永遠の桃花~三生三世~第48話 結婚の約束

第48話 結婚の約束永遠の桃花

永遠の桃花 第48話 あらすじ

臙脂えんじ崑崙虚こんろんきょ煉丹炉れんたんろを借りに来たが、長衫ちょうさんに拒絶された。子闌しらん臙脂えんじの代わりに丹薬を作ってくれ、応児おうじは生まれて初めて泣いた。白浅はくせんは婚約破棄を撤回し、自分の気持ちを夜華やかに伝えた。素錦そきん楽胥らくしょを使って白浅を追い詰めようとしたが失敗し、楽胥は夜華と白浅を正式に結婚させるため動き始めた…。

【サンクゼール&久世福商店オンラインショップ】



永遠の桃花 第48話 登場人物

白浅青丘の東荒女帝。夜華と婚約している。別名:司音 素素(素素の記憶はない)
夜華天族の皇太子。丹薬作りのため右腕と一生分の修為を失った。
阿離夜華と素素の息子。
成玉元は人間だった神仙。
楽胥夜華の母。
央錯夜華の父。
素錦夜華の側室。白浅を陥れようと考えている。
臙脂翼族の王女。応児の病を治すため、丹薬を作ろうとしたが失敗した。
離鏡翼王。臙脂の兄。7万年前から司音を愛している。
長衫崑崙虚の弟子。
子闌崑崙虚の弟子。人間界で臙脂を見張っていて好意を持つようになった。

永遠の桃花 第48話 詳しいあらすじ【ネタバレ有】

臙脂えんじ崑崙虚こんろんきょに到着し、出迎えた長衫ちょうさん子闌しらんに会わせてほしいと頼んだ。
長衫ちょうさんは臙脂が若水じゃくすいの戦いのときの翼族の将軍であると見抜き、拒絶した。

「天族が翼族と和解しても、崑崙虚こんろんきょはお前たちを許さない。山には入れぬぞ。一歩でも近づけば容赦しない」
長衫ちょうさんは言った。

臙脂がさらに頼もうとした時、離鏡りけいが現れ煉丹炉れんたんろを貸してほしいと頼んだ。
しかし長衫ちょうさんは拒絶し剣を抜いた。
離鏡も剣を抜いた。

臙脂はどうしても子闌しらんに頼みたいと言って離鏡りけいに剣を下すよう頼んだ。
しかし長衫ちょうさんは殺す気で構えている。

「お前はわが子よりずっと大切だ」
離鏡りけいは言い長衫ちょうさんと戦った。

止めに入ったのは子闌しらんだった。
子闌しらんはなぜ煉丹炉を借りたいのか臙脂に理由を尋ねた。

「この子のためよ。救いたいの」
臙脂が言うと、子闌は代わりに自分が丹薬を作ることにした。

子闌は煉丹炉の前にひざまずいた。

「師匠、私は今日翼族のために煉丹炉で丹薬を作ります。師匠や兄弟弟子に顔向けできません」
子闌は煉丹炉の前で3度叩頭した。

「弟子子闌しらんはここに誓います。師匠が戻られたのちは生涯ただ無妄海ぶぼうかいを守り、翼界には断じて足を踏み入れず、あの妖女とも一切関わりません。せめてもの罪滅ぼしです」

子闌は丹薬を作り終えると、力尽き倒れた。

白浅はくせん夜華やかの隣に座り、墨をすっている。

夜華やか、あなたの陣法図は全然わからないわ。昔崑崙虚で修行してた頃、陣法の講義が苦手で、成績は10番目だった。陣法図を見るだけで頭が痛くなる」
白浅は夜華の書き物をのぞき込み話した。

「ではなぜここに座っている」
「あなたは筆を持つのが大変だろうと思って。でも筆を持つ姿がすてきだから、もっと見ていたい」

白浅が言うと夜華は微笑んだ。
そこに阿離が帰って来た。

阿離は自分の背丈と同じほどのさとうきびを何本も袋に入れ引きずっており、重そうだ。
白浅が助けようとすると、夜華は自分でやらせるよう言って白浅を止めた。

成玉せいぎょく、僕の母上だよ。とてもきれいでしょ」
阿離は白浅を成玉せいぎょくに紹介した。

「あなたが大胆不敵な成玉元君ね」
白浅は成玉せいぎょくに声をかけた。

「殿下、白浅上神を触ってもいいですか?」
成玉は夜華を見て揉むような手つきで言った。
白浅は夜華を見た。

「母上は父上のものだよ。父上しか母上に触れない」
答えたのは阿離ありだった。

「生まれて初めて女の上神を見たの。触らせてよ」
成玉が阿離にねだると、阿離はフンと顔を背けた。
白浅は笑っている。

「私の目の前で妻に手出しを?見上げた度胸だ」
夜華は言った。

「けちですね」
成玉はすねている。

阿離はさとうきびをお土産に差し出した。

「本当にいい子だ」
夜華は阿離を抱き寄せた。

「迎えに来た伽昀かいんから何度も言われました。父上は右腕をけがしたので抱っこをせがまないようにと。父上、傷は痛みますか」

「平気だ」
夜華は左腕だけでも抱けると言って阿離を抱き上げた。

白浅が心配すると、夜華は最近感覚が戻って来たと話した。

「あなたはもともと絵が上手なのに、もし描けなくなったら本当に残念だわ」
白浅は言った。

「では今描こう」
「今?」

「白浅上神は絶世の美女なので、殿下の他には誰も描き出せません」
成玉せいぎょくは言った。

阿離、白浅、成玉は夜華の前に座り、絵を描いてもらっている。

成玉はポーズを取りながら白浅に鳳九ほうきゅうへの伝言を頼んだ。

“問題が起こったので、九天へ来てほしい”
白浅は請け負った。

夜華ができたというので3人が見に行くと、絵には成玉が描かれていなかった。
成玉は不平を言った。

夜華やかは体力がなくて描けなかったの。察してあげて」
白浅は助け舟を出した。

「体力がない?」
成玉は口元を抑えた。

「父上は体力がないの?僕を抱っこできても母上は無理なのですか」
阿離が言うと、夜華は立ち上がった。

夜華は白浅を肩に担ぎあげた。

「成玉、阿離を頼むぞ」
夜華は歩き去った。

成玉と阿離は顔を見合わせた。

夜華は白浅を一攬芳華いちらんほうかの寝台の上におろし、白浅を寝かせると覆いかぶさった。

素素そそは阿離の母親でしょ。自害した事情は知らないけど、死者は敬うべきよ。素素の居所であなたと…。よくないわ」

「分かっている」
夜華は白浅に口付けようとした。

「もう1つ」
「何だ」
「素素の物はしまってと奈奈だいだいに命じた。見れば不愉快になるから開けないようにするわ」

素素そその物はすべて燃やした」
夜華が白浅に口付けようとすると白浅は再び話し出した。

「あともう1つ」
夜華は白浅の隣に横になった。

「それほどたくさん言いたいことが?」
夜華は言った。

「今のは過去に関する話で、これから言うのが一番大切なことなの」
白浅はうつ伏せになり、肘を立て夜華の顔が見えるようにした。

西海せいかいにいた時、私が言ったことを覚えてる?婚約を解消したいと」
白浅は夜華を見た。

「覚えている」

白浅は夜華の胸に頬を寄せた。

「あの頃、自分の気持ちが分からなかった。あの話は気にしないでね。愛し合ってる以上、破談にするわけないわ。実は西海にいる時、日取りを選んだの。9月2日は嫁入りにふさわしい吉日で、何をするにも縁起がいいそうよ。あなたから天君に話して。婚儀を行いましょう」

夜華は白浅を隣に寝かせ、向かい合った。

「今何と?」

「分かってるわ。あなたから願い出るのは確かにあまりよくない。私の両親から天君に話してもらう?婚姻は生涯の大事だもの」

白浅はくせん、もう一度言ってくれ。私とどうしたいと?」
夜華は感極まった様子で白浅の頬に触れた。

白浅は肘を立て、夜華の顔を覗き込み頬に触れた。

「夜華、愛してるわ。心から愛してる。永遠に一緒にいたい」
二人は見つめ合った。

『青丘の女は率直で思いをはっきり伝えるの。厳格な九天で育った夜華は、愛の告白を軽薄だと思ったかしら』

白浅が考えていると、夜華は白浅を組み敷き夢中で口付けた。

「白浅、また子を産んでくれ」

白浅は夜華に腕を回した。

臙脂えんじ離鏡りけいは崑崙虚の門で丹薬ができるのを待っていた。

「7万年前、俺もよくここで崑崙虚こんろんきょを眺めた。ある者を思ってな。そしてよく考えた。自分が翼族の王子でなければよかったと」

「それって司音しいんさんのこと?」

「当時は司音しいんを天族の者だと思い込んでいたから、天族と翼族の不和に加え、両族の婚姻を禁じる掟も壁になった」

離鏡は司音は白浅であることを臙脂に話した。

「まだ若かった私は、司音しいんさんに憧れたわ。天族の男はあのようにあるべきだと。愛するにしろ恨むにしろ迷いがなく、心が真っすぐで悪だくみなど考えない。でもまさか…。いいわ。たとえ女だとしても、さっぱりした気性の上神のはず」

臙脂は言った。

「そのとおり。司音しいんはまさにそうだ。一度別れを決心したら、きっぱりと縁を切る。断固よりを戻さない」

離鏡は呟くように言った。

夜華と白浅はいつものように寝ている。
夜華は白浅の額に口付けた。

「まだ寝ないの?まったく激しすぎるのよ」
白浅が言うと夜華は静かに笑った。

「白浅」
夜華は何か話そうとしたが言葉を続けずにいる。

離鏡りけいが言うように墨淵ぼくえんの元神が回復し、東皇鐘とうこうしょうの封印が弱まり擎蒼けいそうが出てきたら、そなたはどうする』
夜華は考えている。

「どうしたの」
白浅は言葉を続けない夜華を見た。

「7万年前、東皇鐘とうこうしょうを先に封印できたら、墨淵ぼくえんの代わりに行ったか」

「師匠には大きな恩がある。もしできたなら迷わず行ったわ。崑崙虚の弟子は皆そうする」
白浅は話し終えると、「なぜ…」と夜華やかに問いかけようとしたが、夜華は目をつむっていた。

「寝よう」
白浅も目を閉じた。

臙脂と離鏡が待っていると長衫ちょうさんが丹薬を持ってやってきた。
子闌が長衫ちょうさんに託したのだ。

子闌しらんはさらに、修為しゅういを失った臙脂のための療養の処方を書き留めた書簡も長衫ちょうさんに託していた。
修為しゅういを失うと、全身がひどく痛むのだ。

長衫ちょうさんは二度と来ないでほしいと言って立ち去った。

離鏡が丹薬を応児おうじに与えると、応児おうじは泣いた。

子闌しらん、なぜ半生分の修為しゅういを翼族にやった」
長衫ちょうさん子闌しらんに声をかけた。

「あの子は妖気が強いので、臙脂の修為しゅういだけでは救えませんから。…ささいなことです。太平の世では、修為など少々あれば、十分ですよ」
子闌しらんは言った。

白浅が起きると、夜華は寝台におらず、身繕いをしていた。

白浅が起きたのに気付き、夜華は寝台に座った。

「皆はあなたを師匠だと間違える。でも私は違うわ。初めて東海とうかいで会った時びっくりしたけど、やっぱり師匠とは違う。…師匠は瞳がこれほど黒くないし、こんなに静かでもない。あなたは神仙の中では若いほうなのに、東華帝君より落ち着き払ってるわね」

白浅が言うと、夜華は微笑んだ。

「もっと見ていてもいい。疲れたら私の懐で眠れ」

夜明けが近いので白浅はくせんは起きることにし、お茶を持ってこさせるよう夜華に頼んだ。

白浅はお茶の中に折顔からもらった丹薬を入れた。
侍女は白浅の行動を見ている。

夜華は天枢てんすうに東皇鐘に異変があれば、自分にだけ知らせるよう命じた。

侍女は白浅がお茶に薬を入れたことを素錦そきん楽胥らくしょに報告した。

素錦は素素そそだけを愛していた夜華が東海とうかいに行ったとたん白浅に夢中になったのは、白浅はくせんが何か薬を使っているからではないかと楽胥らくしょに進言した。

楽胥も夜華の心変わりを変だと思ってはいたが、許嫁である白浅がそんなことをする必要はないはずだと考えている。

素錦はさらに鳳九が結魄灯けっぱくとうを盗んだ話をした。
素素を作るための結魄灯けっぱくとうが盗まれた後、夜華が東海とうかい白浅はくせんを見初めた。

素錦は一連の流れは妙だというと、楽胥も同意した。

全てが白浅の策略であるなら未来の天后としてふさわしくない。
楽胥は白浅があいさつに来ないので、自分が行って探りを入れることにした。

白浅が阿離ありに書物を読んでいると、楽胥らくしょと素錦がやってきた。

「掟に従えば、私が上神にお辞儀をすべきね。ただ上神は息子に嫁ぐ身。お互いお辞儀はなしにしましょう」
楽胥は言った。

夜華やかの母上は目上です」
白浅は言い、楽胥にお辞儀をした。

その時、夜華がお茶を飲もうとし、素錦は慌てた。
楽胥らくしょは冷静に、冷めたお茶は病み上がりの体に良くないから飲まないよう夜華に言った。

「この茶は白浅が用意してくれたもので、折顔上神が下さった丹薬が入っており体に良いのです」
夜華が言うと、楽胥は安心し白浅に礼を言った。

夜華やかは私の未来の夫なので、私も早い回復を願ってます」
白浅が言うと楽胥は満足そうにうなずいた。

「そういえば2人は婚儀がまだよね。上神はすでに九天へ2度来て、もう去る気はないようだし、日取りを決めましょう。早めに婚儀を行えば、掟に沿うし、天君と夜華やかの父も安心できるわ。どうかしら」

楽胥の言葉を聞いて、素錦は沈んだ顔をしている。

「私は東荒とうこうの女帝ですが、両親もいますので、私の一存では決めかねます」

「そうね。私は天君とこの件をご相談しておくわ。天族と青丘の婚姻は一大事で手を抜けないものね」
楽胥が言うと、阿離は楽胥らくしょに抱きついた。

「おばあ様、大好きです」

「いつもは好きではないの?」

「今日はいつもより好きです。父上と母上が夫婦になれば、僕は堂々と母上に会いに行けます」

「もし夫婦にならなければ?」

「母上は天族の掟を気にして内緒で父上に会いに来ます。今回も夜遅くにこっそりやって来ました。いつもこうだと母上に会うのが大変です」
阿離が言うと夜華は笑い、白浅は気まずそうに俯いた。

楽胥は声を立てて笑っている。

夜華やか、なぜ何も言わないの」
楽胥は夜華に声をかけた。

「確かにこれは天族と青丘の大事ゆえ、天君と狐帝が相談して決めるべきかと」
夜華が言うと楽胥らくしょは満足し、帰っていった。

「丹薬を入れたことをなぜ知ってるの」
白浅は夜華の肩に甘えるようにもたれかかり尋ねた。

「母上さえ茶が妙だと気づいた。私にわからなければ、あまりに愚かでは?」

「楽胥様はそのために来たのね。急に来たから変だと思った。天族は掟が厳しい上に疑り深いのね」
白浅が話すのを夜華は微笑んで聞いている。

夜華は白浅を抱き寄せた。

「こたび瀛州えいしゅうへ行ってよかった。そなたはよく話すようになった」

「私は昔からおしゃべりよ。ただもう14万歳だし、皆に敬われてるから、口を慎むようにしてる。私たちの婚儀はどうするの?」
白浅は夜華を見上げた。

「これは大事ゆえ長い目で見ねば。天君は先日戻った帝君との協議で忙しい。数日後天君に暇ができたら婚儀を願い出る」
夜華は言った。

『無口なあなたを待ってられない。兄上たちから両親に話をしてもらおう。そうすれば順調にいくはず』
白浅は夜華の胸に抱かれながら考えた。

洗梧宮せんごきゅうでは侍女たちが掃除をし、赤い布を運んでいた。

「夜華様は赤色を好まないわ。換えなさい」
素錦は命じた。

「夜華様の命です。白浅様が嫁いでこられるので準備しろと」

「そうだったの。未来の天后となる上神だから抜かりなくやらねば。私もこれから戻って、夜華様と楽胥様と贈り物の相談をすることになるはず」
素錦は言った。

「素錦様が嫁いだときは婚儀さえ行ってもらえず、天妃てんひになられた時のほうがましでした」
辛奴しんどは素錦の心情を案じた。

「私の夜華への思いは天さえも知ってる。誰が洗梧宮の真の女主人になるのか、まだ決まってないわ」
素錦は言った。

夜華親子と天君が集まり、婚儀の相談をしていると、央錯おうさくが夜華には人間界での修練が必要だと言い出した。

瀛州えいしゅうの猛獣は父神ふしんの修為を受けていました。夜華が殺したことは父神ふしんへの不敬です。天族の掟を調べたところ、夜華は罰を受けねばなりません」
央錯おうさくは言った。

「そなたの父の言うとおり罰は受けねばならぬ。…だが神芝草しんしそうを一掃した功に免じ、しばし人間界に落とすだけとする。修練は不要で運名簿は空白にしておこう。すべて天に任せるのだ」

天君はせいぜい2月以内に夜華は帰ってくるだろうから、婚儀の準備を急ごうと声をかけた…。

【ひかりTVショッピング】



感想

白浅が夜華に愛していると言い、結婚の約束をしました。
感動的な感じです。ただ状況が状況だけに、夜華が同情で言っていると勘違いしそうで怖い。

ものすごく今さらですが、玄女げんじょ離鏡りけい様の子の名前が応児おうじだと知りました。
以前から応児おうじという名は出てきていたのですが、それが人の名前だとは思わず、王子とか皇子という意味だと勝手に思っていました。
でも違っていて、応児おうじというのが赤ちゃんの固有名詞だったようです。

臙脂と子闌さんはロミオとジュリエット的な関係なんですね(いまさら)。
崑崙虚の弟子だから翼族を愛してはいけないと。
ぜひ墨淵ぼくえん上神が帰ってきたら、そこのところを聞いてみてほしいです。
でもどっりみち子闌さんは天族だから、翼族とは結婚できないのか?

素錦姐さんは楽胥様を使って白浅を追い詰めようとしましたが、上手く行きませんでした。
それどころか楽胥様は夜華を想う白浅の心に触れ、気に入ってしまった様子。
早く結婚しなさいと言い出し、素錦姐さんは暗い顔をしていました。

「素錦様が嫁いだときは婚儀さえ行ってもらえず、天妃てんひになられた時のほうがましでした」
辛奴!あんたは何で素錦の傷をえぐるの?何度目?
本当に素錦の忠実な侍女なの?素錦姐さん可哀想。

夜華が体力無いと言われて、ブチ切れた所、面白かった。
成玉と阿離がコメディ要因としていい仕事してました。

夜華は掟で人間界に行かなければならない様子。
今から?あと10話ですけど、間に合う?
早く帰ってきてください。

永遠の桃花~三生三世~ DVD-BOX3 [ ヤン・ミー[楊冪] ]

価格:15,840円
(2021/2/20 21:34時点)
感想(3件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました