で帰っていき、途中で折顔とぶつかりそうになった。
白浅は何も言わず行ってしまった。

「どうしたのだ。急に変だな。婚儀は近いし、師匠も戻ってご機嫌だったくせに」
折顔は白浅の様子を不思議がっている。

「やはり天族と狐族こぞくは相いれない」
白真はくしんは言った。

「何があったのだ」
「愛し合う男女のいさかいは理解できない」

「自分たちで解決させればいいさ。薬を飲め。数刻かけて煎じた」

「また薬か。崑崙虚こんろんきょで碁の勝負に負けた腹いせに、わざと苦くしたんじゃ?」

「お前ときたら、子供の頃から薬を飲む時はいつも同じ文句を言う」
折顔は袖の中から瓶を取り出し置いた。

「崑崙虚の弟子に分けてもらった蜂蜜だ」
「甘い物で釣るとは赤子扱いか?」

白真はさっそく蜂蜜を味見している。

「うまい」
白真が言うと折顔は満足そうにうなずいた。

天宮に戻った素錦は辛奴しんどの姿を見ると満面の笑みを見せた。

夜華やかと人形が親しむ姿を白浅に見せたわ。平静を保ってたけど、私の目はごまかせない。あの女の弱点はこれで確かになった。遠からず夜華から身を退くはずよ」

「お喜び申し上げます」
辛奴しんどは祝福した。

狐狸洞こりどうに帰った白浅は、食事もとらず眠り続けていた。

素錦は素素の絵姿を火で燃やしていた。

「あれほど恨んだお前だけど、今日は許せるわ。愛する夜華が別の女を娶るのは見たくないでしょう?ねえ?素素」

素錦は燃えていく絵姿の素素に話しかけている。

「素錦様、人形を使ってだましたと知られたら、夜華様に罰せられるのでは?」
辛奴しんどは心配している。

「私の一族は天族のために滅びたわ。夜華には支族の首領たちを統率するため私が必要なの。天君と支族の首領たちがいるかぎり、私が危険にさらされることはない」
素錦は話した。

2日間眠り続けていた白浅は起きて早々、酒を持ってくるよう迷谷めいこくに命じた。

何本も瓶を空け、ひどく酩酊しても白浅は酒を飲み続けている。
鳳九は心配して白浅の側に行った。

「鳳九ね。聞いて。この間夜華やかに私を知ってるか聞いたら、“知らない”だって。それから数日後に屋敷に女を連れ込んでたの」

「叔母上、忘川水を飲めば覚えてなくて当然です」

「覚えてない?だけど夜華が連れ込んだ女は、阿離ありの母親にそっくりなのよ」

素素そそに?」
「素素を知ってるの?」

「当時私は天宮にいたので…」
「やめて聞きたくない」

「皇太子が結魄灯けっぱくとうで素素の骨肉を作ってた頃、叔母上は平気だったのに」

「平気だった?私が馬鹿だったのよ。昔のことだと思って、気にもしてなかった。でも今になって、私のことを忘れても素素そそだけは覚えてると知った。それで分かったの。夜華にとって大切なのは私じゃないってね」

白浅は心を痛め泥酔して…?

お洒落で人気の花束・ブーケなら【HitoHana(ひとはな)】平均レビュー4.5以上



感想

鳳九の前向きさ、諦めない精神は本当にすごいと思いました。
これだけ強い心を持っているから、帝君を振り向かせることができたわけですね。
“先は長いし、必ずいい方法が見つかる”
これだけ絶望してもこう考えられる鳳九凄い。
帝君ほどすごい方なら、三生石どうにかできそうだよね!?
と思わずにはいられません。

ついに素錦が白浅を苦しめることに成功しました。

ちょっと前まで夜華に若い側室を娶らせると言っていた白浅が、ここまで愛に苦しむとは。
進化しました!

「たったの6日で約束に背くなんて、私に借りを作る気なの」
と白浅は照歌しょうかが素素といるのを見て思ってますが、白浅はくせんが夜華から受けた恩を思えば、少しくらい良いではないか!
夜華は白浅のために右腕と一生分の修為しゅういを失っていますから。

神仙の時間の感覚が分かりません。
今回夜華が300年結魄灯けっぱくとうを燃やし続けたことについては、300年と言っていますが神仙の長い寿命からして、例えば白浅の両親は20万年くらい夫婦ですよね。
20万年連れ添う夫婦にとって300年って短くないですか?
よく分からないです。

永遠の桃花~三生三世~ DVD-BOX3 [ ヤン・ミー[楊冪] ]

価格:15,840円
(2021/2/20 21:34時点)
感想(3件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました