永遠の桃花~三生三世~第47話 大きすぎる代償

第47話 大きすぎる代償永遠の桃花

永遠の桃花 第47話 あらすじ

折顔せつがん夜華やかの治療のため天宮に呼ばれた。白浅はくせん追魂ついこん術を使い疊雍ちょうようの丹薬を夜華が作ったことを悟った。夜華に会いに天宮へ向かった白浅は、夜華の苦しそうな様子を見て折顔に事情を聞きに行き、全てを知った。臙脂えんじ応児おうじのための丹薬を作ろうとしたが失敗した。崑崙虚こんろんきょ煉丹炉れんたんろでしか作れないと離鏡りけいに聞いた臙脂は崑崙虚に行きたいと考えたが…。

【ひかりTVショッピング】



永遠の桃花 第47話 登場人物

白浅青丘の東荒女帝。夜華と婚約している。別名:司音 素素(素素の記憶はない)
夜華天族の皇太子。丹薬作りのため右腕と一生分の修為を失った。
疊風崑崙虚の1番弟子。白浅の兄弟子。西海の第二王子。
疊雍疊風の兄。墨淵が疊雍の中で回復中のため、600年前から寝込んでいる。
折顔十里桃林に暮らす上神。医術に関しては右に出る者がいない。
白真白浅の兄。
素錦夜華の側室。白浅を陥れようと考えている。
阿離夜華と素素の息子。
成玉元は人間だった神仙。

永遠の桃花 第47話 詳しいあらすじ【ネタバレ有】

十里桃林じゅうりとうりん折顔せつがん白真はくしんがお茶の時間を楽しんでいると、天枢てんすうが訪ねてきた。

「折顔上神、九天である方をお救いください」

「九天には薬王がいる。わざわざそなたを頼るとは、容体が深刻で薬王もお手上げなのだろう」
白真はくしんは言った。

「また夜華やかだな」
折顔は九天に向かった。

夜華は寝込んでいた。

「己の修為しゅういをすべて丹薬にするとは。どうりで私が呼ばれたわけだ。そなたは運がいい。あと数刻遅ければ、私でも救えなかった」
折顔は夜華に言った。

「私の丹薬は白浅はくせんに?」
夜華は咳をし苦しそうにしながら折顔に尋ねた。

「渡した」
「よかった」

「よかっただと?己の姿を見ろ。天族の皇太子が右腕を失い、一生分の修為を失ってしまった。天君に即位する際、雷と荒火こうかに耐えらえまい」

「構いません」

「そうだろう。重要なのは心の中にいるあの“狐”だな。何も知らぬ白浅は大喜びで師匠を救っている」
折顔が言うと、夜華は自嘲気味に笑った。

「そなたの息子は?父親が危篤ならそばで泣くものだろう」

阿離ありは最愛の子です。あの子が泣く姿だけは見たくないので、霊山の法会に行かせました」

「そなたは男手ひとつで育ててきた。頭が下がる」

疊雍ちょうようが目覚め、白浅が脈診すると、疊雍はほぼ全快していた。

「この数日ずっと私のそばに?」
疊雍は白浅を見つめた。

「どこか不快なところは?」
白浅は疊雍の問いには答えず尋ねた。

「以前父が出したお触れの内容を知っているか」
「疊雍様の病を治せた者を西海せいかいの妃にと」

「当時私は同意しなかった。従者殿は美しい。だが私の好みの女子おなごではない」
「本当に不快なところはないと?」

白浅が言うと、疊雍は白浅の手の中から自分の手を引き抜いた。

「休まず看病してくれて感謝している。それほど私のことを思っていたとは。色恋など書物で読んだことしかない。わが身に起こり正直驚いている。皇太子殿下がそなたに会いに来たとか。殿下に慕われているのになぜ私に心を寄せる」

「そうですね。もう心を砕く必要はない」
白浅は疊雍の胸元から乱暴に玉魂ぎょくこんを取り出し、疊雍の部屋から出ていった。

廊下で立ち止まり、白浅は海を見ながら少し笑っている。
そこに疊風ちょうほうがきて、白浅に声をかけた。

白浅は疊雍に一方的に振られた話を疊風にして、二人で笑いあった。

「あとで確かめてください。折顔せつがんの仙気が師匠の元神げんしんをしっかり養っているかを」
白浅は疊雍の世話を疊風に頼み、自分の部屋に帰った。

白浅が部屋でくつろいでいると、疊風がやってきて疊雍の部屋に白浅を連れていった。

追魂ついこん術を使い探ってみろ。すぐに分かる」
疊風はあらかじめ眠らせておいた疊雍を探るよう白浅に言った。

白浅は追魂ついこん術を使い、墨淵ぼくえんを養っている仙気の主が折顔せつがんではなく夜華やかであることに気づいた。

「あれは間違いない。皇太子殿下の仙気だ」
疊風は白浅に言った。

「だから折顔せつがんは話をはぐらかしたのね。折顔が無傷だったのは、瀛州えいしゅうに行ってないからよ。なぜ私をだましたの」
白浅は泣いている。

「殿下はお前に拒まれることを案じて、折顔上神に丹薬を託したのだろう」
疊風が泣く白浅を慰めていると、疊雍が目を覚ました。

「どうした」
疊雍は泣く白浅に声をかけた。

疊雍ちょうよう様は回復されたので、私はもうお役御免です。私は急用で帰ったと水君にお伝えください」
白浅は足早に立ち去り、九天へ向かった。

南天門で白浅が要件を告げると、門衛は洗梧宮せんごきゅうに取次に行った。

洗梧宮では、白浅来訪の報せを受け、夜華が着替えていた。

「白浅上神には何も言うな。何か聞かれたら、私は政務で忙しくしていたと言え」
夜華は白浅を迎えに行く侍女に命じた。

南天門に夜華の侍女が迎えに来て、白浅は洗梧宮に向かっている。
白浅は侍女に夜華の様子を尋ねるた。

「大変お元気です。先ほど星君たちとの討議が終わり、書斎で上神をお待ちです」
侍女は白浅に言った。

『数万年の修為を失ったのにもう討議ができるなんて、回復が早すぎない?ただ大したことはなさそうね』
白浅は怪しく思いつつも、ひとまず安心した。

白浅が書斎に到着すると、夜華は座ってお茶を飲んでいて、白浅に気づいてほほ笑んだ。

白浅が夜華の右手を掴もうとすると、夜華は白浅の手を止めた。
白浅の手には血がついていた。

「これは?」
夜華は白浅に血の理由を尋ねた。

「1刻ほど前、追魂ついこん術を使い疊雍ちょうようの元神に入った時、うっかり少し血を吐いたの」
「いくら墨淵ぼくえんが心配でも自分の体も大切にしろ。そなたが倒れたら、墨淵ぼくえんも悲しむ」

「私は疊雍の元神で何を見たと?」
「墨淵か?」

「教えてちょうだい。神芝草しんしそうを守る猛獣はどんな姿形なの?折顔せつがんがくれた丹薬はあなたが作ったのね?修為はまだ残ってる?」

「分かった。正直に話そう」
夜華は立ち上がった。
夜華の右腕はずっと下に伸ばされたままだ。

「天君の命で東海へ行き瀛州えいしゅうを通りかかった時、ふと神芝草しんしそうのことを思い出し何株か採ってきた。猛獣の姿形だが、美しくない。愛くるしければそなたに贈ってもよかった。そなたが退屈な時、いい遊び相手になる」
夜華は話した。

「簡単なことのように言うのね。昔父は瀛州えいしゅうへ行き、満身創痍になったわ。丹薬はあなたが作ったのに、なぜ折顔はそのことを隠したの?」
白浅が言うと、夜華は笑った。

「折顔上神は私が作ったことを言わなかったのか?まったく困った方だな。私の手柄を奪うとは」
夜華は微笑んだ。

白浅は泣きそうになっていて、隠すように夜華から顔を逸らした。

「案ずるな。私は生まれつき修為が多く、昔天君からも頂いた。多少減っても何ら問題はない」
「今日はずっと左手しか使ってないわね。もう少し右手も使ったら?」

「実はうっかり神芝草しんしそうを採る時檮杌とうこつにかまれてな。だが軽い傷だ。薬王は“一月ほどで治る”と」
夜華は微笑んで話しているが、白浅は涙をこらえるのに必死だ。

『この年になれば、あなたの嘘位見破れる。でも私のために嘘をついてくれてるのよね』
白浅は夜華の気持ちを考え、「それを聞いて安心したわ」と知らないふりをした。

「白浅、心配しないでくれ。それより疊雍は丹薬を飲んだばかりだ。体調を崩すやも。九天にいる場合ではないだろう」

『そうとう無理してる。耐えきれなさそうだわ』
白浅は夜華にゆっくり休むよう言って書斎から出た。

すると夜華が咳込むのが聞こえてきた。
白浅は急いで折顔を探しに行った。

「兄上、折顔を見た?」
白浅は釣りをしている白真はくしんに声をかけた。

「十里桃林にいる。先日久しぶりに、後ろめたいことをして罪悪感を覚えているから、気晴らしに桃の木の世話をするとか」

白浅は十里桃林で折顔を見つけた。

折顔は酒を飲んでいて、折顔の前には桃花酔とうかすいが何瓶も並んでいる。

「どういうこと?」
白浅は少しでいいので教えてと折顔に頼んだ。

折顔は夜華のしたことをすべて話した。

白浅が西海せいかいにとどまっている間に、夜華は天君から神芝草しんしそうを一掃する許可を得たこと、そのおかげで夜華がひどい傷を負って帰ってきても夜華が白浅のために傷ついたと天宮の人達は考えなかったこと。

折顔は夜華が右腕を失ったことも話した。

「なんて馬鹿なの」
話を聞いて、白浅は言った。

「夜華はお前の許嫁として、墨淵ぼくえんへの借りを代わりに返した。私に嘘をつかせたのは、夜華の丹薬だと知ればお前が拒むからだ」

「夜華は私の性格をよく分かってるわ」

「そうだ。よく理解せねば物事は解決できん」
「これですべて分かったわ」

「大ざっぱな性格のお前に見破られるとはな。とはいえ万事1人で背負う夜華の性格は実にすがすがしい。若くしてかの猛獣4頭をすべて退治した。前途は洋々だ。ただあのすばらしい修為を失うとは。誠に惜しい」

檮杌とうこつはとても気性の激しい猛獣よ。いったんかみついたら骨までも飲み込むわ。“軽い傷だ”なんて」

「こうなった以上いくら心配しても意味がない。今夜はここで休め」

「夜華のもとへ行く」
白浅は立ち上がった。

「お前が行っても見守ることしかできん」
「それでも構わないからとにかくそばにいたいの」

「お前をだました夜華の苦心が無駄になる」
「大丈夫よ。だまされてるふりをするから」

「ならば行くがいい。滋養の丹薬がある。ついでに持っていけ」

白浅が紫宸殿に行くと、夜華はくつろいだ格好で出てきた。

「なぜ私を見つめる」
夜華は言った。

「あなたの姿がすてきだと思ったの」
疊雍ちょうようの世話は?夜更けに突然来るとは何かあったのか」

夜華は寝台に腰を下ろした。

「疊雍は大丈夫よ。もう私の世話は必要ないわ。私はあなたの手が心配で。何かと不便だろうから、手伝えればと思ったの」

「白浅、おいで」
夜華は自分の左隣をポンと叩いた。

「よくないわ。私はやっぱり阿離ありの宮殿に泊まるわ。もう休んで。明日また来る」
白浅が言うと、夜華は部屋の明かりを消し、白浅を背後から抱きしめた。

「私には左腕しかない。いやなら振りほどけ」
白浅は自分に回された夜華の腕に触れた。

「じゃあ今夜、寝台を半分使ってもいい?」
「その細身の体なら半分も必要ない」

白浅は夜華の寝台の左側に入って、いつもと違い左側を向いて寝ている。
夜華も左側を向いている。

夜華は白浅の上掛けをめくった。
白浅は両腕を胸の前でクロスさせている。

「布団もかけずにそんな端で寝るつもりか。私の懐で寝ては?」
夜華が言うと白浅は迷いながらも上掛けをかけた。

「2人で一緒に布団をかけて端っこで寝ましょ」
白浅は左を向いたまま言った。

夜華は白浅のすぐ近くに寄った。

「いい考えだ」
夜華は言い、白浅は目を閉じた。

「すべて知ったのか。やはり借りを作れないのだな」
「借りを作るのは好きじゃない」

夜華は白浅の顔をのぞき込むようにしている。

「寝たのか」
「ええ。もう寝たわ」

白浅は目を閉じたが少したって開けた。

しばらくすると夜華は咳込み白浅の様子をうかがいながら寝台から出て外に向かった。
夜華は外で咳込み血を吐いている。

白浅は気付き寝台の上で半身を起こしたが、夜華が戻ってくる気配を感じ寝たふりをした。
白浅は涙をこらえている。

白浅は隣に横になった夜華の方を向いて夜華の体に腕を回した。

翼族の兵は若水じゃくすいの様子を見にやって来た。
河は赤くなり、赤い雲が垂れ込めた。

紅蓮業火ぐれんごうかだ」
翼族の兵は擎蒼けいそうの復活を感じ叫んだ。

臙脂えんじ神芝草しんしそうと自分の修為で丹薬を作ろうとしていたが、失敗し血を吐き倒れた。
離鏡りけいは臙脂を助け起こした。

「私の修為じゃ丹薬を作れないの?」
臙脂は呟いた。

「翼界で丹薬を作ることは天に背く。危うく大事に至るところだった」
「作れそうだったのに」
臙脂は掌の上にある、緑色の光を放つ球を見つめた。

離鏡りけい墨淵ぼくえん煉丹炉れんたんろでなければ翼族の妖気を丹薬にできないことを話した。

臙脂は崑崙虚に行きたいと言ったが、離鏡は崑崙虚にとって翼族は敵であるため危険と判断し、臙脂の外出を禁じた。

離鏡の所に擎蒼けいそう復活の兆しが現れたとの報告が入った。

臙脂は赤子を連れて翼界を抜け出した。

素錦そきんのところに、白浅が深夜、夜華の紫宸殿に入ったと報告がなされた。

素錦そきんは今まで白浅と夜華の仲を引き裂けなかったが、ついに白浅の致命的な弱点を見つけたと辛奴しんどに話している。

「(白浅の弱点は)私と同じように夜華を深く愛してることよ。つまり私の弱点は白浅の弱点でもある。いずれ機を見て、じっくり素素そそのことを話すわ」
素錦は言った。

白浅が目覚めると夜華が白浅を見ていた。

「おきたの?よく眠れた?」
白浅は気恥ずかしそうに夜華に尋ねた。

「そなたがいればよく眠れる。そなたは?」
「阿離に会いたいわ」

「霊山で霊宝天尊れいほうてんそんの法会があるから成玉せいぎょくに連れていかせた。明日には戻ってくる」
「阿離はまだ幼いのよ。退屈するわ」

「霊山にはさとうきびがあるし成玉がついている。退屈はしない」
「あなたには感心する」

「なぜだ?」
「霊山に行かせたのは、負傷した姿を見せないためよね」

2人は顔を寄せ合って再び眠った。

成玉せいぎょく阿離ありはさとうきびをたくさんお土産に持って竹林を歩いている。

すると少し離れた場所で東華とうか霊宝天尊れいほうてんそんが話しているのが見えた。

成玉せいぎょく阿離ありと木陰に隠れ、2人の話を盗み聞きすることにした。

「上古の神々は次々に大難に遭い、混沌こんとんに戻った。生き残ったのはわずかだ。帝君も大難に遭ったようなものでは?」
霊宝天尊れいほうてんそん東華とうかを見た。

「いかにも。心が死ぬほどの難だ」
東華は言った。

成玉は顔色をなくした。

「どうしたの。帝君の話を聞いたら落ち込んだ」
阿離は成玉を心配している。

「“大難”の意味を?」

「神仙が試練を受ける話でしょ。僕たちは苦労しないで神仙の位を持ってるから、試練くらい受けないと不公平なんだ。乗り越えれば昇格して、失敗すれば消えてしまう」

「いいえ。大難はもっと恐ろしい。霊宝天尊れいほうてんそんの口ぶりだと、帝君は危険だわ」

「危険?」
「大難を乗り越えた神仙はほとんどいない。つまり大難に遭うとは混沌こんとんに戻るということ」

「混沌に戻るって帝君は死んじゃうの?」
「帝君が“大難”だと認めてた」

「帝君みたいな神仙はずっと生き続けるかと思った」
父神ふしんさえ大難に遭って亡くなったのよ」

阿離ありは早く天宮に帰って母に孝行したいと言い、成玉せいぎょくは早く鳳九ほうきゅうに伝えなければと考えた…。

【サンクゼール&久世福商店オンラインショップ】



感想

なんだか切ない回でした。
白浅はずっと涙をこらえている感じで、夜華は辛そう。
切なくて胸がいたくなるような回です。

疊雍さんに一方的に白浅がフラれてるところ、面白かった。
たぶん疊雍さんは、最後白浅が泣いてるの見て、自分に振られて泣いてると思ってると思います。

白浅と夜華が一緒に寝てるところはやっぱり好きです。
白浅の寝る時の癖がこの物語通してうまい具合に使われていて、それもいい。

右肩を下にして左腕を伸ばして寝るから、白浅の右側に寝てる人は白浅に腕を回されて眠れるわけですね。
今回の白浅はその自分の癖を利用してました。

素錦姐さんは、白浅の弱点=素素と気づきました。
素素がどれほど愛されていたかを話して白浅を傷つけようという魂胆のようです。

素素は亡くなっているということになっているので、対抗できないし白浅も傷つくでしょう。
白浅が素素に嫉妬したとしても、自分なのです。
そのことに早く気付いてほしい。
記憶を思い出して。

以前twitterの方で、「中国時代劇ビンゴ」というのをやったのです。
中国時代劇でのあるあるネタがたくさん書かれているのですが、その中に「吐血」という項目がありました。
今回もたくさん吐血してました。
最近では全く驚かないです。それくらい皆さん吐血してる。

帝君が死んじゃうの?
(´;ω;`)
それだけは勘弁してください。

永遠の桃花~三生三世~ DVD-BOX3 [ ヤン・ミー[楊冪] ]

価格:15,840円
(2021/2/20 21:34時点)
感想(3件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました