永遠の桃花~三生三世~第12話 二人の時間

第12話 二人の時間永遠の桃花

永遠の桃花 第12話 登場人物

白浅擎蒼を封印し、仙力と容色を奪われ人間界に落とされた。記憶を失っている。
臙脂翼王・離鏡の妹。
夜華天族の皇太子。人間界で傷を負い、黒蛇になって療養していた所を白浅に助けられた。
連宋天君の第三皇子。
素錦滅んだ素錦族の生き残り。夜華の両親に養女として育てられた。
司命人間の運命を司る神仙。
迷谷白浅の従者。
鳳九白浅の姪。東華帝君に命を救われ、恩返しをしたいと考えている。
白止青丘を治める狐族の長。白浅の父。
白真白浅の兄。
折顔白家と親しい神仙。十里桃林に住んでいる。

永遠の桃花 第12話 あらすじ【ネタバレ無】

白浅はくせんから玉清崑崙扇ぎょくせいこんろんせんを取り上げた男は、集まった人たちに自分が正当な持ち主であると主張し、人々の同意を得始めていた。やり取りを見ていた臙脂えんじは白浅に助け舟を出して…?

抹茶スイーツ・宇治茶専門店【伊藤久右衛門】


永遠の桃花 第12話 あらすじ【ネタバレ有】

白浅はくせんから玉清崑崙扇ぎょくせいこんろんせんを取り上げた男は、集まった人たちに自分が正当な持ち主であると主張し、人々の同意を得始めていた。

「この扇子は私の亡き友の物だった。だから私は娘さんの話を信じるわ」

臙脂えんじは白浅に助け舟を出した。

「ばかばかしい」

男は臙脂えんじに言った。

「では聞くけどその扇子を使いこなせる?」

臙脂えんじは男から仙術で扇子を奪い返した。

「これは風と雨を呼ぶ扇子よ」

臙脂えんじは白浅と一緒に玉清崑崙扇ぎょくせいこんろんせんを持ち、空高く掲げた。

すると空に雷鳴が轟いた。

「元の持ち主は悪を許さない人よ。噓つきの道士が神器を奪ったと知れば、あなたはどこかに捨てられここに二度と戻れない」

男は腰を抜かしている。

「お見それしました。お許しを」

男は逃げ去っていった。

「人前では出さない方がいい。これは神器だからまた面倒が起こるわ」

臙脂えんじは白浅に声をかけた。

白浅は「そうなの」と言って、扇を広げ、自分の鼻を軽く3回叩いた。

それは司音しいんがかつてしていた仕草だ。

「元の持ち主だった友はあなたに似てるわ。友は男だけどあなたは女子なのね」

「私の顔って男みたい?」

臙脂えんじは首を横に振り、似ているだけだと言った。

白浅は去ろうとする臙脂えんじを呼び止め、玉清崑崙扇ぎょくせいこんろんせん臙脂えんじに贈ると申し出た。

さっき助けてもらったお礼だ。

臙脂えんじが遠慮すると、白浅は代わりに安い掛け布団を買ってほしいと言った。

家に帰った白浅は籠から蛇を出したが、蛇はずっと寝ている。

白浅は蛇を抱いて眠った。

天宮では夜華やか連宋れんそうが話し合いをしていた。

長海ちょうかい鮫人こうじん族との戦いを夜華やかに任せたいと連宋れんそうは話している。

鮫人こうじん族の王は擎蒼けいそうの腹心だった男で、離鏡りけいに反感を抱いている。

離怨りえんの母が鮫人こうじん族だったからだ。

二人は長海ちょうかい水君すいくんから天族に戦の援助要請が来たら参戦することで合意した。

次に連宋れんそうは白浅と夜華やかの婚礼の話を始めた。

天君は狐族こぞくを怒らせないよう、すでに婚礼の準備を始めているそうだ。

夜華やか司命しめいに会いに行くと言って席を立った。

「天君から素錦そきんを奪いに行ったのね」

部屋に入ってきた織越しょくえつは嬉しそうに言い、「そんなことを軽々しく言うな」と連宋に叱られた。

連宋が部屋を出ようとすると素錦そきんがやってきて連宋れんそうに挨拶をした。

「そなたは間もなく天妃てんひになる。そのようなお辞儀ももう必要もなくなるな」

連宋は素錦そきんに声をかけた。

「数多くいる天妃てんひの1人になるだけですから。今までと変わりません」

素錦そきんは連宋に言った。

織越しょくえつ素錦そきんの腕をとり、夜華やかはいないと報告した。

「本当に天妃てんひになる気?あなたは功臣の娘だもの。拒めば聞き届けられるわ」

織越しょくえつ素錦そきんに言った。

「私は望んで天妃てんひになるの」

「でも夜華やかさんを好きなんでしょ?」

「その話は二度と口にしないで。いいわね」

素錦そきん織越しょくえつに言い、夜華やかの傷の具合を見に来たがいないので失礼すると連宋に言い去っていった。

「私が好きなのは帝君だけ。他の誰にも嫁がない」

織越しょくえつは去っていく素錦を見送ると呟いた。

「帝君を好きだと?この九天において誰を選ぼうと勝手だが、帝君だけは絶対だめだ」

連宋は織越しょくえつの発言を聞きとがめた。

「なぜ“絶対”までつけるんです?」

「あのお方は真心を尽くしてもなびく相手ではない」

「石でもあるまいし、きっと分かってくれます」

「あのお方は石かもな。天族の史籍にもある。“どこから生まれた神仙か父神ふしんもしらない”とな。本当に石から生まれたのかもしれん」

「嘘ばっかり。怖いんですね。もし私が帝君に嫁げば身分が逆転するから」

織越しょくえつは訳知り顔で連宋れんそうに言い、笑い出した。

「手に負えない。言葉がないよ」と言って連宋は去っていった。

夜華やかは司命に墨淵ぼくえん司音しいんのことを聞いていた。

司命は墨淵ぼくえん司音しいんが同時に姿を消したことを話している。

「当時崑崙虚こんろんきょの弟子たちは必死に行方を探しました。さらにこんな憶測も。“2人の関係は師弟を超えていた。その関係を守るために、戦で死んだと見せかけ手を取り合って去った”と。…それゆえ帝君は、“共に隠棲した”と史籍に書かせたのです。口さがない者たちを黙らせるために」

司命しめいは語った。

夜華やかは、玉清崑崙扇ぎょくせいこんろんせんがなぜ人間界にあるのか司命しめいに質問したが、司命は崑崙虚の弟子たちにも分からないだろうと答えた。

「扇子を持っていたのはどんな人間です?」

「いたって普通の娘だった」

夜華やかは答え、司命と別れると人間界の蛇に戻った。

蛇は8日ぶりに目覚めたため、白浅は喜んでいる。

「この布団を見て。早く見せたかったの」

白浅は赤い布団を見せた。

『派手すぎる』

蛇の夜華やかは答えるが、白浅には聞こえていない。

「ちょっと派手だと思う?でも好きな色なの。私の衣は素朴な色だから気分を変えてみた」

『美女ではないが衣の好みは悪くない。女神仙の派手な装いよりずっといい。扇子がない。私が知らない間に何が?』

白浅は服を脱ぎ、寝支度を始めている。

『待て。衣を脱ぐな。嫁入り前の娘が男の前で何を…』

「優しい娘さんがくれた布団で寝よう。一緒に」

白浅は寝台に横になり、赤い掛け布団を掛けた。

白浅の右側が蛇の夜華やかの場所だ。

白浅は右側を向いて寝ている。

夜華やかは人の形になり、首に回されていた白浅の腕をはずした。

玉清崑崙扇ぎょくせいこんろんせんは威力のある神器だが、人間では使えない。身を守るためにもなくしてよかった」

夜華やかは呟いた。

白浅は再び夜華やかの体に腕を回し、二人は一緒に寝た。

鳳九ほうきゅう太晨宮たいしんきゅうに入るため、白浅の身内であることを証明できるものを狐狸洞こりどうで探していた。

しかし迷谷めいこくには、そんなものはないと言われてしまった。

鳳九は探すのをやめ、恩返しのために青丘を出ると迷谷めいこくに話した。

「みんなには“旅に出た”と言っておいてね。…これは叔母上がくれた大切な竹簡よ」

鳳九は東皇鐘とうこうしょうの封印術が書かれた白浅の書簡を迷谷めいこくに託し、笑顔で駆け出して行った。

狐帝・白止はくし、その妻、折顔せつがん白真はくしんは集まり、白浅はくせんがどこに行ったのか話し合っていた。

迷谷めいこくは鳳九が旅に出たことを伝え、竹簡を折顔せつがんに渡した。

竹簡を見た4人は、白浅が東皇鐘を封印しに行き、行方知らずになったことを知った。

「上仙が擎蒼けいそうに挑むなんて無謀だわ」

白止はくしの妻は目に涙をため取り乱している。

「母上、落ち着いて。白浅は母上の修為しゅういを持っています。何かあったとしても死にはしません」

白真はくしんは母を慰めた。

折顔せつがんと崑崙虚へ行くのを私が止めていれば、こんなことにならなかった。私が悪かったわ」

白止はくしの妻は泣き崩れている。

「我ら九尾狐きゅうびこ族は上古からの神族だ。死ねば天象に現れるはずだが、今のところ何の異変も見られない。白浅が生きていることの証だ」

白止はくしは妻に言い、妻は顔をあげた。

「あれこれ考えるより行方を探しましょう」

折顔の言葉で、4人は顔を見合わせた。

鳳九が太晨宮の門の横でうずくまっていると、女性の神仙に声をかけられた。

鳳九が白浅の姪の鳳九だと名のり、東華とうか帝君に恩返しをするため太晨宮の中に入りたいのだと話すと、女性は協力を申し出た。

女性の名は成玉せいぎょく元君。

二人は場所を変え、鳳九は詳しく今までのことを話した。

「帝君ほどの方なら何でも持ってるし、どうやって恩返しを?」

「もし私がずっと帝君のそばにいれば、いずれ役に立てると思う。その時に恩を返したいの」

「太晨宮に出入りするには、方法は3つしかないわ。1つ 天宮において高い位であること。…2つ 太晨宮に嫁入りする」

成玉は話し始めたが、どちらもすぐには無理だ。

そこで成玉は3つ目の方法として、侍女になるという方法を提案した。

鳳九が新入りの侍女の列に並び、太晨宮に向かっていると、横から司命しめいに腕を引っ張られた。

「帝君に見つかれば放り出されますよ」

侍女になるのだと鳳九が言うと、司命しめいは驚愕した表情で鳳九に言った。

「帝君はそんな方なの?」

「帝君の気難しさを知らない者はいませんよ」

「帝君は面白い方ね」

鳳九は笑っている。

鳳九は司命しめいに成玉に協力してもらったことを話した。

成玉せいぎょく元君を選ぶとはお目が高いですな。…成玉せいぎょく元君は人間界から上がった神仙で、連宋殿下の思い人です」

「天君の3番目の皇子の?“寄らば大樹の陰”か。…行かなくちゃ。また顔を出してね」

鳳九は司命しめいと別れ列に合流した。

侍女の列を見た織越しょくえつは先導する侍女を呼び止めた。

「あれは新入りなの?」

「今日から仕える者たちです」

「帝君の侍女はよく変わる。夜華やかさんのところは天枢てんすう伽昀かいんの男2人だけよ。…侍女を選ぶ者に言って。秩序を乱すので太晨宮に美女は不要よ」

織越しょくえつは侍女に念を押した。

侍女は皆相部屋で寝床がそれぞれに与えられている。

鳳九を見て遠巻きに侍女たちが話し始めた。

「美女が入ってきたのね」

「どうせ帝君に恋して来たいとせがんだ子よ。毎月そんな子が何人下界へ落ちたことか」

噂話を聞いた鳳九は、「ここに居続けるためしっかり働くのよ」と自分に言い聞かせた。

鳳九が東華にお茶を運ぼうとすると、織越しょくえつに呼び止められ、掟に反すると言われてしまった。

「私の故郷にはない掟です」

出身を聞かれた鳳九は、青丘せいきゅうの近くの出身だと答えた。

青丘せいきゅうは野蛮だし掟を知らなくて当然ね」

織越しょくえつは近くにいた侍女を呼び止め、鳳九に掟を教え、東華に近づけないよう言った。

「言うことを聞けと?」

鳳九は織越しょくえつに反発した。

「私は皇女であんたは侍女だもの。残念だけど侍女なら皇女の言うことを聞くのね」

織越しょくえつは言い、鳳九は織越しょくえつを睨んだ。

そんな鳳九を先輩侍女は止めた。

「あの方は皇太子殿下の従妹よ」

『皇太子の従妹?皇太子は叔母上の未来の夫だから、その従妹は私にとって目上になる。“目上を敬え”と父上や叔母上は言うわ。あの子は性格が悪くて尊敬できないけど目上には変わりない。それなら私が従うしかないわね』

鳳九は考えた。

「皇女様の言うとおり本当に無礼な態度ね。…雑用係の侍女が掟を学ぶって?それより洗濯でもして」

先輩侍女は鳳九に言いつけた。

鳳九は仕事の合間に部屋に戻り寝台に寝転がった。

疲れのためか、九尾の尻尾が出ている。

そこに成玉せいぎょくが様子を見に来た。

「どうなの帝君に会えた?」

「帝君に会えないどころか叔母上の未来の夫の従妹に“掟を学べ”と言われた。先輩の侍女にもこき使われた」

鳳九は成玉に愚痴を言った。

織越しょくえつに会ったのね。生意気な小娘でしょ?」

「“小娘”だなんて。私の1つ上の世代よ」

「ということは連宋殿下との過去がある私は織越しょくえつより1世代上で、あなたにとって“おばあちゃん世代”だわ」

成玉せいぎょくは笑っている。

「世代なんてどうでもいいことよ。…神仙は長命だし気にしないで。あなたは姫君よ。身分では織越しょくえつに負けてない」

「“連宋れんそう殿下との過去”って何のこと?」

「何でもない。ちょっとした縁ね」

成玉せいぎょくははぐらかした。

「それでいいの?…狐族こぞくは転生しても同じ相手と添い遂げるのよ」

「でも叔母上は1度破談しこれが2度目の婚約よ」

「叔母上は桑籍殿下に一度も会ってないわ。叔父上も言ってた。“狐族こぞくの恋愛は今まで順調すぎて、そのごうが白浅の身にかかっている”と。こうも言ってたわ。“天は白浅に美貌を与えたのだから、情の道に紆余曲折がないと世に対して不公平だ”ってね」

鳳九は笑顔で語った。

「そう聞くと叔母上の嫁入りが待ち遠しいわ。四海八荒しかいはっこう(四方の海と八方の果て)で最高の美女を見てみたい」

「叔母上はとても美しいの」

鳳九は笑顔で言った…。



感想

鳳九と成玉の出会いの回です。
二人は長く付き合う親友なので、出会いの回は感慨深いです。

臙脂は、最初出てきたときは怖い人かもと思ったのですが、すごく良い子で好きです。
兄たちが綺麗なところしか見ないで大丈夫なように育てたのでしょう。
愛されて育った子ならではの純粋さと素直さを持っているように感じます。

今回、夜華は白浅のことを「美女ではないが~」と言っているので、視聴者の目には白浅は白浅のままお美しく映っていますが、擎蒼の言ったように容色を奪われているみたいです。


連宋殿下と成玉の過去は、この時からにおわされていますが、未だに何があったのか私は知りません。
永遠の桃花はさらさら~っと1回見ただけなので、見落としているのでしょうか?
2度目はじっくり見るので、どんな過去があるのか明かされるのを楽しみに見ようと思います。

蛇の夜華と白浅のやり取りが微笑ましく、可愛いです。
白浅はすっかり夜華に腕を回して寝るのが癖になっているみたいですね!

一方素錦は、夜華のことを好きなのに天君に嫁ぐ様子。
帝君を好きな織越も現れて、波乱な展開が予想されます!?


コメント

タイトルとURLをコピーしました