永遠の桃花~三生三世~第32話 初めての家族団欒

第32話 初めての家族団欒永遠の桃花

永遠の桃花 第32話 あらすじ

夜華やか狐狸洞こりどうに執務室を作り、阿離と共に住み始めた。夜華から俊疾しゅんしつ山のことを尋ねられた白浅はくせんは、夜華の目的は墨淵上神だと考え、炎華洞えんかどうの入口を隠し、玉清崑崙扇ぎょくせいこんろんせんを湖の底に隠した。素錦そきんは夜華が青丘に住み始めたことを知り、辛奴を青丘に向かわせたが辛奴は追い払われてしまった。怒った素錦そきんは北海水君の息子の話を聞いて、一計を案じて…?

【伊藤久右衛門】


永遠の桃花 第32話 登場人物

白浅青丘の女帝。素素という人間として生きた記憶を消した。
夜華天族の皇太子。愛する人間の妻・素素を失った。白浅=素素ではと考えている。
阿離夜華と素素の息子。
迷谷白浅の従者。木の精。
素錦若水の戦いで全滅した素錦族の生き残り。夜華の側室。
辛奴素錦の忠実な侍女。
疊風墨淵上神の一番弟子。
子闌墨淵上神の15番弟子。

永遠の桃花 第32話 詳しいあらすじ【ネタバレ有】

厨房から迷谷めいこくの叫び声が聞こえ、白浅はくせん夜華やかは厨房へ向かった。

迷谷めいこくは怪我してしまっていた。

 

「昼食は諦めましょう。1食抜いても平気よ」

白浅は言った。

 

「阿離はどうする」

夜華やかは白浅を見た。

 

「人間界へ行き、鳳九を連れ戻して。“青丘の一大事だ”とね」

白浅は迷谷めいこくに命じた。

しかし迷谷めいこくは人間界で鳳九を探すことはできない。

 

「じゃあ今すぐ張り紙をして。料理人を募って」

迷谷めいこくはすぐに出掛けていった。

 

夜華は白浅に手伝わせ、料理を始めた。

白浅はまきをくべる係、夜華は料理する係だ。

 

「料理上手な前夫人に仕込まれたのね」

夜華の手際の良さを見て、白浅は言った。

夜華は黙っている。

 

『まずい。前夫人は跡形もなく消えたはず。傷口をえぐっちゃったわ』

白浅は気まずさに顔を逸らした。

 

「そなたと同じように料理は苦手だった。私に出会う前、どう暮らしていたやら」

夜華やかは言った。

今度は白浅が黙り込んだ。

 

「どうした」

夜華は白浅に声をかけた。

「あなたが辛いかと思って」

素素そそ

夜華は白浅を見た。

 

「ほら悲しすぎて私を呼び間違えたでしょ」

白浅が言うと、夜華は微笑した。

 

俊疾しゅんしつ山のことを?」

俊疾しゅんしつ山?私は…」

 

『昔子闌しらんさんと行った所だわ。私が司音しいんだったことを皇太子は知り、師匠の仙体を取り戻そうとここへ来たの?』

白浅は考えた。

 

「どうした後ろめたそうだな」

「そんなことない」

白浅は料理の話をしてごまかした。

 

料理が出来上がり、親子3人と迷谷めいこく、併せて4人で食卓を囲んでいる。

夜華は阿離の口元に甲斐甲斐しく料理を運んでいる。

夜華は白浅にも料理を取り分け差し出した。

 

「政務を執る部屋が欲しい」

夜華は白浅に言った。

 

「ここで政務を?」

「数日暮らす」

白浅は白真はくしんの部屋だったところを夜華の執務室にした。

 

夜、夜華は阿離を寝かしつけている。

白浅は迷谷めいこくを呼び、二人話し合った。

 

迷谷めいこくは、夜華が来た目的は墨淵ぼくえんではないかと言った。

「あなたにしては珍しく頭がさえてるわね」

 

白浅は墨淵の仙体を安置してある炎華洞えんかどうの入口を仙術で封じ、玉清崑崙扇ぎょくせいこんろんせんを湖の底に隠した。

狐狸洞こりどうに帰った白浅を、夜華は囲碁に誘った。

 

疊風ちょうほう子闌しらんは東海の宴の帰り、海を見ながら話している。

疊風ちょうほうは7万年間墨淵と司音の行方を捜しているが何の手掛かりもつかめていない。

 

「一番弟子たる者が、おとうと弟子さえ守れず師匠に申し訳ない」

疊風ちょうほうは言った。

 

「おやめください。われらあに弟子たち全員の責任です」

子闌は疊風を見た。

 

子闌は崑崙虚こんろんきょを立て直すために崑崙虚に戻り、疊風は司音しいんの捜索を続ける。

二人はお互いの道を進んだ。

 

人間界で司音を探していた疊風も、崑崙虚にいる子闌も黒衣の集団に襲われた。

襲ってきたのは翼族のようだが、二人とも理由が分からなかった。

 

白浅は囲碁を打ちながら寝てしまった。

起きると、伽昀かいん天枢てんすうが来ていた。

 

伽昀かいんは政務に必要な文書を届けに来ており、天枢てんすうは阿離と夜華の護衛だ。

「白浅様と殿下の暮らしを邪魔せぬよう、姿が見えないようにします」

天枢てんすうは言った。

 

天宮では、辛奴しんど素錦そきんに、夜華が青丘で政務を執っていることを報告した。

 

「夜華は1度会っただけの白浅と、もう一緒に住むの?」

素錦は恐ろしいものを見たような表情を浮かべている。

 

「九尾白狐は妖艶なうえ迷魂めいこん術も操るとか。あの者は恐らく、夜華様に何かよからぬことをして惑わしたのでは?」

辛奴しんどは素錦に自分の考えを伝えた。

 

「妖艶だから何なの?昔巴蛇はだ桑籍そうせき殿下を奪われた女よ。私は努力を重ねてきた。目を交換する苦しみに耐え、結魄灯けっぱくとうを献上し、やっと夜華に嫁げたのに。白浅は狐帝こていの娘というだけで、夜華の正室になれるなんて。この世の中は本当に不公平だわ」

素錦は立ち上がり、ゆっくり歩きながら話している。

 

「まったくです。何とかしてあの者を懲らしめましょう」

 

「だめよ。あの者は四海八荒しかいはっこう(四方の海と八方の果て)で敬われる青丘の東荒とうこう女帝だし、天君が決めた皇太子妃でもある。真っ向から戦って勝てるわけがない」

 

「ならばこのまま耐えると?」

 

「いいえ。そうではないわ。私は逆境を克服してきた。夜華が望まない中洗梧宮せんごきゅうに嫁ぎ、私が夜華の唯一の寵妃だと皆に思わせた。私の武器は忍耐などではない。肝心なのは、ここよ」

素錦は自分の頭を指先で示した。

 

「ごもっともです」

辛奴しんどは頭を下げた。

 

「天族は1度婚約を破談にしたから、もう白浅との縁談を拒めない。夜華は素素そそへの未練を断てないと思ってたけど、東海へ行ったとたん白浅に魅入られるとはね。あの邪魔者を除く最善の手は、あの者から破談に持ち込ませることよ」

素錦は辛奴しんどを見た。

 

「白浅は夜華に気がないはず。しかも東荒とうこうの女帝なのよ。“夜華に嫁いだら束縛され窮屈だ”と思わせれば、怒りに任せて縁談を断るかも。そこまでせずとも夜華にいい顔をしないわ」

素錦は想像を膨らませた。

 

「さすが素錦様です」

辛奴しんどは膝を折った。

 

「すぐに青丘へ行き、あの者に忠告してきなさい。天族には掟があることを分からせて。“夫婦になる前から肌を重ねるなどもっての外”。そう言ってあの者の鼻を折るのよ」

素錦は命じ、辛奴しんどはすぐ青丘に向かった。

 

天宮に到着した繆清きゅうせいは素錦の前でひざまずき、阿離を救ったことを話していた。

 

「私は夜華様に代わり、どう恩返しすべきかしら」

素錦は言った。

 

「滅相もない。あえて願いを申し上げるなら、夜華様の侍女としてお仕えできれば幸いです」

「あなたは東海の姫よ。洗梧宮せんごきゅうに嫁いできても誰も文句を言わないわ。ただの侍女でいいなんて、本心なの?繆清きゅうせい王女。お立ちなさい」

素錦は優しく繆清きゅうせいを立たせた。

 

「あなたは高貴な身分で、阿離の命も救った。妃になるのは難しくないわ。この7万年洗梧宮せんごきゅうの妃は私しかいないから、とても寂しいの。あなたが望めば、夜華様との縁談をまとめてあげるわよ」

 

「感謝します」

繆清は笑顔で素錦に頭を下げた。

 

「私と同じで夜華様に一途なのね。ところで東海水君が先日開いた祝宴には、白浅上神も行ったとか。あの伝説の方に会えた?」

 

「白浅上神?」

繆清は考えている。

 

「あら言いにくいの?」

「いいえ。ただ、私は白浅上神を素錦様だと間違えたので」

「興味深いわね。話を聞かせて」

繆清は素錦の側に寄った。

 

辛奴しんどが青丘を訪ねると、青丘の民が集まり辛奴しんどを遠巻きに見物しだした。

 

「お前の主に会いたい」

辛奴しんどは身分を明かし、迷谷めいこくに言った。

 

「私の主は夜華様と夜遅くまで碁を打っていた。今はお休み中ゆえ話があれば私に」

迷谷めいこく辛奴しんどを見た。

 

「素錦様は決して心の狭い方ではなく、未来の天君の妃でもある。こたびは厚意で私を遣わした。白浅上神と皇太子殿下は夫婦になる前から肌を重ね、むつみ合うなどもっての外。昔の天君さえそこまではしなかった。しかも繆清王女が天宮に召された以上、皇太子殿下は冷遇すべきではないはず」

辛奴は言った。

 

「天族は煩わしい掟が多すぎる。たかが小仙のくせに偉ぶりやがって。青丘を甘く見るな」

迷谷が目配せすると、青丘の民も「そうだ」と言って加勢した。

 

「白浅様が側妻のいる皇太子を嫌わないだけ感謝しな」

「さっさと去れ」「青丘から消えて」

民たちは辛奴を追い返し、迷谷はにんまり笑った。

 

起きてきた白浅は、何の騒ぎかと迷谷に聞いた。

 

迷谷は、素錦がよこした侍女を民が追い払ったのだと話した。

 

「素錦?…侍女が何か言ったの?」

「白浅様と殿下について、“夫婦になる前から肌を重ね、むつみ合うなどもっての外。昔の天君さえそこまではしなかった”と。それで民は怒ったんです」

迷谷は言った。

 

「分かったわ」白浅は立ち去り、迷谷は失言だったと自分の口を叩いた。

 

白浅は夜華の執務室を訪ねると、夜華は絵を描いていた。

 

「あなたの側室の侍女がさっき来たわ。その侍女の言葉は事実とは違うけど、考えてみたら一理あると思うの」

 

「何と言った」

「あなたと私は夫婦になる前から肌を重ねむつみ合ってると。事実ではないわ。でもあなたがここに住むのは確かによくない。違う?」

白浅は夜華を見た。

 

「そなたはいずれ私の妻になる。他人の言葉は気にするな」

「私の年だと普通あなたの年頃の孫がいる」

 

「なぜ数万歳の年の差に何度も触れる」

「意味はないわ。繆清きゅうせい王女を天宮に召したそうね」

 

「そうだ。白浅座ってくれ。横になって。楽な姿勢でいい。顔はこちらに向け、ほほ笑んで」

夜華は白浅の絵を描き始めた。

 

『真面目な話をしてたのに随分と気まぐれね』

白浅は思った。

 

繆清きゅうせいは西海水君の次子との縁談を、どうしてもいやがった。繆清は阿離の命の恩人ゆえ、天宮の侍女にしたのだ」

夜華は絵を描きながら話した。

 

西海せいかい水君の次子は悪い方じゃないわ」

「面識が?」

『また探りを入れてる』

白浅は思った。

 

「いいえ白真はくしん兄上から聞いただけよ。それにその方は墨淵ぼくえん上神の弟子でしょ?遊び人のわけがないわ。ただの口実ね」

 

夜華が絵を描き終える頃には、白浅は寝てしまっていた。

夜華は眠る白浅に自分の衣をかけ、寝顔を見守った。

 

素錦の下へ帰った辛奴は、青丘でのことを報告した。

 

「青丘は白浅がやっかいなうえ、民も皆野蛮です。“天族は煩わしい掟が多すぎる”とけなし、青丘では体裁より心が通い合う方が大切だと。…腹立たしいことに、高慢な白浅は私に会おうともせず、従者に私を追い返させました。私は素錦様の侍女なのにですよ」

 

「何はともあれ、私はかつて天妃てんひだったし、天君の命で夜華に嫁いだ洗梧宮せんごきゅうで唯一の妃なのよ。この私を侮るなんて」

 

「そればかりか青丘の野蛮な民は…素錦様を夜華様の側妻と言い、白浅に嫌われないだけ感謝しろと」

 

「無礼な」

素錦は怒りを露わにし、床に拳を叩きつけ、話し続けようとする辛奴を黙らせた。

 

「素錦様どうされました?」

「やめろと言ってるの」

素錦の激しい怒りに触れ、辛奴はひざまずいた。

 

素錦は立ち上がった。

 

「よく考えてみるわ。あの女狐から夜華をどう取り戻すかを」

「今日は天君の誕生祝の宴です。お怒りなきよう」

辛奴が言うと、素錦は深く呼吸を繰り返した。

 

「大丈夫よ。少し興奮しただけだから。心配ないわ」

 

素錦は天君の誕生祝の招待客について辛奴に尋ねた。

 

「そういえば北海水君が長子の元貞げんてい様と共に来ます。…天君は元貞様からの誕生祝の言葉に喜び、北海水君に元貞様を連れてくるよう命じました。長年にわたる北海水君と天君の間の溝も、これで多少は埋まるのでは?」

辛奴の言葉から、素錦はなにかひらめき、辛奴に準備をするよう命じた。

 

素錦の計画を聞いた辛奴は「本気なのですか」と驚愕の表情を浮かべた。

 

夜華は迷谷と川辺で話している。

 

「白浅が1万歳の時、そなたは狐狸洞こりどうへ?」

「はい。その頃ここへ来ました」

 

「白浅は上仙、さらに上神へと昇格するまで、2度の試練を経たはずだ」

「ええそうです」

「どんな試練だったか聞かせてくれ」

 

「お待ちに。年を取るとなかなか思い出せなくて」

迷谷は愛想笑いをした。

 

『殿下は墨淵ぼくえん上神のことを聞き出す気か。うまくごまかそう』

迷谷は警戒した。

 

「上仙に昇格なさった時は、ちょうど狐狸洞こりどうにおられました。上神への昇格はご存じのように擎蒼けいそうと戦った時です」

迷谷は言った。

 

「擎蒼と戦った時?」

「はい」

『擎蒼と戦って記憶を失い人間になったのか。夜華よ。白浅こそ素素だ。なぜ何度も確かめる。たとえ私を忘れていようと戻ってきただけで十分だ』

夜華は自分に言い聞かせた。

 

「何かうれしいことでも?」

迷谷は黙ってしまった夜華に声をかけた。

 

「別に。私は白浅と人間界へ行く」

 

夜華は狐狸洞こりどうに戻り、阿離と共に白浅を誘いに行った。

 

白浅は狐狸洞こりどうにいたかったが、阿離に可愛くおねだりされて、一緒に行くことにした。

 

男装した白浅、夜華と阿離は3人で人間界の商店街を歩いている。夜華は人間界にとても慣れていた。

「今日はなぜ人間界へ?昨日山ほど文書が届けられたのに」

白浅は夜華に聞いた。

 

「阿離の誕生日だ」

夜華は小声で答えた。

 

「水くさいわね。なぜ教えてくれなかったの。“母上”と呼ばれてる以上、お祝いくらい贈りたかった」

夜明珠やめいしゅを贈るつもりか?」

 

「なぜそれを?」

「そなたは相手に合わせて大小さまざまな夜明珠やめいしゅを贈る。だがあれは高価な品だ。阿離はまだその価値が分からない」

 

「身の丈の半分ほどの夜明珠やめいしゅがあってね。阿離の宮殿に飾ればきっと喜ぶわ。四海八荒でたった1つ…」

そこに危険運転する馬車が通り、夜華は白浅をかばった。

 

その瞬間白浅は、十里桃林の小屋で、母に看病されたことを思い出していた。

『この7万年私はずっと青丘にいたはず。夢を思い出したの?』

白浅は不思議に思った。

 

白浅は気持ちを切り替え、3人で人間界を楽しんだ。

食事をしに寄った店で、「かわいいい坊ちゃんですね」と店の者が声をかけた。

 

「今はかわいくても大人になるとどうかな」

白浅は軽快に返した。

 

「母上は僕が嫌いになったの?」

やり取りを聞いていた阿離は白浅に言った。

 

「男は顔ではない。腕力のほうが美しい顔より役立つ。ただ息子は母に似るから、阿離は大人になっても醜くはならん」

夜華は言った。

 

「僕の母上はこんなにきれいだからですね」

阿離は笑顔を取り戻した。

 

「安心して。阿離がどんな顔になっても私の大切な息子よ。一番の味方になるわ」

白浅は阿離を抱き寄せた。

 

「好物だろ。もっと食べて。これは嫌いだろうが体にいい。そなたが痩せると心が痛むのだ」

熱燗に飛びついた白浅の器に、夜華は料理を取り分けた。

 

白浅はどきまぎと視線をさまよわせた。

 

「白浅、そう照れてはこれからどうする」

夜華は白浅の手を握り、笑顔で言った。

 

疊風ちょうほうが面会を求めていると、伽昀かいんは夜華を迎えに来た。

夜華は阿離を白浅に託し、天宮に戻った。

 

白浅と阿離は店の者に勧められた雲集茶楼うんしゅうさろうで夜華を待つことにした。

面白い講談をやっているそうだ。

 

夜華が紫宸殿に戻ると、疊風ちょうほうが待っていた。

「東海での宴の帰り、われら神仙の命を狙った輩が」

疊風ちょうほうは夜華に報告した。

 

「そのようなことが?生け捕れたか?」

「いいえ妖術で殺されました。あの輩は妖術で作られた傀儡やも。翼族の者かと思われます」

「翼族?」

 

夜華は考え込んで…?

 

ココナラミーツでハウスクリーニングのプロに依頼する



感想

夜華は白浅がなぜ人間になったのか知りたくて色々質問しているのですが、白浅と迷谷は墨淵上神を捜しているのでは?と警戒しています。

青丘の一大事だと言って鳳九を料理させるために呼び戻そうとする白浅。面白すぎました。

どれだけ料理できないんですか!

市でお惣菜売ったら売れると思います。ビジネスチャンスを感じました。

素錦、めちゃくちゃカッコいいい!!姐さんと呼ばせてください!!

私も「肝心なのはここよ」と言って、自分の頭に触れてみたいものです。

頭トントン素錦

私が言ったら、完全に笑われますが…泣

ただ、素錦そきん姐さん、確かにカッコいいんですが、言ってる内容には涙を誘われました。

「夜華が望まない中洗梧宮せんごきゅうに嫁ぎ」「夜華の唯一の寵妃だと皆に思わせた」

夜華は望んでない。寵妃だと思わせてるだけ…。

そういえば、白浅も阿離は素錦の子だと最初思ってましたね。

姐さん…可哀そうだよ…。

姐さんほどのいい女なら引く手あまただろうから、夜華は諦めて姐さんのことを愛してくれる男の人と幸せになって。姐さんに幸せになってもらいたい(切実)。

青丘から帰った辛奴の報告を受けて、素錦はすごく怒ってました。

そして何やらよからぬことを考えついたようです。

さらに翼族も怪しい動きをしているようです。

これからどうなるのか、心配です!

永遠の桃花~三生三世~ DVD-BOX2 【DVD】

価格:16,434円
(2021/2/9 15:47時点)
感想(0件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました