永遠の桃花~三生三世~第44話 結ばれた二人

第44話 結ばれた二人永遠の桃花

永遠の桃花 第44話 あらすじ

西海せいかいにいる白浅はくせんのところに、白真はくしんが会いに来た。白真と話し、白浅は自分が夜華に恋をしていることに気づいた。狐狸洞こりどうに帰った鳳九ほうきゅう東華とうかへの未練を断てずにいた。崑崙虚こんろんきょに霊気が立ち上ったのを見て、弟子たちが崑崙虚に集まってきていた。白浅は結魄灯けっぱくとうを貸してもらう礼に欲しい物を夜華に尋ねた。夜華は白浅が欲しいと言い出して…?

銀座の行列店「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」公式オンラインショップ【俺のEC】



永遠の桃花 第44話 登場人物

白浅青丘の東荒女帝。夜華と婚約している。別名:司音 素素(素素の記憶はない)
夜華天族の皇太子。
鳳九白浅の姪。東華に命を助けられ、好きになった。
迷谷白浅の従者。
白真白浅の兄。
白奕鳳九の父。白浅の兄。
東華最も尊い神仙。
司命人間の運命を司る神仙。
元貞少辛と桑籍の息子。
疊風崑崙虚の1番弟子。西海の第二王子。

永遠の桃花 第44話 詳しいあらすじ【ネタバレ有】

白浅はくせんが西海水君に与えられた部屋に帰ると、白真はくしんが会いに来た。

「顔色が良くないな。もう体の傷は治ったし、墨淵ぼくえんがじき戻ってくるのだろう。うれしくないのか?」

白真は白浅の様子を見て言った。

「もちろんうれしいわ」

「だがうわの空だ」

「たぶんさっき仙術を使ったせいよ」

白浅は夜華やかに強引に口付けられたことを思い出していた。

「正直に言うわ。阿離ありのことで夜華に腹を立てたのよ」

白浅は阿離に果実酒を飲ませ、夜華ともめたことを白真に話した。

「お前は阿離ありのような幼子に酒を飲ませた。しかも阿離ありが7刻も目覚めなかったのに夜華に知らせなかったのだろう?夜華が怒らなければ、逆におかしい。ただいつものお前なら笑い話にするはずだ。こたびはむきになり夜華の側室まで持ち出した。そこまでしたのは、もしや嫉妬したせいでは?」

白真は言った。

「まさか。でも確かに九天にいた2日ほどは、私らしくなかったわ。素錦を見ると不快だったし、夜華の説教も耐え難かった。本当に嫉妬かしら。まだ続いてるわけ?」

白浅は自問自答した。

「間違いないな」

白真は言い、白浅は驚いた。

「嘘でしょ。夜華やかは9万歳も年下で私の孫のようなものなのよ。若い側室を娶らせる気だったのに。もし本当に夜華が好きなら、愛を告白された時何か少しは感じたはずよね」

「何だと?告白されたのか。私の自慢の妹にほれるとは、実に見る目がある。年齢については、父上は母上より1万5000歳も年上だ。容姿が釣り合えばいい。お前たちは問題ない。側室を娶るかは…。以前折顔せつがんは私の嫁探しをしていたが、いい相手がいなかった。夜華に釣り合う相手もそうはいない」

白真は白浅の肩を叩いた。

「お前は色恋に疎く男女の情を分かっていない」

白真が言うと、白浅は白真の腕を払って少し不機嫌な表情を浮かべた。

「お前は夜華が去ったらどう思う?」

白真は白浅に聞いた。

白浅は少し考えてから話し始めた。

「夜華が初めて青丘に来た時違和感を覚えたわ。でもいずれは夫婦になって一緒に暮らすから、住まわせてあげたの。昼間は散歩に付き合わされ、夜華の執務中は隣にいて、夜は碁の相手をした。嫁げばずっとこう過ごすんだと思ったら、徐々に慣れたの。でも今ふと気づいたわ。夜華と一緒にいることが当たり前になってた」

白浅は白真を見た。

「お前は夜華に恋したんだ。そう悩むことはない。私は昔お前を侮辱するなと夜華を脅しておいたから…これで私も安心だ。頑張れよ」

白真は立ち去った。

「兄上、安心したって何よ。夜華を脅したって?」

白浅は白真の背中に向かって言ったが、白真は去った。

「どうすればいいの」

白浅はひとり呟いた。

『本当に夜華に恋したの?私としたことが情けないわ。こっちは9万歳も年上で、夜華の“祖母”と言えるほどの年なのよ』

白浅は両手で顔を覆い悩んだ。

九天では東華とうか司命しめいが話している。

「60年の修練がかくも早く終わるとは。私の運命を変えたのか?」

東華は司命に問うた。

「まさか。しかし確かに妙ですね。運名簿にはまだ続きがあったのに、突然消えました。帝君は並の神仙とは違うので修練も特別なのかと。早めに天宮へ戻られましたが、お体に問題は?」

「9割の仙力を失った。…修練を最後まで終えなかったゆえ、天罰を受けたのだろうが数年で回復するはず。この件は伏せておけ。他言は無用だ」

東華は司命に命じた。

狐狸洞こりどうに帰った鳳九ほうきゅうの頬に涙が一筋流れた。

鳳九は自分でも気づかなかったように涙に触れた。

「恩返しが済み帝君との縁も切れましたね。…随分お痩せになって」

迷谷めいこくは鳳九に声をかけた。

「迷谷、教えて。帝君は人間界で私に怒って死んだの。恩返しどころかまた借りが?」

「鳳九様、そう考えたら切りがないですよ」

迷谷は言った。

「でもはっきりさせなきゃ未練を断てない」

鳳九は呟いた。

「では伺いますが、仮に恩を返したとして、本当に東華帝君を諦められますか?」

「迷谷、いい点を突いたわね。私と帝君は本当に恩返しだけの関係なの?」

鳳九が言うと、迷谷は目を逸らした。

「人間界で何年も一緒にいた意味は何?芝居だと結末はいろいろで、恩返しをするうちに添い遂げたり、恩を返したとたん別れることもある。私と帝君はどういう種類?」

鳳九は迷谷を見た。

「私が鳳九様に尋ねたのになぜ聞き返すんですか」

迷谷がいい、鳳九が答えに迷っていると、鳳九の父・白奕はくえき狐狸洞こりどうにやってきた。

鳳九はお仕置きされるのが嫌で逃げようとしたが、なかなか逃げられずにいた。

白奕はくえきが鳳九を打とうとしたとき、白真が現れ鳳九を助けに入った。

「兄上、手加減してくれ。鳳九は父上の唯一の孫だ。万一のことがあったらどうする」

白真は白奕はくえきに言った。

青丘せいきゅうの面汚しなど死ねばいい」

白奕は吐き捨てるように言った。

「まったくなんてことを言う。私には子がおらず白浅の婚儀も先送りに。将来青丘の五荒ごこうの帝位は鳳九が継ぐやも。大目に見てやってくれ」

白真は白奕にとりなした。

「叔母上にはもう息子がいます」

鳳九が言うと、白真と白奕は「何だと」と驚き鳳九を見た。

「皇太子の息子のことです。義理とはいえ叔母上の子でしょ」

「夜華の息子のことか。鳳九驚かせるな」

白真は言った。

「夜華にはもう息子が?」

白奕は阿離の存在を知らなかった。

「天族はわれら狐族こぞくと違って妃を増やしたがる。白浅が嫁ぐ前から夜華にはもう息子がいるなどまったく耐え難い屈辱だ」

白真は夜華の能力を認めているものの、すでに息子がいることについては納得していない様子だ。

「白浅が慕う男はただ1人。墨淵ぼくえんしかいない。この縁談もお流れになるだろう」

白奕は言った。

鳳九は白真はくしんと白奕が話しているのをいいことに、徐々にあとずさり逃げようとしていたが、白奕に気づかれてしまった。

白真は鳳九を西海せいかいの白浅に付き添わせようと言って、鳳九を逃がしてくれた。

鳳九が無事に狐狸洞こりどうから出ると、外に元貞げんていがいた。

元貞は鳳九に会いに来たと言ってもじもじしている。

「人間界の皇宮で私たちは…」

元貞が話そうとするのを、鳳九は遮った。

「誤解しないで。私はあなたを何とも思ってない」

鳳九は言った。

「では、なぜ浴場で…」

「あの件には事情があって、私と帝君の愛の試練にあなたは巻き込まれたの」

「ならよかった」

「もう天上へ戻ってきたの?」

「人間界の父の帝君が死に、私は謝罪のため自害したので60年の修練を終えずに戻ってきました」

元貞は話した。

「私に巻き込まれたわけね。許して」

「そんな、とんでもない。鳳九様のおかげで早めに仙班せんはん(神仙の仲間)に戻れたのです」

元貞は鳳九に感謝し、鳳九は西海せいかいに向かった。

崑崙虚こんろんきょには墨淵ぼくえんの弟子たちが集まってきて再会を喜び合っていた。

崑崙虚こんろんきょに霊気を見たのです」

弟子たちは口々に言っている。

その中に子闌しらんはいなかった。

人間界に行っているのだ。

「7万年前、師匠が東皇鐘とうこうしょうを封印し令羽れいうが戦場で果てたのち、司音しいんは師匠の仙体を携え姿を消しました。今崑崙虚の霊気が再び立ち上り、弟子たちが戻ってきました。師匠がいつ戻るにせよわれらは信じています。師匠は必ず崑崙虚を再興してくださると」

1番弟子の疊風ちょうほうは、墨淵ぼくえん軒轅剣けんえんけんを掲げ、おとうと弟子たちと共に崑崙虚に帰ってきたことを墨淵に報告した。

白浅は夜華に言われた通り、夜、夜華の部屋に向かった。

夜華は部屋の前で酒を飲んでいた。

『昨日、奈奈だいだいから聞いた話だと、阿離ありがお酒に弱いのは父親譲りのはず。…酒瓶が5本も。結構いける口ね』

白浅は夜華の様子を見て思い、夜華に近づいた。

夜華は白浅に気づくと白浅を室内に導き、結魄灯けっぱくとうの所へ案内し使い方を教えた。

「分かったわ。十分に注意する」

説明を受けた白浅は、夜華に言った。

「墨淵のことならそなたは全力を尽くす」

夜華は言い、部屋の奥の方へ行った。

白浅は結魄灯けっぱくとうを見て、人間の記憶が残っているのを感じた。

「人間の匂いが残ってるわ。これは」

白浅は夜華を見た。

「かつて私が使った」

夜華は言った。

「奈奈から聞いたことがある。この灯りで阿離の母親を作ろうとしたのよね。じゃあ遠慮なく借りるわ。ただ結魄灯けっぱくとうは天族の秘宝のはずよ。そんな簡単に私に貸しても大丈夫?実を言うとこう思ってたの。これを借りたら、青丘と天族は貸し借りを帳消しにできるとね。でもあなたが届けてくれるなんて、とても感激してる。すごく助かったもの。お礼をしなきゃね。欲しいものがあれば言って。できるだけのことはする」

白浅は夜華に感謝した。

「欲しい物はない」

「本当にないの?じゃあもう戻るわ」

白浅はくるりと後ろを向いた。

「欲しいのは…」

夜華が話し始めたので、白浅は夜華を振り返った。

「1つだけだ。そなたに他ならない」

「私が欲しいと?」

2人は見つめ合った。

「この話はなかったことに」

焦った白浅が立ち去ろうとすると、夜華は仙術で扉を閉め白浅の行く手を阻んだ。

夜華はゆっくりと白浅に近づくと、白浅を横抱きにして寝台に運び寝かせた。

夜華は上衣を脱ぎ白浅の衣に手を掛けようとした。

白浅は慌てて起き上がり逃げようとしたが、夜華は白浅を押し倒し口付けした。

夜華に口付けられ、白浅の頭の中に赤い花嫁衣装を着て夜華と初夜を過ごす映像が浮かんだ。

『まさか初夜を夢みるほど、私は夜華に恋い焦がれてたってこと?』

夜華の口付けを受けながら、白浅は考えた。

白浅の頭には次々と初夜の映像が浮かぶ。

気づくと白浅も夜華も裸になっていた。

「私の衣は?」

「面倒だから仙術で消した」

白浅は慌てて夜華の体に上掛けを巻いた。

「ちょっと待って。私と一緒になりたいの?」

「そのとおりだ」

夜華は白浅の口を自分の口でふさいだ。

白浅と夜華は2人で寝台に寝ている。

白浅は夜華に腕枕され寝ているが、夜華は眠る白浅を見ていた。

『今生で最後だろうがそなたを抱けてよかった。そなたの心には墨淵しかいなくても…』

夜華が考えていると白浅が目を覚ます気配があった。

夜華は涙をぬぐい、笑顔で白浅を見た。

「起きたのか」

夜華が声をかけると、白浅は夜華に近づき顔を寄せた。

「以前白真兄上はあなたをよく褒めたわ。あなたが出陣すれば百戦百勝だとね。なぜ鮫人こうじん族の戦では死にかけたの?」

「故意でなければ、かすり傷ひとつ負わなかった」

「わざと負傷したと?」

「私は他人を羨まないが桑籍そうせき叔父上だけは別だ。桑籍叔父上と少辛しょうしんの件を?」

「もちろん知ってるわ。忘れたの?私は当事者なのよ」

白浅が言うと、夜華は少し笑った。

「桑籍叔父上は辛酸をなめたものの、結局少辛と結ばれた。天君に寵愛されるも立太子されず、皇太子という身分に束縛されなかった」

「あなたは?」

「私は…。私は皇太子だが、幸い私が愛したのは青丘の白浅上神だ」

夜華が言うと、白浅は夜華の体に腕を回し目をつむった。

「白浅、もし誰かがそなたの目を奪ったら、その者を許せるか」

「私の目を奪える者なんてこの世にいないわよ」

白浅は目をつむったまま言った。

「私が奪ったとしたら?」

「あなたが?」

白浅は目を開け夜華を見た。

「もしそんなことをしたら、私たちの関係もこれまでよ」

白浅は微笑んで言い、夜華の顎に指先で触れた。

結魄灯けっぱくとうのことだが、忘れるな。3日間絶対に火が消えないよう片時も目を離さずに見守れ」

「分かったわ。細心の注意を払う。安心して」

「しっかり寝ろ」

夜華は白浅の肩を抱き、目を閉じた。

白浅は自分にそっくりな人間が夜華と生活している光景を夢に見た。

人間は夜華の名を呼び叫びながら、大雨の中 林から出ていく。

「林を出るなと言われたでしょ」

白浅は夢の中でその人間に叫んだ。

白浅が起きると夜華やかはいなかった。

『最近なぜか、よく妙な夢を見るわ。私の寝殿では?夜華が送ってくれたの?』

白浅が寝台横の台を見ると、そこには結魄灯けっぱくとうが置かれていた。

『夜華とは思い合ってる以上、破談にはできないわね』

白浅は考え夜華に会いに行こうとしたが、夜華はすでに天宮に帰った後だった。

鳳九は西海せいかいに到着し、白浅に抱きつき挨拶した。

「帝君への恩はちゃんと返せた?」

「本当に返せたのか分かりません」

「随分と深い傷を負ったようね。どこに傷を?」

白浅は鳳九の腕をさすりながら言った。

鳳九は首を横に振った。

「ここでは?」

白浅は鳳九の胸に触れた。

鳳九はハッとして、「すべてお見通しですね」と浅に抱きつき涙を流した。

「ほら泣かないの」

白浅は鳳九の背中を軽くたたき慰めた。

夜華は天君に神芝草しんしそうは存在すべきでないと奏上し、神芝草しんしそうを一掃する役割を与えてくれるよう頼んだ。

「私はここ数年で体力が大いに衰えたゆえ、そなたに譲位したいが、まだよき機会がない。こたびそなたが4頭の猛獣を倒せれば…。よかろう。神芝草しんしそうを一掃し世の災いを除け」

天君は3万の兵を連れていくよう夜華に命じたが、夜華は1人で行くといった。

「この件が世間に知られれば私が行く前に神芝草しんしそうを奪おうとする者が現れるかもしれません」

夜華は1人で行く理由を説明した。

「だがそなた1人で猛獣を倒せるのか?」

「天君の位を継ぐ者が、猛獣さえ討てずして皆を従えられましょうか。3日で退治して参ります」

「よかろう。では3人だ。吉報を待っておる」

夜華は希望通り天君の命を受けることに成功した。

西海せいかいにいる白浅は、ついに疊風ちょうほうと会ってしまった。

疊風ちょうほうは白浅を見て司音しいんだと思ったが、女性の格好をしているので玄女げんじょだと考えた。

「言え。なぜ西海せいかいにいる」

疊風ちょうほうは白浅を玄女げんじょだと思い、厳しい口調で白浅を指さした。

疊風ちょうほうさん、私は司音しいんです」
白浅は観念して名乗り出た。

「誠に?私のおとうと弟子か」
疊風は白浅の腕をつかみ顔をのぞき込んだ。

「私は皆さんに黙って師匠の仙体を盗みました。申し訳ありません」
白浅が謝罪すると、疊風は白浅を抱きしめた。

「司音、散々捜したんだぞ。7万年かかってようやく見つけた」
疊風は感極まった様子で話している。

「疊風さん」
白浅は疊風の背中を軽くたたいた。

「なぜ女の格好を?折顔せつがん上神の従者というのはお前のことか?この7万年ずっと十里桃林に?」
白浅は女であること、青丘の白浅であることを話した。

「7万年もわれらをだますとは。青丘の白浅、青丘の白浅か。数百年前擎蒼けいそうに異変が生じた時、白浅が封じ四海八荒しかいはっこう(四方の海と八方の果て)の太平を守った。われら崑崙虚の者にしかできないことだ。立派だ。すばらしい。司音、師匠の仙体はどこにある」

白浅は疊雍ちょうようの中に墨淵ぼくえんが眠っていることを疊風に話した。
疊風は兄の病の原因を知り、納得した。

鳳九は結魄灯けっぱくとうの灯りを守る白浅のために、料理を作って差し入れた。

「私がいない間、皇太子が料理を作ってくれたとか」
鳳九は白浅に尋ねた。

「確かによくやってくれたわ」
「顔が赤いですよ」

鳳九が白浅の顔をのぞき込むと、白浅は息を飲んだ。

「叔母の私をからかうつもり?」
白浅は恥ずかしそうに頬に手を当てた。

「恋したんですね。乾杯しましょう。恋に無縁だった叔母上が、ご自身の許嫁に心ときめいた。めでたいです」
鳳九は杯に酒を注ぎ白浅の前に置いた。

「悪いけどお酒は飲めないわ」
「叔母上はどんな時でもお酒を飲むし、もう墨淵ぼくえん上神の元神が見つかったのに飲まないと?」
白浅は結魄灯けっぱくとうを守らなければならないことを話した。

「どう入手したんです?」
鳳九は白浅に尋ねた。

「夜華が持ってきたの」

『皇太子は素素そそへの未練を断てたようね。これでひと安心だわ』
白浅の話を聞き、鳳九は考えた。

夜華が瀛州えいしゅうに行くと聞き、夜華の側近・天枢てんすうは同行を申し出た。
しかし夜華やかは「そなたでは私の助けにならない」と同行を拒否した。

「私は必ず神芝草しんしそうを手に入れる。だが3日後に戻らなければ、誰も瀛州えいしゅうに近づけるな。とりわけ青丘の白浅上神だ。よいな」

夜華は天枢てんすう伽昀かいんに命じて…?

富士山のバナジウム入り天然水【フレシャス】



感想

今回はご褒美回です。

白浅は白真兄上と話して、夜華への恋心を自覚しました。
恋の相談にも乗ってくれる、やさしい兄がいるって羨ましいです。

白真兄上は「夜華を脅し」たと言っていますが、それは22話の離怨の反乱でのことですね。兄上は北荒の地図を作る役を引き受けましたが、その際夜華に釘を刺していました。

白真兄上は今回大活躍で、鳳九を助けたのも白真兄上でした。

鳳九は帝君を諦められていません。
というか、人間界で夫婦として暮らしていたのに諦めるとか無理でしょ?
帝君は鳳九のために人間界に行って、そこでだけは鳳九を愛してあげようと思ったみたいですけど、そんなの無理です。

「誰かを愛する以上全身全霊を傾けるべきです。誰も見てない時でも、必死に愛さねばなりません」
鳳九は35話で、このように言っていました。
全身全霊で帝君を愛している鳳九が、人間界での役目を終えたからと諦めきれるはずがありません。

帝君のしたことは優しいようで、やさしくないような…。
視聴者的にはありがたかったですが。

そしてついに白浅と夜華が!!!
すごく、どきどきしました。
気持ちは通じ合ってないけど、でもお互い好きな気持ちを自覚してから結ばれて良かったです。


白浅は最中に素素として夜華と初夜を過ごした記憶を思い出していますが、素素だった自覚がないため自分の願望だと思っています。
白浅の記憶が戻るのでしょうか?

夜華は白浅の目を自分がとったことを気にしているのですね。
白浅は笑っていましたが、「もしそんなことをしたら私たちの関係もこれまでよ」と言ってしまいました。

夜華は白浅を抱けるのもこれが最後だと、切ない気持ちになってしまっています。


前話で、白浅は神芝草しんしそうを採るため天后になる試練を耐えられないと言い、婚約解消を言い出しました。
そのため夜華は自分が神芝草しんしそうを取りに行こうと思っているようです。

神芝草しんしそうは臙脂と玄女げんじょも狙ってます。どうなるのでしょうか。

永遠の桃花~三生三世~ DVD-BOX3 [ ヤン・ミー[楊冪] ]

価格:15,840円
(2021/2/20 21:34時点)
感想(3件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました