永遠の桃花~三生三世~第52話 三生石の悲劇

第52話 三生石の悲劇永遠の桃花

永遠の桃花 第52話 あらすじ

素錦そきんは人間界で照歌しょうかに近づこうとしたが、照歌は素錦に冷たく接した。照歌が青丘せいきゅうと関係のある数珠を大切にしていると知った素錦は、素素そそを模した木彫りの人形を作り始めた。鳳九ほうきゅう東華とうかが自らの名を三生石さんしょうせきから削ったことを知り、自分の尾を断ち神器を作り、三生石に東華の名を刻もうとしたができなかった…。

定額制ウォーターサーバー【AQUA STYLE】



永遠の桃花 第52話 登場人物

白浅青丘の東荒女帝。夜華と婚約している。別名:司音 素素(素素の記憶はない)
照歌人間界で修練中の夜華。
墨淵白浅の師匠。擎蒼を封印し元神が離散していたが、目覚めた。
鳳九白浅の姪。東華のことが好き。
東華最も尊い神仙。
墨淵十里桃林に住む上神。白家と親しい。医術においては右に出る者がいない。
折顔十里桃林に住む上神。白家と親しい。医術においては右に出る者がいない。
白真白浅の兄。
司命人間の運命を司る神仙。
素錦白浅を邪魔に思う夜華の側室。
辛奴素錦の忠実な侍女

永遠の桃花 第52話 詳しいあらすじ【ネタバレ有】

人間界の照歌しょうかは数珠を見ながら青丘せいきゅうの小仙に言われた言葉を思い出していた。

『絶対に他の女子おなごを娶っちゃだめよ。暇ができたらまた来る。将来あなたに嫁ぐわ』

素錦そきん辛奴しんどを連れて人間界に照歌を見にやって来た。
照歌しょうかは学問に励んでいる。

夜華やかは幼い頃から勉学が好きだった。人間界でも同じなのね』
素錦は照歌の姿を見て思った。

「若様」
素錦は照歌に話しかけた。

「僕のことか?」
照歌は素錦そきんを見た。

「私を忘れたの?」
素錦は言った。

照歌は無言で立ち去った。

「夜華様は忘川水ぼうせんすいを飲んだので覚えておられないのです。悲しまれぬよう」
辛奴は素錦を慰めた。

「それは構わないの。ただ幼い夜華を見て、かつての日々を思い出しただけよ。あの頃はまだ人間の素素そそも青丘の白浅はくせんもおらず夜華のそばにいられたのは私だけだった」

「その頃素錦様は私を侍女にし、央錯おうさく殿下の命で夜華様の遊び相手になられました。よく素錦様がご冗談を言うと、夜華様は顔をしかめましたね」
辛奴しんどは昔を懐かしんだ。

「ええ。夜華は昔から見目麗しく、無口でおとなしかった。なかなか笑わないから苦労したわ。私はずっと夜華のそばにいた。夜華は私の唯一の家族。自分の命より大切にして真心を尽くしてきた。あの女どもの比じゃないわ」

素錦は悲しそうに話した。

照歌の父は従妹の素錦を照歌に紹介した。
素錦は夜華と同年代の少女だ。

「数日わが家に泊まるゆえ一緒に遊ぶがよい」
父は照歌に言ったが、照歌は世話を焼こうとする素錦を無視し続けた。

白浅が崑崙虚こんろんきょの酒蔵を掃除をしていると、墨淵ぼくえんがやってきた。

「怠け者だった司音しいんが別人のようだ」
墨淵は白浅に声をかけた。

「お越しでしたか。きれいになりました?」

「ああ」
墨淵は白浅の頬についたほこりを指で拭った。

「師匠、覚えておられますか。離鏡に裏切られ深酒した私のために師匠は修行を切り上げてここで寄り添ってくれた。当時私が女だとお気づきに?」

「初めて見た瞬間に狐帝の娘だと分かった」
「ではなぜ私を弟子に?女の弟子は取らないはずです」

「なぜだと思う」
折顔せつがんのせいでしょう?もし拒めば折顔に絡まれますからね」

白浅は面倒ばかり起こし泣き虫だった自分を弟子にして、天劫まで受けてくれた墨淵に揖礼ゆうれいしようとしたが、墨淵は白浅を止めた。

「そなたは私のために7万年もしんの血を抜いたと聞いたが、誠か?」
「師匠には大恩があるので、たとえ命を差し出しても構いません」

「もし私が東皇鐘とうこうしょうの生贄にならなかったら、そなたはまだ崑崙虚にいたか?」

「もちろんです。ずっといるつもりでした。実を言うと、離鏡りけいとのことで感傷的になってた頃、思ったんです。いつまでも崑崙虚にいて師匠のもとで修業したいなと」

女子おなごはいずれ嫁がねば」
「当時はまだ夜華やかがいなくて、誰かと添い遂げたいとも思わなかった」

「そうだな。夜華はいなかった。司音、私が7万年もの間、己の元神げんしん(肉体を超越した命の精髄)を修復させていたのはなぜだと?」

「分かってます。弟子たちを失望させないためですね。師匠が若水じゃくすいで“私を待て”と言ったので、必ず戻ると信じてました。すべて私たちのためですね」

「“弟子たちを失望させない”そのとおり。確かに私の弟子のためだ」
「師匠は私たち全員を大切にしてくれます」

白浅が言うと墨淵はうなずき、白浅を抱きしめた。
白浅も墨淵の背に手をまわした。

「翼界に救いに来てくれた時もこうしてくれました。師匠が戻られて本当によかった」
「そうだ。私は戻って来た」

墨淵は白浅から体を離した。

子闌しらんが賓客が来たと2人を呼びに来て、2人は客人のもとへ向かった。

賓客とは阿離ありだった。

阿離は「母上」と言って白浅に抱きついた。

白浅は墨淵が父神ふしんの息子で夜華の兄で、さらに自分の師匠なのだと阿離に説明した。

阿離は墨淵を伯父上と呼ぶべきか大師匠と呼ぶべきか悩んでいる。

「父上に聞いてみたら?」
白浅が提案すると阿離はうなずいた。

墨淵も疊風ちょうほうも独り身の中、最初に跡継ぎを作った白浅を、弟子たちはからかい羨んだ。
白浅は皆の勘違いを訂正しなかった。

阿離は崑崙虚の弟子たちに遊んでもらった。

人間界では、素錦が照歌しょうかに話しかけていた。

「私たちの縁談が決まった」
素錦が言うと照歌はすぐに断りに行こうとした。

素錦は照歌から数珠を奪い、2人は数珠の奪い合いになった。

騒ぎに気づいたりゅう家の使用人が仲裁に入り、照歌しょうかは数珠を取り返した。
照歌は数珠を持ってどこかに行ってしまった。

夜華やか待ってよ」
素錦は照歌を引き止めた。

「お嬢様、“夜華”とは誰のことですか。なぜ若様にあんな口を利いたのです?しかも若様の命も同然の数珠に触れるとは」
使用人は素錦に言った。

「誰からの贈り物?」
「私も存じません。ただ青丘と関係があるとか」

「青丘?」
「若様は長いこと必死に調べています。ご存じならお伝えください」

「もちろん知ってる」
「本当に?お伝えすれば感激しますよ」

「いやよ。一生教えてあげないから」
素錦は泣いてかけ去った。

天宮の素錦は素素そその絵を見ながら彫像を彫っていた。

素錦は2日休まず彫り続けており、辛奴は心配している。

「早く作り終えないと、間に合わないわ」
素錦は辛奴に彫像を見せ、素素に似ているか尋ねた。

「すでに7割方似てます」
辛奴は答えた。

「せめて9割方似てないと夜華を欺けないわ」
素錦は言い、作業に戻った。

狐狸洞こりどうでは、鳳九ほうきゅうが飲まず食わずで泣いているので迷谷めいこくが心配していた。

鳳九は女帝になれば東華に嫁げないと泣いている。

白浅はくせん様のお相手は、将来天君に即位する皇太子殿下ですよ。つまり白浅はくせん様が青丘を離れるのは、いずれ天后てんこうになるからです。…帝君は四海八荒しかいはっこう(四方の海と八方の果て)の主でしたが、とうに退位しました。だからどこへ行こうと文句を言われません。そうでしょう?」

「ええ」
迷谷の話を聞きながら、鳳九の涙は引っ込んでいった。

「ですから鳳九様が女帝になっても何の問題もない。むしろ女帝になったほうがいいですよ。青丘の女帝は九天の朝議に出る機会が多い。鳳九様がここに立って帝君はその向かいに座り、毎日見つめ合う。やがて恋も実ります」
迷谷が言うと、鳳九は笑顔になった。

「それもそうね」

「鳳九様と帝君に必要なのは時ですよ。帝君は人間界で鳳九様を深く愛しましたよね。時を重ねれば、帝君の心が動かないわけないでしょう?」

「そうね。“善は急げ”よ。女帝の礼法の書物を持ってきて」

鳳九は寝る間も惜しんで礼法の書を読み漁った。
早く女帝に即位して九天の朝議に出るためだ。

鳳九が勉強していると、司命しめいがやってきた。
女帝に即位することが決まった鳳九に贈り物を届けるためだ。

「興味深い天族の史籍を見つけたので、はせ参じた次第です」
司命が差し出したのは、東華とうかが四海八荒を治めていたころの史籍だった。

「この内容は鳳九様のお役に立つやも」
司命が言うと、鳳九は史籍を読み始めた。

史籍には“三生石さんしょうせき”という記述がある。

「この内容は本当なの?」
読み終えた鳳九は司命に確認した。

「もちろんです」

「どうりで叔母上まで帝君を忘れろと。あなたも私を説得したいの?」

「鳳九様は真相を知るべきだと思っただけです。帝君は決して冷酷なわけではありません。鳳九様が生まれる前にそう決めたのです。鳳九様への情もおありです。人間界での修練は、人生の六苦を味わうためではなく鳳九様の願いをかなえるためでした。天宮では天命に縛られ鳳九様と結ばれません。ただ人間界では修練の名目で天に逆らえる。わずか数年でも、帝君は鳳九様に真心を捧げました。これが鳳九様に伝えたい真相です」

東華の想いを知った鳳九は駆け出していった。

東華とうか天枢てんすうから報告を受け、若水じゃくすいで何か起こるかもしれないと考えていた。

ふと東華が外を見ると、鳳九がいた。

「もう来るな」
東華が門を閉めようとすると、鳳九は九尾紅狐姿になって門の隙間から東華にとびかかった。

東華は倒れ、苦しそうに咳をし胸に手を当てている。

鳳九は慌てて東華とうかに駆け寄った。

「そなたは3割もの仙力で私に飛びかかった」
東華とうかは言った。

「人間界から戻ったあと本当に仙力を失ったのですか」

「そうだ」
「なぜ私に秘密に?」
「大したことではない」

東華は60 年の修練が40年ほどで終わったので修為しゅういを失ったが、2年ほどで回復すると話し、去ろうとした。

鳳九は東華の背中に抱きついた。

「私を拒むのは、三生石に私たちの名がないから?」

「なぜそれを?折顔せつがんが話したのか。父親か?他言しないと私に約束したのに」

鳳九は首を横に振り、司命が史籍を届けてくれたことを話した。

「本当に三生石の己の名を自ら削ったのですか。もう打つ手はないと?信じません」

「そなたが信じなくとも、三生石に私の名は現れないのだ。私はそなたばかりか誰とも結ばれない」

「いいえ」
鳳九は剣を取り出した。

「帝君の名がないなんて嘘です」
鳳九は九尾の尻尾を剣で1本切った。

「青丘の狐の尾は執念を神器にできる。三生石に帝君の名を刻みます」
切り取った尻尾は短刀になった。

鳳九は短刀を持って誅仙台ちゅうせんだいにある三生石に向かった。

尻尾を切った鳳九は苦しそうだ。

鳳九の頭の中に司命の言葉が浮かんだ。

『当時四海八荒しかいはっこうで戦が絶えなかったため、その主として天地を治めていた帝君は己の弱みをなくそうと三生石から自分の名を削った。三生石は婚姻の縁を定めます。そこに名がなければ、今生誰とも結ばれないので帝君はいくら長命でも生涯独り身なのです。たとえ情があろうと三生石に帝君の名はない。ですから誰を愛しても悪縁にしかなりません。悪縁とは何かお分かりですか?人間界での修練のように鳳九様と帝君の愛は実らないのです』

鳳九はよろよろと三生石にたどり着き、東華の名を捜したがどこにも見つからない。

“白鳳九”の隣には“文昌ぶんしょう帝君”の名があった。

「どうしてこうなの」
鳳九は泣き崩れた。

「私が愛するのは東華帝君よ」
鳳九の頭に司命の忠告が響いた。

『これ以上執着して天に逆らえば、お二人にとって何もよいことはありません。お二人の人間界での縁は天上ではわずか数日。それでも帝君は仙力を失った。幸いなことに2年ほどで回復するでしょうが。これは警告です。鳳九様が執着し続ければ、どんな報いがあるか分かりません』

「どうして」
鳳九は尻尾で作った神器で、鳳九の隣に名の刻まれた文章帝君の名を削ろうとした。

しかし名を削ることも、東華の名を刻むこともできなかった。

「信じないから」
鳳九は三生石に短刀を突き立て続けたが、力尽き眠ってしまった。

東華は鳳九を抱きかかえ太晨宮たいしんきゅうに連れて行き、司命に託した。

「ただちに青丘へ送れ。自ら狐の尾を断った。掟では天族の史籍は持ち出し厳禁。戻ったのち普化天尊のもとで罰を受けよ」

「承知しました」
司命は急いで青丘へ向かい、迷谷に鳳九を引き渡した。

尾を断つのはしんの臓をえぐるような痛みだと迷谷は言い、急いで十里桃林じゅうりとうりんに鳳九を運んだ。

しかし折顔は今、崑崙虚にいる。
迷谷は崑崙虚に鳳九を連れて行った。

折顔と共に現れた白浅と白真は、鳳九が狐の尾を断ったと聞き血相を変えた。

「痛みを止めてくれ。さもなくば激痛で死ぬ恐れが」
白真が言うと、折顔は鳳九に痛み止めを飲ませた。

3人は鳳九を休ませるため、部屋の外に出た。

すると東華と墨淵が訪ねてきた。

「なぜ帝君がここに?」
東華の姿を見た白浅は厳しい口調で東華に言った。

「白浅、無礼な口を利くな。この件は帝君の過ちではない。知ってのとおり三生石は…」
折顔は間に入った。

「三生石が何?帝君、あなたはもっと早く鳳九を拒むべきだった。私たち狐族こぞくは一度心に決めた相手を永遠に愛する。鳳九を深みにはめたくせに、あの子を拒むだなんて。何のお遊びかしら」

「すまない」
東華は謝罪した。

「今さら謝ってもあの子の痛みは取れません」

司音しいん、帝君もつらいのだ」
墨淵が助け舟を出すと、白浅は「いいわ。もう言わない」と言って去っていった。

白浅は鳳九の看病をしていた。

東華は鳳九の眠る部屋に足を踏み入れた。

「叔母上、私は今誰を見たと?」
目覚めた鳳九は白浅に言った。

「あなたの愛しい帝君ね」
白浅は部屋から出て東華に鳳九を任せた。

東華が眠る鳳九の頬に触れると、鳳九は目を開けた。
鳳九は東華の腕に体を預けた…。

【伊藤久右衛門】


感想

素錦は人間界の夜華と結ばれようと画策しましたが、白浅が一歩先に行動していたため失敗しそうです。
家族も一族も失った素錦にとって、夜華は唯一の家族。
だから夜華に執着してるんですね。素錦姐さん(´;ω;`)

前話を見た時は、10歳の子を束縛するとか、白浅かわいいな、おい!と思ってましたが、全然早すぎなかった。
10歳の子を狙う女がいました。

ところで人間界で照歌の従妹として出てきた素錦(少女版)の中身は素錦なのでしょうか?
照歌を夜華と呼んでいたし青丘も知っていたから素錦だと思うのですが、子供っぽく泣いてたのが気になります。
姿が少女になると精神も少女になるのでしょうか。

素錦は素素に似た木彫りの人形を一生懸命作っています。
何か企んでいるんでしょう。

墨淵上神が7万年かけて元神を修復したのは全て白浅のためだったとは!
そこまで白浅のことを好きで愛してるとは知らなかったので驚きました。

白浅は本当に鈍いけど、でも墨淵のことを師匠として尊敬していて、聖人のように思っているのかなとちょっと感じました。
男とは見ていないような、そんな感じがします。

だから墨淵が同様に自分を女だと思っているとは夢にも思っていないのでしょう。
私も学校の先生は “先生”というカテゴリーの存在として男とか女とかそういう対象として見たことなかったです。

鳳九と帝君の話は切ない。
三生石から帝君は自分の名を削った。
でも鳳九が削ろうとしても削れなかったし、彫ろうとしても彫れなかった。

帝君は削れたんなら彫れるのでは?
帝君ほどの方でも、もうどうにもならないの?

白浅も言ってましたが、帝君は最初から誰とも結ばれないと知ってたのにひどいと思う。
鳳九の願いをかなえるとか言って人間界に行かないでほしかった。
本当に白浅の言う通りだと思います。

帝君は白浅に「すまない」と謝っていました。
帝君ほどの地位にある方が謝るというのは並大抵のことではないと思います。
帝君自信も自分が悪かったことを認めていて反省しているようです。

帝君は30万年以上生きてるのに、色恋に無縁だと折顔が言っていました。
…ということは、これが帝君にとって初めての色恋沙汰でしょうか?
初めてだから何もわからなかった?
初めてだから間違えちゃった?

えー、なんかかわいいけど帝君のキャラじゃないような?
あ、いや…帝君のキャラかもです。

永遠の桃花~三生三世~ DVD-BOX3 [ ヤン・ミー[楊冪] ]

価格:15,840円
(2021/2/20 21:34時点)
感想(3件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました